>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】現時点で新型スープラの最高出力!米DMEチューニングがスープラを527馬力にまでパワーアップさせることに成功

| 短期間でここまでパワーアップさせるとは。チューナーの技術もさることながらスープラのポテンシャルにも脱帽 | 新型スープラのチューンは現在注目度が非常に高く、どのショップにとっても「名を売るチャンス」。そのため、北米で新型スープラの納車が始まると同時に各チューナーがカスタムを始めているのが現状ですが、今回は「DMEチューニング」がシャシーダイナモ上で527.67馬力にまでスープラをパワーアップさせることに成功しています。なお、DMEチューニングのFacebookページを見る限り、マクラーレンやフェラーリ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本について

ワイルドスピード次回作(9作目)にブライアンを連想させるオレンジのトヨタ・スープラが登場!複数台用意され重要な役割を果たす?

| やはりワイルドスピードにスープラは欠かせない | ワイルドスピード9作目(タイトル未定、アメリカでは2020年5月22日に公開予定)のロケの風景(ジョージアの首都、トビリシにて)がインスタグラマー、 _pw40_によって公開。これを見ると、驚くべきことに「オレンジの」スープラが登場しています。オレンジのスープラといえば、ワイルドスピードの初回作にてポール・ウォーカー扮するブライアン・オコナーがドライブしたことで一気にスープラ人気がブレイク。とくにフェラーリとの対決において、フェラーリのドライバーにブラ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが「世界初のピュアエレクトリック・プレミアム・ミニバン」、EQV発表。”EVとミニバン”は意外といい組み合わせかも

| ベースはメルセデス・ベンツVクラス、しかし紛れもない”EQ顔” | メルセデス・ベンツが突如「世界初のラグジュアリー・エレクトリック・ミニバン」、EQVを発表。これは今年のジュネーブ・モーターショーにて「EQVコンセプト」として公開されていたものではありますが、先に発表されたEQCのようにティーザーキャンペーンが行われないままに登場した、ということに。メルセデス・ベンツいわく「ゼロ・エミッションとドライバビリティとの両立」を達成したとしており、実車のお披露目はフランクフルト・モーターショー会期中(9月 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】世界に一台、日本人オーナーの「ミウラ・イオタSVR」が米イベントに登場!ランボルギーニのデザイナーもそのサウンドに心奪われる

| 動画をインスタグラムに投稿したのはランボルギーニのチーフデザイナー | 世界に一台のみが存在する、ランボルギーニ・ミウラ”イオタ”SVR。今回そのミウラ・イオタSVRがペブルビーチ・コンクール・デレガンスに登場してそのサウンドを披露しています。なお、このミウラは、ランボルギーニが「5台の特別なミウラを展示する」としていたうちの一台で、日本人が所有している個体。もともとは1968年に通常の「ミウラS」として、そしてグリーンにペイントされていた個体ではあるものの、1974年にドイツ人のハインツ・シュトラー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリ「11月に新型GTカーを発表する」。9月にも2モデルを投入し、フェラーリのラインナップが一気に拡大する可能性(というか確実に拡大)

| ここ最近のフェラーリは「追いつけない」ほど展開が早い | フェラーリ会長、ジョン・エルカーン氏によると、フェラーリは「GTカー」のラインナップを拡大する、とのこと。ちなみにフェラーリの「GT」ラインナップとはポルトフィーノ、GTC4 Lussoを指し、このほかには「スポーツ」としてF8トリブート、812スーパーファスト、そして「スペシャルモデル」として488ピスタ、「ICONA」としてモンツァSP1/SP2という構成となります。その上フェラーリはSF90ストラダーレを発表し、さらに今年中には「数台」の ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが”タイカン”のティーザー画像と動画を公開。アップルミュージック対応のインテリア、ナルド・サーキットでは24時間連続走行

| ポルシェ・タイカンの発表はいよいよ9月4日に迫る | ポルシェが9月4日のタイカン発表に向け、ティーザー画像そしてティーザー動画を公開。ティーザー画像の方はそのダッシュボードを捉えたもので、「いかにもポルシェらしい」GT仕様のステアリングホイール(アルカンターラ巻きでけっこうレーシー)、そしてダッシュボード上のスポーツクロノを確認できます。なお、ポルシェは「いずれのモデルでもパーツやデザインを共通化」する傾向にあり、今回の画像を見るに、タイカンにおいても”エレクトリックモデルといえど”911他モデルと ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など

ロレックス神話崩壊?デイトナすら値下がりが続く状況の中、バイヤーは「パテックとオーデマピゲは比較的安全」

| もはやロレックスのプレミア価格は「買うに値しない」ほどだとバイヤーは考えている | 夏以降、ガツンと相場が下がっているロレックス。買う方としては大歓迎な事態ですが、バイヤーによっては「かなり危険」だと見ていて、ロレックスのストックは持ちたくない、と考える人もいる模様。そしてウォッチバイヤー、CRM Jewelers氏もその一人のようですね。たとえば、近年の値上がり代表格、通称”バットマン”ことGMTマスターII/126710BLNR(ジュビリーブレス)につき、価格.comによると、ピーク時の268万円 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

