ad-728





>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスのコンフィギュレーター公開。さっそく「自分仕様」を作ってみた


ウルスのコンフィギュレーターはなかなかよくできている

ランボルギーニがウルスのカーコンフィギュレーターを公開。
日本も対象地域に入っているものの、現在のところ言語は英語版のみ。
(これまでの)ランボルギーニのコンフィギュレーターは非常に簡素だったのが特徴ですが、今回公開されたウルスのコンフィギュレーターはなかなかに手の込んだもので、それだけウルスにかける意気込みを感じることができます(フェラーリほどではありませんが)。

ボディカラーは13色

現在ウルスで選択可能なボディカラーは13(ソリッドは3つ)色で、下の通り。
幾つか新色だと思われるカラーがあり、イメージカラーの「イエロー」はソリッドとなっています。
ウラカンに設定されるパールオレンジ、パールグリーンは今のところ設定がないようですね(もちろんアドペルソナムでは選択可能)。

Nero Noctis(ソリッドブラック)

urus21

BIANCO MONOCERUS(ソリッドホワイト)

urus20

NERO HELENE(メタリックブラック)

urus25

Marrone Alcestis(メタリックブラウン)

urus24

BLU ASTRAEUS(ダークブルー)

urus34

Bianco Icarus(メタリックホワイト)

urus26

GRIGIO LYNX(ダークグレーメタリック)

urus27

VERDE HEBE(濃いメタリックグリーン)

urus33

Grigio Nimbus(シルバー)

urus31

BLU ELEOS(明るいブルー)

urus32

Rosso Mars(メタリックレッド)

urus30

Rosso Anteros(ちょっとオレンジっぽいメタリックレッド?)

urus29

GIALLO AUGE(ソリッドイエロー)。

urus22

ホイールやブレーキキャリパーも選択肢が豊富

ホイールは21~22インチまで三種類(プレスリリースでは23インチもある、と記載が)。
それぞれに選べるカラーが異なり、ここはかなり難しい選択を迫られます(たとえばシャイニーブラックを選べるのはALCIONE 21"のみ)。

urus8

ブレーキキャリパーのカラーは6色をラインアップ。

urus7

そして「スタイル・パッケージ」も。
グリルやフェンダーについている樹脂パーツをシャイニーブラックにしたり、ボディカラー同色にできるもの。
マフラーエンドをブラックにペイントすることも可能。

urus5



内装のテーマは5つ

内装のテーマは5つあり、まずはテーマを選択し、その後に各テーマに用意されるカラーを選ぶことに。
それぞれにステッチカラー、シート座面やバックレストの刺繍、ヘッドレストのランボルギーニ・エンブレム(クレスト)なども選択可能となっています(一部制限がある)。

まずはUNICOLOR LEATHER(レザー単色)。
選べるのはブラックのみ。

urus18

SPORTIVO LEATHER(ツートーンレザーでスポーティーなもの)。

urus17

ELEGANTE LEATHER(単色でレザーのカラーを選択できるもの。ベースカラーはブラックとグレーがある)。

urus15

UNICOLOR ALCANTARA(単色のアルカンターラ。ブラックとグレーを選べる)。

urus14

SPORTIVO ALCANTARA(ツートンアルカンターラ。ベースはブラックのみ)。

urus13

ステアリングホイールの素材やカラーも選べる

ステアリングホイールについてはスエード、パーフォレイテッド(穴あき)、コントラストカラー(シート同色?)が選択可能。
この場合、シート色には「BIANCO POLAR」を選んでおり、ステアリングホイールにコントラストカラーを選ぶとこんな感じに。

urus12

その他シートベルト、フル電動シート(マッサージ機能などがある)もありますが、まずは内装について、この組み合わせで決定。

urus11

その他にも数多くのオプションが存在

これまでランボルギーニになかった「ヘッドアップディスプレイ」「ナイトビジョン」他ドライバーズアシストも。
発表時には「標準」だと言われたハンズフリーテールゲートはオプション扱いに(実際のところは不明)。
他にはパノラミックサンルーフ、ブラックルーフレールなど相当に細かいオプションがあり、ここでは到底紹介できないほどの量があります。

urus10

結果的に選んだのはこの仕様

urus1

ボディカラーはGiallo Auge、ホイールはNATH 22"(チタニウムマット)、ブレーキキャリパーはイエロー、パノラミックサンルーフ無し、スタイルパッケージにて各部シャイニーブラック、内装はELEGANTE LEATHER(Bianco Polar)。
他候補として、インテリアカラーはRosso Rea(ダークレッドでもいいかと思いますが、ボディカラーはイエロー一択だと考えています。

全体的に「選べる部分」があまりに多く、そしてオプションの種類もあまりに多い、これまでにないランボルギーニだと言えますね。

オプションの細かい価格はオンラインコンフィギュレーター上では確認できず、ここはランボルギーニ正規ディーラーにて確認する必要がありそうです(発注用の、もっと詳細まで見ることが出来るコンフィギュレーターがあると思われる)。

urus2

->ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , , ,