>その他イタリア車

やっぱりこれはクルマを超えてるな・・・。デ・トマソがP900のエキゾーストシステムを公開、テールパイプだけでもちょっとしたクルマが買えそうだ

やっぱりこれはクルマを超えてるな・・・。デ・トマソがP900のエキゾーストシステムを公開、テールパイプだけでもちょっとしたクルマが買えそうだ

Image:DeTomaso

| デ・トマソはもしかしたら「第二のパガーニ」になりうるのかもしれない |

今の時代、ここまでの芸術性を追求したブランドは稀有な存在である

さて、デ・トマソは2022年に「P72のサーキット走行専用バージョン」としてP900を発表していますが、現在はそのP900について”鋭意開発中”。

そして今回、P900に採用されるエキゾーストマニホールドとテールパイプの画像が公開され、これがあまりに「芸術的」だとして話題となっています。

このデ・トマソP900に積まれるのはドイツのエンジニアリング会社、カプリコーンによって製作された6.2リッターV12エンジンで、許容回転数は12,300rpm(GMA T.50よりも200回転多く回る)、そして出力はなんと900馬力。

デ・トマソが「900馬力、900kg」の限定ハイパーカーP900発表!サーキット走行専用モデルで限定18台、価格は4.2億円。まだ受注枠が数台あるそうだ
デ・トマソが「900馬力、900kg」の限定ハイパーカー、P900を発表!サーキット走行専用モデルで限定18台、価格は4.2億円。まだ受注枠が数台あるそうだ

| デ・トマソP72の持つ優雅さに加え、現代のハイパーカーが持つアグレッシブさをプラス | 現時点でパフォーマンスは未公開、F1に搭載されたV10エンジンも選択可能 さて、すでに「P72」を発表し見事 ...

続きを見る

デ・トマソP900の販売台数はわずか18台、価格は4億5000万円

デ・トマソP900はわずか18台のみしか生産されないという希少車で、その価格は300万ドル(現在の為替レートで約4億5000万円)、そして生産開始は今年の夏を予定していると言われますが、この車両の幸運なオーナーは「デ・トマソ・コンペティツォーネ」と呼ばれるデ・トマソが開催するサーキットプログラム(フェラーリのXXプログラムのようなイメージだと思われる)にてサポートつきでこのクルマを走らせることができる、とアナウンスされています。

そしてここで重要なのは、このデ・トマソP900がサーキット走行専用車であるということであり、つまり道交法などの規制を受けることはなく、よって触媒やサイレンサーが不要であるという事実。

433434924_18124504183341850_3605616267282085824_n

それによって片バンク6気筒、合計12気筒からエキゾーストマニホールドが伸び、「等長」を実現するためにこういった複雑な形状を持つに至ることに。

そしてこれだけでも芸術品のような雰囲気を持っているものの、さらに驚かされるのはこのテールパイプで、演出のために発光させられていると思われますが、、しかしそのおかげで内部の複雑な構造を見て取れます。

432991477_18124504165341850_4117849962471457134_n

参考までにですが、デ・トマソの親会社であるITVが展開しているもうひとつのハイパーカーブランド、「アポロ」からリリースされるインテンサ・エモツィオーネのテールパイプの価格は6万ユーロ(現在の為替レートで約985万円)もコストがかかっているそうで、となるとデ・トマソP900も「そこまで」ではないにせよ、ちょっとしたクルマ1台分のお金がかかっているのかもしれません。

なお、「デ・トマソ」と「アポロ」とではその方向性が大きく異なり、パフォーマンスは近いレベルにあるかもしれず、しかしデ・トマソでは優雅さそして芸術性を強く意識しており、一方のアポロではよりエクストリームさとパフォーマンスを追求しているようにも。

つまり両者は似て非なる存在ということになりますが、今後の追加での情報公開が待たれますね。

新型ポルシェ911(992.2)ついに発表。GTSには超軽量(+50kg)ハイブリッド+新設計の3.6Lエンジン搭載、911シリーズ通じてクーペボディは「2シーター」に
新型ポルシェ911(992.2)ついに発表。GTSには超軽量(+50kg)ハイブリッド+新設計の3.6Lエンジン搭載、911シリーズ通じてクーペボディは「2シーター」に

| 想像していたよりも新型ポルシェ911のパフォーマンス面における進化は大きかった | とくに911初となるハイブリッドシステムには驚かされる さて、ポルシェがフェイスリフト版となる992世代のポルシ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

デ・トマソ復活第一弾、「P72」がついに生産開始。パートナーはAMG創業者のレーシングファクトリー、搭載するのはアメリカンV8
デ・トマソ復活第一弾、「P72」ハイパーカーがついに生産開始。パートナーはAMG創業者のレーシングファクトリー、搭載するのはアメリカンV8

| デ・トマソ創業期に近い、美しくノスタルジーが感じられるデザインを採用 | 価格含めデ・トマソP72の「最終」スペック発表が待たれる さて、デ・トマソ(De Tomaso)がついに復活第一弾「P72 ...

続きを見る

【動画】スーパーカーなのにエレガント!新生デ・トマソ「P72」最新プロトタイプがイベントに登場。クラシカルな外装にレトロインスパイアな内装がカッコいい
【動画】スーパーカーなのにエレガント!新生デ・トマソ「P72」最新プロトタイプがイベントに登場。クラシカルな外装にレトロインスパイアな内装がカッコいい

| 現時点での販売状況はわからないが、大きな話題となるのは間違いない | 新規に製造工場を建設することを考慮すると、今後も「第ニ、第三の」デ・トマソが登場しそうだ さて、イタリアはコモ湖にて開催された ...

続きを見る

これは鼓膜が破れそうだ・・・。ラ・フェラーリのエンジンを積むハイパーカー「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」がイベントに登場【動画】
これは鼓膜が破れそうだ・・・。ラ・フェラーリのエンジンを積むハイパーカー「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」がイベントに登場しサウンドを披露【動画】

| アポロ・インテンサ・エモツィオーネは10台限定、1台3億円くらいだと言われている | ただし実際に10台が納車されたかどうかはわからない さて、おそらくは地球上でもっとも凶暴なクルマ、アポロ・イン ...

続きを見る

参照:De Tomaso Automobili

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イタリア車
-, , , , ,