ad-728





>ウラカンの仕様/インプレッション/近況

今日のランボルギーニ・ウラカン。ガラ空きの駐車場にて、なぜか自分のウラカンの周囲にだけ車が集まる

2017/07/10


lamborghini huracan

ぼくは自分の車の横に他の車が停まるのを嫌うので(ひとつはウラカンからの乗り降りにはかなりのスペースが必要であること、もうひとつは横の車からのドアパンチが理由)、出先においてはできるだけ他の車が停まっていないところへ駐車するようにしています。
混雑するような駐車場だとそれも適いませんが、空いている駐車場だと「施設の入口から一番遠いところ」など、他の人がもっとも駐車しないであろうところにウラカンを駐車するのですね。

そんなわけで先日もショッピングセンター(駐車場が空いていることが予めわかっており、安心して駐車できることは確認済み)の駐車場にて、入り口から最も遠い駐車スペースへポツンとウラカンを停めたのですが、戻ってくるとなぜかぼくのウラカンの横と後ろのに別の車が駐車。

駐車スペースはまわりにいくらでもありますし、ぼくの周囲から横には30台以上も空きスペースがある(要は駐車場がガラ空き)にもかかわらず、ぼくの車の周囲にだけ車が停まっている、ということになります。

こういったケースははじめてではなく、今までに何度も経験していますが、なんとなく気持ちは理解できるようには思います(たぶん撮影されてインスタグラムに投稿されているのだと考えられる)。
大体においてこういった感じで横に並ぶことが多いのは国産スポーツカー(ランエボやシルビアなど。意外とZやGT-Rは並ばない)、軽自動車、ミニバンに限られるようで、セダンやSUVが横に並ぶのは稀。

自分が乗り降りでき、傷さえ付けられなければそれでOKなのですが、軽自動車やミニバンの場合は「ファミリー」で乗っている場合があり、子供が不用意にドアを開けたりしてウラカンにそれが当たるのはかなり心配。
ドアが当たらなかったりしたとしても、そこから降りて自分たちの車とウラカンとの間を通るときにショルダーバッグやリュックが当たる可能性もありますし(別の車で何度かそういった傷や凹みがついたことがある)、子供がウラカンに触ったり座ったりするのもやはり心配。

lamborghini huracan door

ぼくが心配性なこともあるものの、やはりこういった懸念を避けるには「ファミリー層が来るであろう」場所へウラカンに乗ってゆかないのが一番であり、ここは「自衛」するしかなさそうですね。

何度か記載していますが、ウラカンに乗っていて一番困るのは「安心して駐車できる場所」を確保しづらいことであり、とくに「はじめて行く場所」には乗って行けない、ということ。
そのために行動範囲が限定されてしまうことになり、時折「どこか目的地がなくとも、ただ単にウラカンに乗るためだけに」ウラカンをガレージから出すことも多くなっています。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-, , ,