【競売】ボンドカー史上最高落札額!「007ゴールドフィンガー」用に製作されたアストンマーティンDB5が6.7億。機関銃以外のギミックは全て動作可能

| ゴールドフィンガー用に製作されたボンドカー”DB5”は合計4台 | 1964年の007映画「ゴールドフィンガー」の撮影に使用されたアストンマーティンDB5が、RMサザビースの開催したオークションにて、6,385,000ドル、邦貨換算で約6億7000万円で落札。予想落札価格は400万ドルから600万ドルの間と見られていたものの、これを大きく超えた額で落札されたことになり、「通常の」DB5の420万ドルという落札記録を上回ったのみならず、ボンドカーとしても史上最高額での落札になったと報じられています。 こ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ポルシェ・ケイマン関連 >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】やっぱり新型スープラは速かった!BMW M2、ポルシェ718ケイマン、アルピーヌA110、アウディTTRSとのゼロヨン対決を見てみよう

| 価格を考えると、スープラは相当に「お買い得」だと言っていい | さて、北米では新型トヨタ・スープラの納車がかなり進んでおり、相当数のユーチューバーがそのレビューを、そしてやはり多くのショップがそのカスタムを紹介しています。そしてまたメディアにもデモカーが貸し出されており、いくつかでは「加速テスト」を行っている様子が公開に。なお、日本ではまだディーラーに新型スープラが到着指定ない状態ですが、イギリスについてもまだ納車が進んでおらず、つまりは「右ハンドル国の生産が遅い(左ハンドル国を優先している)」のかも ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

またまた愛知でBMWが恐怖のあおり運転。なお、英国、米国でも「もっともマナーが悪い、迷惑なのはBMW」という統計も。逆にレクサスは優良運転

| なぜBMWのドライバーが世界で評価を下げているのかはナゾ | さて、世間を騒がせている「あおり殴打」事件ですが、お盆期間中、別のBMW,がまたあおり運転を愛知で行っていた模様。 今回、FNNにて今度は愛知で「あおり運転」…ドラレコが捉えた「割り込み」「待ち伏せ」「車降り」の一部始終という報道がなされ、これは白いBMWのオーナーが執拗に対象車を狙い、最終的にはBMWから降りてきて対象車のほうへとやってくる、というもの。幸いにも、絡まれた方のクルマに乗っていたドライバーの機転にて警察に通報し、その様子を見 ...

ReadMore



●アウディTT(8S) ■ニュース

アウディTT売却後に思うこと。「目的地にもっとも速く、安全にたどり着ける」本当にいいクルマだった

投稿日:

| アウディTTは本当にいいクルマだった |

ポルシェ718ケイマン購入のために売却してしまったアウディTT(8S)。
できれば手元に残しておきたかったほどですが、すでに駐車できる場所がなく、やむをえず手放すことに。

そして718ケイマンがやってきて少し経ち、そこで思うのが「やはりアウディTTはいいクルマだった」ということ。
もちろん718ケイマンも優れたクルマですが、両者の「いいクルマ」の方向性は異なっており、単純には比較できない、とも考えています。

アウディTT(8S)が納車。久々の「イエロー」で気分は上々、カスタム意欲もMAXに

ぼくは今でも「日常的に運転するのであれば、アウディTTは最強かつ最適と言ってもいい」と考えていて、ここで追悼の意も兼ね、アウディTTがどれだけいいクルマであったかを見てみましょう。








ぼくは生粋のアウディ党ではない

なお、ぼくはアウディというブランドに対してはそれほど思い入れはなく(社史や人物について、共感を抱けるような例がない)、しかしこれまでにTTを二台(8J、8S)所有。

クルマとしての出来は先代である8Jのほうが優れていたと認識していますが、心に残るのは8Sのほう。
というか8J TTはほぼ記憶に残っていないほどであるのに対し、8S TTはおそらく将来に渡ってもまず忘れることはないだろう、とも考えています。

なんでだろうな、と不思議に思うのですが、ぼくがTTについて高く評価していたところを記してみます。

4WD(クワトロ)の走破性

まず、もっとも優れていると感じたのは4WDシステム。
「クワトロ」と名はつけども、TTに採用されるのは横置きエンジン用の「ハルデックス」で、センターデフを持たないタイプではあるものの、その路面に「吸い付く」安定性はまさに驚異的。

どんな条件であっても、必ず目的地にたどり着けるという安心感があり、「一番安全に、そして一番早く目的位置まで行けるクルマ」はやっぱりアウディだろうな、と感じた次第。

インテリアの先進性

アウディはインテリアにも強いこだわりを持ち、とくに「バーチャルコクピット」は秀逸。
視線をそらさずに地図を確認できるのは想像以上に便利であり、他の車に乗ったとき、カーナビ画面を見るのに視線を移動させることが「危ない」と感じられるほど。

