ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

なかなか格好いいな!トヨタが「クロスオーバー」に変身した最新世代のアイゴ「X」を発表。エントリーモデルながらもデザイン・装備は上位モデルに負けてない

投稿日:

なかなか格好いいな!トヨタが「クロスオーバー」に変身した最新世代のアイゴ「X」を発表。エントリーモデルながらもデザイン・装備は上位モデルに負けてない

| ボクはこのアイゴXのような個性的なクルマが大好きだ |

生産地、そしてヤリスとの競合を考えると、日本への導入はんさそうだ

さて、トヨタが欧州で展開する小型車「アイゴ」の最新世代、「アイゴX(Aygo X)」を発表。

これまでのアイゴはプジョー・シトロエンとの共同開発となっていますが、新型アイゴは「トヨタオンリー」での開発となっています。

その理由としてはプジョー・シトロエンがこのセグメントから撤退したためですが、おかげでトヨタとしては「ライバルが減った」ということに。

そして今回のアイゴXは「アイゴ プロローグ・コンセプト」にて示唆した通りのクロスオーバーへと変身を遂げていますが、このルックスは「なかなか」なんじゃないかと思います。

3

サイズは先代アイゴに比較して「拡大」

そしてアイゴXの全長は3,700mmで従来のモデルより235mm長くなっており、そのうち90mmはホイールベースの伸長に充てられ、後部座席の足元スペースが広くなっています。

なお、後部座席の居住性が向上したとしても、アイゴXはポップアップ式のリアウィンドウを採用しているため(おそらくはコスト削減が理由)、後部座席の人は窓を昇降することができないようですね。

1

全幅は125mm広い1,740mm、全高は65mm高い1,525mmとなり、欧州でのライバルとなる順大i10、キア・ピカント、フィアット・パンダ等と同じサイズへと成長しています。

これを受けて荷室容量は60リットル以上増え、トノカバーの高さにまで積むとと231リットル、ルーフまでギリギリ積むと269リットルの積載容量を誇り、リアシートを倒せば、ルーフまでの最大容量は829リットルにまで膨らむことに。

31

トヨタは(アクティブなイメージを演出するためか)18インチホイールを装着しており、マットブラックにオレンジ(マンダリーナ)のアクセントを用いるなどコンパクトカーらしからぬ表情を与えていますが、なんといっても魅力的なのはこのツートンカラー。

ぼくはこういったツートンカラーが大好きですが、日本だといまひとつ人気が出ないようでもありますね(ハスラーの前後2トーンカラーもほとんど走っているのを見たことがない)、

使用されるプラットフォームはGA-Bで、車体サイズが大きくなったといえど、3代目モデルに引き続き、開閉式のファブリックルーフを採用してオープンエアを楽しめるように配慮しており、最小回転半径もわずか4.7メートルに抑えられるなど、これまでの美点はしっかりひきついでいるもよう。

4

アイゴXは、新たに変身を遂げた「クロスオーバー」としての特徴を強調するため、ホイールアーチにがっしりとした黒いプラスチックのモールディングを採用し(新型スバルWRXでも採用されており、ひとつの流行だとも言える)、現行モデルよりも11mm最低地上高が高くなっている、とのこと(シート高も55ミリ高くなり、見晴らしが良くなっている)。

エンジンラインナップは1種類のみで自然吸気の1.0リッター3気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力72ps(53kW)/6,000rpm、最大トルク93Nm/4,400rpmを発生して、5速マニュアルもしくは無段変速機との組み合わせ。

7

マニュアルトランスミッションでは、停止状態から100km/hに到達するのに15.6秒、CVTではコンマ1秒短縮されて14.6秒。

最高速度はマニュアル車で98mph(158km/h)、CVT搭載車では94mph(151km/h)とやや低めですが、その用途を考えると問題はないのかもしれません。

装備によっても異なりますが、アイゴXの車両重量は940〜1,015kgだとされ、軽量性と相まって燃費は4.7L/100km、CO2排出量は107g/kmと、非常に優れた数値を示しています。

6

インテリア(現在まだ画像が公開されていない)はエクステリアと同様にシック、しかし鮮やかな色のアクセントや、9インチのタッチスクリーンを備えた個性的なデザインだとされ、トヨタのエントリーモデルながらもアンビエントライティングやワイヤレス充電、フルLEDヘッドライト、さらにはオーバーザエアアップデート(無線アップデート=OTA)にも対応。

さらにはアダプティブ・クルーズ・コントロール、夜間歩行者検知機能、レーン・トレース・アシスト、(日中のみ)自転車検知機能など、安全技術も充実していると紹介されています。

トヨタは、かつてプジョーとシトロエンの間で運営していた合弁会社が保有していたチェコの工場を譲り受けており、この工場ではヤリスを生産している他、今回のアイゴXを生産することになり、販売開始は2022年を予定しているそうですが、日本への導入は「見込み薄」かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5