>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911GTSカブリオレの試作車が走行中!フロントはGT3系、リアは911ターボ系で”911シリーズのいいとこ取り”

| ブレーキはホワイトキャリパーのPSCB? | 新型ポルシェ911カレラGTSカブリオレのプロトタイプが走行中。カレラGTSは「カレラS以上、ターボ以下」というモデルです。「GT」と名はつくものの911GT3、911GT3RSに積まれる自然吸気エンジンではなく、GTSではターボエンジンを搭載することになりますが、フロントバンパーは「GT3」系に近い、3分割式のエアインテークを持つようですね。なお、911「カレラ」系のエアインテークはこういった感じで「横長」となっており、ターボ系もこういった横長グリルを採 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M3の画像がリーク!ワイドフェンダーにボディ同色大型ディフューザー装備の過激マシン

| グレードや駆動方式の選択肢も拡大し、メルセデスAMG、ポルシェを追撃 | これまでに何度かBMW M3のスパイフォトが目撃されていますが、今回はなんと「偽装なしの」BMW M3が捉えられています。この画像を見るに「工場内」で撮影された可能性が高く、となると新型M3はもう生産が開始されているとも考えられます(プリプロダクションモデルかも)。画像では巨大なリアフェンダー、トランクリッドスポイラー、アグレッシブなリアバンパーにボディカラー同色のリアディフューザーが確認でき、「4本出し」テールパイプの存在も。 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

TRDがGRスープラを「怪物」に仕立て上げると予告。1994年の80スープラ「3000GT」を90スープラでも再現

| そのルックスはまさにレーシングカーといっても過言ではない |  TRD(Toyota Racing Development)がスープラをベースにしたコンセプトカー、「3000GTコンセプト」を発表すると予告。発表は東京モーターショーではなくSEMAとなり、世界へ向けて広く発信する、という意図がありそうですね。今回公開された動画だとその概要を示すに止まり、しかしこれは以前、TRDが80スープラをベースに製作した「3000GT」を90世代で再現する、というプロジェクトのようです。 1994年の東京オートサ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダの新型EV「MX-30」リーク!マツダはホンダやVWとは異なるアプローチの電気自動車を考えたようだ

| このボディ形状は他メーカーのコンパクトEVに対して優位性を持つことになりそうだ | マツダは、そのブランド初となるEVを第46回東京モーターショーにて発表の予定ですが、今回その画像が発表を目前にしてリーク。資料には「MX-30」の文字も見え、つまりはコンセプトモデルながらもその車名がMX-30である、ということも同時に判明。なお、マツダが車名に「M」を用いるのは珍しくなく、「MX-5(ロードスター)」「MPV」「MS-6/8/9」といったものが過去に存在。ただしそれぞれ「マツダ」「マルチ」「メガロ」な ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

新型SUBARUレヴォーグがリーク!VIZIV風のアグレッシブなデザインを持ち、市販車というよりコンセプトカーのようだ

| 実際に見るとかなりエッジの効いたデザインだと思われる | スバルは東京モーターショーにおいて新型レヴォーグを発表することになりますが、それに先んじてモデルチェンジ版レヴォーグの画像がリーク。現行レヴォーグは「全車ターボ」、トップレンジの2リッターターボは300馬力を発生するというスポーツワゴンで、後ろに向けてスロープしたルーフラインを持つなど、実用性よりもスタイルを重視したと思われるクルマ(スバルはほかにフォレスターやXVといったラインナップを持っていて、それぞれの用途にて棲み分けている)。 なお、新 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタ、レクサスが2021年までに3台のEVを発売とのウワサ。「すでに技術を有しており、発表時期を待つのみだ。消費者にとっても”求めやすい”価格になるだろう」

| 現段階では現実的に発売できそうなEVコンセプトがまだ発表されていない | 英国Autocarによると、トヨタとレクサスは2021年までに「3種の」エレクトリックモデルを発売する、とのこと。これは”内部の人”の話だとして報じられたものですが、「いずれかのモデルがエレクトリック化される」のか、「全く新しいエレクトリックモデルが登場するのか」は今のところ語られず。さらにはトヨタ、レクサス両方からプラグインハイブリッドモデルが登場するということについても言及されているようですね。

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR用にアライのヘルメット「HR-mono4」購入!ROOFやノーランのヘルメットに比較すると「さすが日本製」

| やはり日本メーカーならではの気遣いが随所に見られる | さて、アライのヘルメット(バイク用)を新しく購入。これは「HR-mono4」というモデルで、いろいろな機能を省いた廉価版という位置づけです(よって実勢価格3万円前後という、アライのフルフェイスとしては破格の安さ」。ただ、アライだけに安全性に関しては抜かりなく、帽体そのものはスネル規格M2010を満たすなど高い水準を持っています。 こちらもオススメ、関連投稿10選FIAがF1向けに新しいヘルメットの基準を設定。視界がどんどん狭くなってゆく模様レクサ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