そしてその操作はステアリングホイール上でほぼ全て完結し、前だけ見てスタアリングホイールを握っていれば万事OKという操作性が良かった、と思います。

納車一ヶ月目、アウディTT雑感。ファミリー内での地位、ドライブフィール、快適性など

とにかくエアコンがよく効いた

エアコンが効くのはどのクルマでも当たり前だと思っていましたが、TTのエアコンは格別。
このエアコンは「デラックスエアコンディショナー」と呼ばれるもので、エアコン吹出口と表示部分、操作部が一体化。
操作性が良いことはもちろんですが、エアコン吹出口内部の「羽根」が微妙にツイストしていて、そのため風が車内にまんべんなく行き渡り、そのため冷房を強くしても体に直接冷風があたること無く、車内を均一に冷やすことが可能となっています。

こんなにすごいエアコンがあるのか、とエアコンを使用する度に驚かされたほどですが、とにかくTTのエアコンはスグレモノ。

31

独特のスタイリング

TTは初代からデザインに傾注していて、それは三代目の8Sでも同じ。
ややアウディファミリーの一員としての共通アイデンティティが強く「TTらしさ」が失われているものの、その独特のスタイリングはまさに「クラスレス」で、何かと比較されることもなく、誰からも単純に「いいクルマですね」と言われたことが記憶に残ります。

とくにルーフからCピラーに至るラインは秀逸。

tt9

細部にまで及ぶデザイン

TTがデザインオリエンテッドなのは上述のとおりですが、とにかく細かいところまでそれは及び、初代から続く「スポーツバイク風」給油口もそのひとつ。
8S TTでは初代同様に「アルミ製」となっていて質感が高く、給油の度に深い満足感を覚えたものです。

そのほか、インテリアのアルミパネルやトリム、シフトノブに施されたディンプル、前後ランプ内部の構造など。

いずれも細かいところではありますが、こういったことの積み重ねがクルマに愛着を持たせるのでしょうね。

tt

優れたライティング

アウディは昔からライティングにはこだわるメーカーですが、使用していて便利だったのが「マトリクスLEDヘッドライト(オプション)」。
実際に使用するまではなにが便利なのかわからなかったものの、いざ使ってみると高速道路の標識を識別して照らしてくれたり、歩道にいる歩行者を照らし出したり、と至極便利。

IMG_1168

コンパクトなボディサイズ、経済性

TTは幅こそ1840ミリありますが、全長は短く、かなりコンパクト。
そのために取り回しが楽で、どこへ行くにもまず気を使うことがないクルマです。

軽量なため燃費に優れ、所有期間は平均するとリッター12キロくらい。

DSC00752 2

快適な乗り心地

これはアウディなのでまず間違いのないところ。
乗り心地は非常に快適で、誰を乗せても乗り心地で苦情が出ることはまず無いと思われます。
ただ、ややゴツゴツするところもあるので、オプションのマグネライド(アダプティブダンパー)が装着されていれば、というのは最後まで悔いていた部分でもありますね。

かつ、ステアリング、アクセルについてはナーバスな部分がなく、疲れているときなど「適当な操作」になってしまいがちなケースでもちゃんと走ってくれるという懐の深さがあった、と思います。

逆にポルシェのスポーツモデルはすべての操作に対して正確無比な反応を示しますが、体調が優れないときには「ちょっと神経質すぎる」と感じることがあるのも事実。

ぼくは以前に「ポルシェ718ケイマンはスーパースポーツバイク、アウディTTはビッグスクーター」と評したことがありますが、それはどちらが優れてどちらが劣るということではなく、それぞれの良さがある、ということです。

IMG_1170

ドライブモード

現代ではこれが備わるクルマが多くなっていますが、スイッチひとつでクルマの性格が変わるのはいいものだ、と思います。
毎日車に乗っていると、気分がいい時や落ち込んでいるとき、体調がいい時やそうでない時があるものの、そういった自分の状態にあわせてクルマの反応を変えることが出来る、というのは日常的に運転するクルマとしては非常に便利。

tt

これがあったならもっとTTはいいクルマだった

逆に、ここがこうだったらというところも合わせて記載。
どれも致命的なものではなく、しかしフェイスリフトモデルでは改善された部分もあって、TTも日々進歩しているんだなあ、と思います。

トランスミッション

アウディTTのトランスミッションは6速ツインクラッチ。
トランスミッションの動作やダイレクト感は申し分なく、しかし加速や燃費の面において「7速だったらなあ」と思うこともしばしば。
これが燃費に与える影響は大きいようで、TTSはTTに比べ高出力であるにもかかわらず、7速トランスミッションを積むために燃費に勝るようですね。

tt

ブレーキ

ブレーキについてはややなーバスなところがあり、低速だとちょっと「カックン」気味。
よって、パッドが磨り減ったら純正以外のブレーキパッドを試してみようと考えていたほどですが、結局はその機会もないまま売却することに。

高速域では容量不足を感じることもあり、このあたり「TTSを買えばよかった」とぼくに後悔させた部分でもあります。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/36597326034/in/album-72157686910151713/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-●アウディTT(8S), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.