ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本、ゲームについて

ワイルド・スピードに登場したスープラが6000万円で落札!映画製作当初は「三菱GTO」をベースに脚本が書かれていたものの、急遽スープラが採用されたワケとは?

投稿日:

ワイルド・スピードに登場したスープラが6000万円で落札!映画製作当初は「三菱GTO」をベースに脚本が書かれていたものの、急遽スープラが採用されたワケとは?

| 「ブライアンのクルマ」としては、トヨタ・スープラのほか、三菱GTOはじめ日産フェアレディZ」、トヨタMR2という候補もあった |

ただしMR2はポール・ウォーカの身長を収めることができず、最初に脱落

さて、先日お伝えした、映画「ワイルド・スピード」の撮影に使用され、実際にポール・ウォーカーがドライブしたというトヨタ・スープラ。

今回、オークションハウスであるバレット・ジャクソンが開催した競売、「Las Vegas 2021」にてなんと約55万ドルにて落札されることになり、これは日本円に換算すると「約6000万円」という高額プライスです。

もちろん、「80スープラ史上」最高額だといい、この記録は当面破られることはないかもしれませんね。

世界で最も有名な「あのスープラ」!ワイルド・スピードの撮影に使用され、実際にポール・ウォーカーが乗った個体が競売に登場
世界で最も有名な「あのスープラ」!ワイルド・スピードの撮影に使用され、実際にポール・ウォーカーが乗った個体が競売に登場

| ワイルド・スピード撮影後、いったんワイルド・スピードX2撮影のためにゴールドに塗られるも、当時のスタッフによって正式にレストアされる |この記事のもくじ| ワイルド・スピード撮影後、いったんワイル ...

続きを見る

「ワイルド・スピード」2作品に登場

なお、このスープラは「ワイルド・スピード」(2001年)と「ワイルド・スピード X2」(2003年)の二作品に登場しており、ポール・ウォーカー自身が実際に運転したこと、公式な認定書も付いていることから、オークション開始前より「どこまで価格が上がるのか」と注目されることに。

世界で最も有名な「あのスープラ」!ワイルド・スピードの撮影に使用され、実際にポール・ウォーカーが乗った個体が競売に登場

この80スープラは映画撮影のために製作された8台のうち一台で、エンジンは3リッターツインターボ(2JZ-GTE)を搭載。

6the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-engine

劇中にてその威力を見せつけたNOS(ナイトラス・オキサイド・システム)とリアトランク内のオーディオシステムこそ搭載されていないものの、かなり細部まで作り込まれたウチの一台だといいます。

3the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-rear-three-quarters

実際のところ、トランスミッションは4速ATにもかかわらず、撮影時には「6速マニュアル」に見えるように偽装されるなど、カメラ写りを意識した仕上がりを持っています。

そのほか、インテリアだと3本スポークのレーシングステアリングホイール、バケットシートやドアインナーパネルのブルースウェード、助手席やAピラーの追加メーターなど、劇中の仕様が「そのまんま」再現されています(ただし、センターコンソール上のオートメーター製タコメーターが取り外されているようだ)。

7

なお、ワイルド・スピード X2登場時には、別のオーナーの乗るクルマという設定だったので「ゴールド」へとペイントされていましたが、その後はワイルド・スピードシリーズにて車両製作を手掛けるエディ・ポール氏のショップへと輸送され、もともとのこの仕様へと戻されることに。

2the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-three-quarters-low-angle

外観を見て見ると、ランボルギーニ・ディアブロの純正ボディカラー(オレンジパール)が目を引きますが、トロイ・リー・デザインによる「ニュークリア・グラディエーター」もこのスープラの大きな特徴。

エアロパーツとしてはボメックス(BOMEX)製のフロントスポイラーとサイドステップ、そしてリアスカート、TRDスタイルのボンネット、リアにはAPR製デュアルプレーンリアウイングを装着し、ホイールはDazzモータースポーツ・レーシングハートM5(19インチ)が装着されています。

5the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-rear-wing

なお、2015年には自然吸気エンジンとダミーのNOSシステムを積んだ(やはり撮影に使用された)スープラが約2000万円で落札されていますが、今回はその「3倍」。

その理由は「ターボエンジン」だけではなく、スープラそのものの高騰、そして年々人気を増すワイルド・スピードシリーズの影響があると言えそうです。

4the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-hatch-open

そもそも、なぜワイルド・スピードには「スープラ」が採用されたのか?