「997世代の911GT3 RS風の」カラーリングを持つ991.2世代の911GT3 RS登場!未だにボクは997GT3 RSのインパクトが忘れられない

| ”黒ベースのオレンジアクセント”、”オレンジベースの黒アクセント”が与えたインパクトは過去最大級 | 991.2世代の911GT RSを997世代の911GT3 RS風にカスタムした車両が登場。水冷世代の911GT3 RSは「996」世代から今に至るまで続いていますが、「オレンジ×黒」「黒×オレンジ」といったコントラストカラーは13年前の997世代(初期)911GT3 RSで初めて登場しています。なお、当時は内外価格差、情報差がけっこう大きかった時代でもあり、アートスポーツなどいくつかのディーラーが並 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリ・デイトナを現代風に再デザインしたユーチューバー登場!さすがにオリジナルを超えるのは難しかったか・・・

| 昔のピニンファリーナによるフェラーリが持つデザイン的完成度は現代の技術をも寄せ付けない | 最近ではすっかりおなじみになったカーデザイナー兼ユーチューバー、スケッチモンキー氏。これまでにも過去のクルマや現行車などを「もしも自分がそのデザイナーだったらこうする」というレンダリングを作成して公開していますが、今回手を付けたのはフェラーリ・デイトナ。デイトナはもはや伝説級のクラシックフェラーリとも言えるクルマで、それだけに「禁断の果実に手を付けたな」という印象も。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出て ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >中国/香港/台湾の自動車メーカー >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >三菱(MITSUBISHI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) >ダイハツ(DAIHATSU)

アルファロメオ、ポルシェ、ランボルギーニ・・・。あのブランドはどのグループに属するの?最新情報をまとめてみた

| 驚くべきことに、まだまだ単独メーカーも多く残っている | さて、再編激しい自動車業界。様々なブランドが売買され、たとえばランボルギーニは今に至るまで7回も経営が変わっており、アストンマーティンも7たび経営者が変わっています。そのほかロータスは中国企業に買われたりといった驚きの事例もあり、ここで「どのブランドがどのグループに属しているのか」を見てみたいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿10選2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後が続かずに」反動で落ち込むブランドも意外と出て ...

ReadMore



>ベントレー(Bentley) ■ニュース

新型ベントレー・フライングスパー登場。見た目の変わらなさに騙されてはならない、”世界で最も先進的、かつ高級な”スポーツセダンへと進化

投稿日:

| ベントレーは新型フライングスパーに対し、異常なほどの自信を持っている |

ベントレーが新型フライングスパーを発表。
フライングスパーの歴史は1957年まで遡ることができますが、この「初代」が1966年に生産終了となたったのち、しばらく間が空いて登場したのが2005年の「2代目」。

この2代目フライングスパーはコンチネンタルGTの4ドア版という位置づけとなり、新型フライングスパーも同様のポジションを持つことに。
そして新型コンチネンタルGT同様、新型フライングスパーは内外装だけではなくテクノロジー面においても大きな飛躍を遂げています。

見た目の「変わらなさ」に騙されてはいけない

なお、コンチネンタルGTしかり、今回のフライングスパー然り、外観がさほど変わっていないため(細部は大きく変わっているが、雰囲気が一緒)、「マイナーチェンジ程度じゃないの」と感じるかもしれません。

しかしベントレーは今回の新型フライングスパーについて「世界でもっとも先進的な、高級グランドツーリング・スポーツセダン」だと表現。

0a25a490-2020-bentley-flying-spur-16

リムジンの高級さや快適性、それに対してスポーツセダンのパフォーマンスをバランスさせたといいます。
コンチネンタルGT同様に、アルミと複合素材を使用した新設計のプラットフォームを採用し、48ボルトシステムを使用したアンチロールバーによって姿勢を安定させ、さらには4WDシステム、4輪操舵によって運動性能も向上。

サスペンションは3チャンバー式のエアサスで、これは「リムジンの快適性から、スポーツカー並みの締め上げられた足回りまで」を実現可能だそう。

これについてベントレーは「新型フライングスパーのドライビングエクスペリエンスは、このセグメントのどのクルマもなしえないほど」と表現。
ベントレーの発表内容を見るといかに自信をもって新型フライングスパーを送り出したがわかりますが、実際にその性能は「スポーツカー顔負け」。

