ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

トヨタMR2復活?トヨタの新EV計画にてデザイナーが「クルマ好きの豊田章男社長に見て欲しい」と語るSPORTS EVが公式に公開される

投稿日:

トヨタMR2復活?トヨタの新EV計画にてデザイナーが「クルマ好きの豊田章男社長に見て欲しい」と語るSPORTS EVが公式に公開される

| フロントには「GR」バッジが装着され、おそらくはGRブランドからの発売となりそうだ |

おそらくは軽量コンパクト、高い運動性能を誇ることになりそうだ

さて、トヨタはつい昨日「バッテリーEVに関する新戦略」を発表していますが、その中で登場したコンセプトカーの数の多さ、そしてその布陣にはちょっとびっくり。

簡単に言うとその多くがスポーツ志向でありミニバンやSUVが意外と少なかったということですが、「トヨタ」ブランドにて気になったのはこの「SPORTS EV」。

現時点でその詳細は明らかにされておらず、しかしオープン、そしてその車体のバランスからしてミドシップスポーツをイメージしていることは明らかだと思われます。

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザーの後継っぽいモデルも公開
【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザー、MR2後継っぽいモデルも公開

| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |この記事のもくじ| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |豊田章男社長らしくEV世代となっても「ス ...

続きを見る

プラットフォームはe-TNGAで間違いないだろう

そしてこのSPORTS EVに採用されるプラットフォームはまずe-TNGAだと思われ、これはモーターをフロントもしくはリアに搭載し、バッテリー搭載位置の調整も可能というフレキシブルなもの。

4

おそらくSPOTS EVではモーターをリアアクスルに、そしてバッテリーをその前とシートとの間へと(ロータスの新型EVや、ポルシェ・ミッションRのように)チェスト式に積み上げることになるものと思われます。※下の画像はロータスのEV用”ミドシップ”プラットフォーム

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ
なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクトリックスポーツ”ではずっと先を行きそうだ |この記事のもくじ| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクト ...

続きを見る

MR2復活はトヨタ積年の夢

なお、トヨタはかねてよりMR2の復活について触れており、「MR2を復活させることでスープラ、86とあわせてスポーツカーの3本柱にしたい」とも。

これまでにも何度かMR2復活の噂が出てきたものの、いまさらガソリンエンジンにて復活させたところで販売期間が短くなり開発コストを吸収できず、しかしPHEVだと車体が重すぎるということで「EVへの復活」へとシフトしたのかもしれません。

2021-12-15 7.46.08

そしてEVでの開発であれば、これまでトヨタが「共同開発を行いたい」としていたポルシェと「ほぼ同じスタートに立つことができ」、ガソリン車のようにノウハウの供与を受けるメリットが薄くなり、むしろ自社開発によって優位に立てる可能性も(さらに、e-TNGAプラットフォームを使用すれば、他社との共同開発にてコストを按分するよりも低コストで自社専用ミドシップスポーツを開発できるかもしれない)。

現時点ではこのSPORTS EVについてボディサイズやスペックについては全くわかっておらず、もちろん搭載されるモーターのスペックも謎のまま。

ただし考えられるのは「リヤに1モーター、もしくはフロントにもモーターを追加して2モーター」という構成で、バッテリーは車体ミッド、そして2シーターという構成になりそうです。

2021-12-15 7.46.15

そしてこれまでのMR2の性質、さらにはトヨタの方向性からすると「より多くの人に選ばれるクルマでありたい」と考えるはずで、となると「超」ハイパワー、「超」ハイスペック、そして「手が届かないような」高価格にはならず、フレンドリーな価格になるんじゃないか、とも予測しています。

なお、トヨタのデザイン統括部長 サイモン・ハンフリーズ氏によれば、このSPORTS EVをして「豊田章男社長のようなクルマ好きに見て欲しい」とのことであり、マスタードライバーである豊田章男氏納得のスペックが与えられることになるのかもしれませんね。

20211214_BEV_39_s

デザイン的には既存のトヨタ車はもちろんMR2やMR-Sとの類似性もなく、車体の割に長いホイールベース、極端に短い前後オーバーハング、何よりも低い車高とバブル形状のキャビンを持ち、典型的なスポーツカーといった印象を受けます。

トヨタが以前にパテントを出願し、1台のみを製造したミドシップスポーツコンセプトとは異なり(下の画像)、スポーツEVコンセプトでは「スポーツカーらしい」アグレッシブさが見られるのがいいですね。

トヨタが新型MR2と思われるミドシップスポーツを日本で意匠登録!これが今年発表されると思われる「スポーツカー3本目の柱」?

できればもうちょっとウェッジシェイプを再現してほしかった トヨタが日本の特許庁にて、新型ミドシップスポーツと思われる意匠(意匠登録第1628728号)を登録。「意匠」は外形だけの権利なのでスペックなど ...

続きを見る

トヨタによる「バッテリーEV戦略に関する説明会」動画はこちら

合わせて読みたい、トヨタMR2関連投稿

新型トヨタMR2の予想レンダリング
【動画】新型トヨタMR2が発売されたらこうなる?デザイナーがGRスープラのテイストを取り入れた予想CGを作成

| 新型MR2は過去にもなんどか実際に発売の話が出ている |この記事のもくじ| 新型MR2は過去にもなんどか実際に発売の話が出ている |海外市場だとMR-S=MR2実際に「新型MR2」を作成してみた新 ...

続きを見る

トヨタMR2復活が遠のく!トヨタ「新型MR2は最優先事項ではない」。新型86、GRブランド確立にまずは注力か

| 加えてGRスープラの販売台数が思ったより伸びないことも一因か |この記事のもくじ| 加えてGRスープラの販売台数が思ったより伸びないことも一因か |トヨタは新型86を優先?新型MR2の話は何度か出 ...

続きを見る

トヨタMR2復活のウワサ再燃!PHEVで400馬力、600万円、そして2004年のコンセプト「アレッサンドロボルタ」風。実現可能性をボクなりに考えてみた
トヨタMR2復活のウワサ再燃!PHEVで400馬力、600万円、そして2004年のコンセプト「アレッサンドロボルタ」風。実現可能性をボクなりに考えてみた

| トヨタがMR2を復活させるという話は数年前から出ているが |この記事のもくじ| トヨタがMR2を復活させるという話は数年前から出ているが |スープラの販売が芳しくない状況、電動化が求められる状況で ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5