ad-728





>マクラーレン(McLaren)

”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表

| ”マクラーレンオレンジ”のマクラーレン600LTが公開 |

マクラーレンが先日発表した「マクラーレン600LT」の別ボディカラー(オレンジ)の画像、そして価格を公表。
価格についてはイギリス国内において185,500ポンドとなっており、これは日本円に換算すると2750万円。
日本での価格設定はこれより多少高くなるとは思われるものの(マクラーレンの日本での値付けはかなり良心的)、この価格はランボルギーニ・ウラカン(610馬力)の2970万円、フェラーリ488GTB(670馬力)の3070万円と比較して相当に競争力のある数字。

馬力こそはこれらより劣りますが、そのパフォーマンスや「カーボンだらけ(オフィシャルフォトの600LTには相当オプションが装着されている可能性もある)」の外装、なによりカーボンモノコックシャシー「カーボンモノセル2」はかなり魅力的。

なぜオレンジ?

なお、今回公開されたボディカラーは「マクラーレンオレンジ」。
マクラーレンの企業カラーは実はオレンジで、これは「かつて、その創業者であるブルース・マクラーレンが、自身のレーシングカーに好んでオレンジを用いていた」ことが理由。
ブルース・マクラーレンの出身はニュージランド(ナショナルカラーはブラックとシルバー)で、活動拠点はイギリス(ナショナルレーシングカラーはブリティッシュレーシンググリーンとホワイト)ですが、このいずれともオレンジは関係はなく、その由来はちょっとナゾ。

mclaren-600lt-mclaren-orange (12)

オレンジは「ニュージランドを象徴するカラー」としてブルース・マクラーレンのレーシングカー用いられたとも言われますが、それとは関係なく「レースで目立ってスポンサーを獲得したかったから」とも言われ(後にホワイトがブランドカラーである化粧品会社がスポンサーになった後、マシンがホワイトになったことも)、マクラーレンの「スピードマーク(ナイキのスウォッシュマークみたいなもの)」とあわせて”永遠の謎”ということになりそう。※ただし自身のレーシングカーに国鳥であるキウイのマークを入れていたので、地元愛説のほうが信憑性がある?

mclaren-600lt-mclaren-orange (1)

マクラーレン600LTは現代最高レベルのパフォーマンスを持つクルマ

マクラーレンはLT=ロングテールをサブブランドとして展開する意向ですが、その定義は「パワーアップ」「軽量」「エアロダイナミクス最適化」。

mclaren-600lt-mclaren-orange (11)

もちろんマクラーレン600LTもそれを地でゆくクルマに仕上がっており、「パワーアップ」だとベースとなるマクラーレン570Sに比較して+30馬力。

mclaren-600lt-mclaren-orange (7)

スペック面では0-100キロ加速3.2秒(ランボルギーニ・ウラカンと同じ)、最高速度は時速328キロ(ウラカンの325km/hより高く、フェラーリ488GTBの330km/hよりはちょっと低い)。

mclaren-600lt-mclaren-orange (9)

「軽量」面ではボディパネルへのカーボン採用、軽量ブレーキシステムなどが与えられることでこれもマクラーレン570S比で96キロの減量に成功。
ブレーキシステムはマクラーレン720Sから移植されているとのことで、600LTは最新モデルだけあってほかモデルからの技術やパーツ流用など様々な「恩恵」を受けているようですね。

mclaren-600lt-mclaren-orange (10)

たしかにブレーキキャリパーは他のスーパースポーツに比較しても「肉抜き」が多く、いかにも軽そう。
マクラーレンは「P1」にて「曙ブレーキ」製のブレーキシステムを採用していましたが、600LTのブレーキも曙ブレーキ製なのかもしれませんね(ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニは”ブレンボ”製)。

mclaren-600lt-mclaren-orange (4)

「エアロダイナミクス」だと見ての通りフロント、サイド、リアに専用エアロパーツが付与され、車体後部が74ミリ延長されています。

mclaren-600lt-mclaren-orange (8)



テールランプ形状も微妙に変更されているような気も。
ランプ内側は「メッシュ」となっています。

mclaren-600lt-mclaren-orange (6)

ヘッドライトは600LT専用品。

mclaren-600lt-mclaren-orange (5)

マクラーレン675LTと。

mclaren-600lt-mclaren-orange (3)

675LTのベースは「マクラーレン650」ですが、「マクラーレン650からマクラーレン675」へのモディファイよりも、「マクラーレン570Sからマクラーレン600LT」への変更度合いのほうがずっと大きいようですね。

mclaren-600lt-mclaren-orange (2)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マクラーレン(McLaren)
-, , ,