ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マセラティ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

フルモデルチェンジ版 マセラティ・グラントゥーリズモ「フォルゴーレ」がニュルを走る!たとえ電動モデルであっても走りには妥協しないようだ

投稿日:2022/08/03 更新日:

フルモデルチェンジ版 マセラティ・グラントゥーリズモ「フォルゴーレ」がニュルを走る!たとえ電動モデルであっても走りには妥協しないようだ

| デザイン的には従来型グラントゥーリズモに比較してずいぶんすっきりするようだ |

シルエットはよく似ていても、新型グラントゥーリスモはずいぶん(従来型と)変わって見えるのかもしれない

さて、マセラティは現在急速にエレクトリック化を進めており、MC20とグレカーレ以降に登場する新型車につき、「ガソリンエンジン搭載モデルとピュアエレクトリックモデルとの両方」を投入する計画を打ち出しています。

実際のところ、グレカーレについてはガソリエンジンモデルに加えてEV版の「フォルゴーレ」が同時に発表されており、MC20についてもいずれ電動モデル(フォルゴーレ)が追加されることもアナウンスされている、という状況。

そして今回はグラントゥーリズモ「フォルゴーレ」

そして今回動画に捉えられているのがフルモデルチェンジ版グラントゥーリズモ「フォルゴーレ」で、これは世界初のプレミアム・エレクトリック・スポーツカーとなる見込み(たしかにハイパーカーを除くとエレクトリックスポーツは存在しない)。

2022-08-02 19.50.22

動画を見ると、その姿は非常にクリーンそしてなめらかといった印象ですが、これはMC20にはじまるデザイン改革の流れを受け継ぐもので、縦長ヘッドライトなどはたしかにMC20風でもありますね(マセラティ自身も、MC20のデザインはその後のモデルに反映されると明言している)。

2022-08-02 19.50.57

その反面、従来型グラントゥーリズモが持つ「エグいまでのセクシーさ」が失われてしまっているように思われますが、もしかするとマセラティはデザインを変更することで客層を入れ替えたいのかもしれません。

2022-08-02 19.51.13

なお、グレカーレを見る限りだと、ガソリン版とフォルゴーレとの(外観上の)差異はさほど大きくなく、フロントバンパーとリアバンパー、そしてテールパイプの有無といった差異があるくらい(あとはエンブレム)。

そう考えると、ガソリン版のグラントゥーリズモも今回目撃されたフォルゴーレと大きく差はないものと思われます。

マセラティが新型SUV「グレカーレ」発表!スマートでクリーンなデザインを採用し「グリルは過剰にならない程度の主張を目指した」。高性能版「トロフェオ」、EV版「フォルゴーレ」も
マセラティが新型SUV「グレカーレ」発表!スマートでクリーンなデザインを採用し「グリルは過剰にならない程度の主張を目指した」。高性能版「トロフェオ」、EV版「フォルゴーレ」も

| 内外装の質感は大きく向上したが、一方でマセラティらしい重厚さや荒々しさが影を潜めたようにも |この記事のもくじ| 内外装の質感は大きく向上したが、一方でマセラティらしい重厚さや荒々しさが影を潜めた ...

続きを見る

マセラティは電動モデルであっても「走り」を追求?

そして今回このグラントゥーリズモ「フォルゴーレ」が目撃されたのはニュルブルクリンクであり、つまりマセラティは電動モデルと言えどもガソリン車同様の走りを追求しているということになるのかも。

さらにはフルバケットシートを装備してかなり本気でもあり、ここははかの自動車メーカーのEV開発姿勢とは大きくことなるところですね。

2022-08-02 19.51.35

現時点ではこのグラントゥーリズモ・フォルゴーレについてわかっていることは多くはなく、ウワサレベルだとガソリン版ともども新設計のプラットフォームへと移行し、3つのエレクトリックモーターを積んで最大で1200馬力を発生すると言われます。

エレクトリックモーターはおそらくフロントに一つ、リアに二つという構成になるものと思われ、つまり4WDということになりますが、0−100km/加速は3秒以下、最高速は306km/h(おそらくはリミッターの介入を行わないようだが、EVでリミッター制御を行わない例は珍しい。これを行わないと一気にバッテリーが消耗してしまう)、バッテリーパックは800Vだというウワサ。

そして気になるのは価格ではありますが、当然ながら安くはないはずで、「台数を狙った」モデルではないのかもしれませんね。

マセラティ・グラントゥーリズモ「フォルゴーレ」がニュルを走行する動画はこちら

合わせて読みたい、マセラティ関連投稿

マセラティがフルモデルチェンジ版 新型グラントゥーリズモの画像を追加公開!ここまで来たらもう全公開と同じレベル
マセラティがフルモデルチェンジ版 新型グラントゥーリズモの画像を追加公開!ここまで来たらもう全公開と同じレベル

| なんといってもエレクトリックモデル「フォルゴーレ」に期待がかかる |この記事のもくじ| なんといってもエレクトリックモデル「フォルゴーレ」に期待がかかる |マセラティは2025年までに全モデルに「 ...

続きを見る

マセラティが新型グラントゥーリズモのピュアEV版「フォルゴーレ」の最新ティーザー画像を公開!クリーンでスリムなデザインを採用するもよう
マセラティが新型グラントゥーリズモのピュアEV版「フォルゴーレ」の最新ティーザー画像を公開!クリーンでスリムなデザインを採用するもよう

| マセラティらしさを残しつつ、MC20のデザインを取り入れて新世代への移行をアピール |この記事のもくじ| マセラティらしさを残しつつ、MC20のデザインを取り入れて新世代への移行をアピール |ガソ ...

続きを見る

マセラティがクラシックモデルの認証とレストアを開始、第一号の「ミストラル3700」の認証が完了。ちなみにマセラティの車名が風に由来するようになったのはミストラルから
マセラティがクラシックモデルの認証とレストアを開始、第一号の「ミストラル3700」の認証が完了。ちなみにマセラティの車名が風に由来するようになったのはミストラルから

| マセラティはモータースポーツにおいて華々しい歴史を誇っている |この記事のもくじ| マセラティはモータースポーツにおいて華々しい歴史を誇っている |昨年より再ブランディング開始、そしてあの日の輝き ...

続きを見る

参照:CarSpyMedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マセラティ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5