「ワイルド・スピード」シリーズの多くの作品にてカーコーディネーターとテクニカルアドバイザーを務めてきたクレイグ・リーバーマン氏によれば、「最終的には、制作側のキャストが、三菱GTOとトヨタ・スープラとを比べ、スープラを気に入ったから」。

そしてそこに至るまでにも紆余曲折があり、まず最初の条件として、「ワイルド・スピードに使用されるクルマは、それぞれの登場人物のキャラクターに合ったものでなくてはならなかった」ということ。

そして次に重要であったのは「200万ドルの予算に収める必要があった」ということ(ワイルド・スピードは当初、”低予算映画”だった)。

加えて「当時アメリカで販売されているクルマ」「アメリカのチューニングシーンを反映できるクルマである」という制約があったといいます。

1994-Toyota-Supra-8

つまり「ロシアの車」「オーストラリアの車」といった、アメリカにはほとんど輸入されていなかったクルマ、ポピュラーではないクルマはNGということになり、一部のスーパーカーのように「新車でアメリカに輸入されなかった」クルマもアウト。

そうなると必然的に日産フェアレディZ(Z32)やトヨタ・スープラ(80)、三菱GTO、トヨタMR2といった選択肢となり、実際に同氏が制作側に提案したのもこれらのクルマ。

なお、脚本を書いている初期段階だと三菱GTOが「ブライアンのクルマ」として登場したそうですが、その後GTOはスープラへと置き換えられることに。

この理由としては、ルーフをふっとばすシーンが脚本上必要であったと言われ、これができるのが「フェアレディZ、スープラ、GTO」の3車で、しかしフェアレディZは「Tバー」だったので候補から外れ、GTOについては(北米で設定された)電動リトラクタブルハードトップがあったものの、実際に撮影の際にキャストに見せたところ「GTOを気に入らず、スープラが選ばれた」のだそう。

ちなみにMR2が選ばれなかったのは、ポール・ウォーカーの身長が高く(188センチ)、車体に収めるのが困難であったためだとされています。

2021-06-21 17.13.51

ロット名「1994 TOYOTA SUPRA- "FAST&FURIOUS" MOVIE CAR」出品〜落札風景はこちら

合わせて読みたい、「ブライアンのスープラ」関連投稿

ワイルド・スピードではなぜスープラが使用されたのか
【動画】ワイルド・スピードではなぜ「スープラ」が採用されたのか?三菱GTOでもトヨタMR2でも日産フェアレディZでもなかった理由、そしてその他に"ボツ"となった大量のクルマについて関係者が語る

| スープラは「人力でルーフをふっとばすシーン」を再現できたのが大きな理由 |この記事のもくじ| スープラは「人力でルーフをふっとばすシーン」を再現できたのが大きな理由 |ワイルド・スピードに「登場す ...

続きを見る

【動画】ワイルド・スピードに登場したクルマのコレクターがその内容を公開!やはりブライアンのスープラは他の車とは一線を画すカスタムが施されている!

| R34 スカイラインGT-R、ホンダS2000、RX-7、ダッジ・チャージャーなど盛りだくさん。普段見ることのできない車内まで | 映画「ワイルド・スピード」シリーズに登場したクルマたちをコレクシ ...

続きを見る

ワイルド・スピードにてポール・ウォーカーがドライブしたスープラの”レプリカ”販売中。「公式」ではないためか400万円とあまりに割安

| 公式でなくともその出来栄えは”本物同様” |この記事のもくじ| 公式でなくともその出来栄えは”本物同様” |その外観は劇中車と同じ仕様にブライアン仕様スープラのインテリアはこうなっているこんな記事 ...

続きを見る

参照:Barrett-Jackson

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5