9fd90220-2020-bentley-flying-spur-3

新型フライングスパーには並のスポーツカーでは太刀打ちできない

新型フライングスパーに搭載されるエンジンは6リッターツインターボW12で、これは635PSを発生。
トランスミッションは8速デュアルクラッチ、駆動方式は上述の通り4WDを採用しており、これらによって0-100キロ加速は3.8秒、最高速は333km/hというスペックを誇ります。

ちなみに4WDシステムは「アクティブ・オールホイール・ドライブ」と呼ばれ、100%後輪駆動も可能になる、とのこと。
現在ベントレーはフォルクスワーゲングループに属しますが、VWグループは「一つのクルマの中に複数の駆動方式が存在するのは好ましくない」とし、これまで4WDモデルでは「100%後輪駆動」とはならないセッティングを採用してきたものの、ベントレーではそれが「変化した」ということになりますね。

17ffe903-2020-bentley-flying-spur-6

なお、フロントアクスルを前方に移動させたことで車体の重量配分が改善したとし、新しい駆動方式と相まって「アンダーステアは完全に消滅した」。

そして「スポーツ性能」だけではなく快適性も大きく向上させたのが新型フライングスパー。
ホイールベースはなんと13センチも延長され、これによって室内空間が拡大し、乗り心地も飛躍的に改善しています。

この「ロングホイールベース化」はエクステリアデザインにも影響を与えており、長さに余裕ができることで、より優雅で、より力強いキャラクターラインを持っているように見えますね。

とくに前輪が前に出たことで、古典的な「ロングノーズ」を持つスポーツカー的な雰囲気を醸し出している、と思います。

なお、新型フライングスパーの外観で、もうひとつ特徴的なのは「プレスライン」。
コンチネンタルGT同様にかなり強い角度でプレスされているということですが、今のところこれだけの角度を実現できるのはフォルクスワーゲングループだけだろう、とも考えています。

df1917e3-2020-bentley-flying-spur-5

そのほか、デザイン上の見どころは新しいバランスをもつリアフェンダーとトランクとの位置関係(バングル・アスに近いがちょっと違う)、クリスタル風のカットが施されたLEDGERマトリクスヘッドライト、新しくデザインされた「B」グラフィックを持つテールランプ、ベントレー初のリトラクタブル式かつイルミネーション内蔵の「フライングB」フードオーナメントなど。

一方で、車体をぐるりと囲むクロームの加飾、楕円形のテールランプ、フロントフェンダー上のエアベント、もちろん丸4灯構成のヘッドライトといった部分は先代そしてベントレーのほかモデルとも共通し、伝統を感じさせるところでもありますね。

新型ベントレー・フライングスパーのインテリアは別次元の高級さへ

新型フライングスパーのダッシュボードはコンチネンタルGTとの共通性が見られ、「例の」回転式モニター(使わないときは隠れてしまいウッドパネルと同化する)や2色使いのウッドパネルもおなじみとなっています。

反面、メーターに採用されるフォントはコンチネンタルGTに比較して「エレガントな」フォントを使用するなど、細部に渡るリファインも施されているようですね。

da68fe47-2020-bentley-flying-spur-13

そしてベントレー伝統の、センターコンソールからダッシュボードへと立ち上がり、そこから左右ドアへと繋がってゆく「ウイングデザイン」も健在。
これによって広く伸びやかな印象を受けます。

cdfce6e2-2020-bentley-flying-spur-7

そして「ダイアモンド・ナーリング」と呼ばれる、ギザギザ加工もベントレーの一つの特徴。※コンチネンタルGTではオプション扱い
ひとつひとつのエレメントがひし形に見えますが、これが多方向へと光を反射し、なんとも言えない高級感を演出することに。

そして同様の「ひし形」は、ヘッドライト内部にも採用されていますね。

b93af9c3-2020-bentley-flying-spur-14

そしてコンチネンタルGT以降に見られるのが、上述の「ひし形」をモチーフにした「3Dレザー」。
単なるダイヤモンドステッチではなく、上質の、そして極薄に加工されたレザーを用いて再現される立体的な装飾です。

9fd6f932-2020-bentley-flying-spur-9

新型フライングスパーはベントレーの起爆剤たりうるか

現在ベントレーは販売が伸び悩み、その方向性を模索中のようにも見えます。
「ラグジュアリー」だとロールスロイスには対抗できず、そのほかにもマセラティ、アストンマーティン、メルセデス・ベンツ、そして同じグループ内にもポルシェやアウディといったライバルが存在。

そういった状況の中で「いかにベントレーを選んでもらえるか」を追求したのが新型フライングスパーということになりそうですが、ベントレーの意気込みが感じられる素晴らしい仕上がりとなっており、コンチネンタルGT同様に高い評価を獲得できそうですね。

VIA:Bentley

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ベントレー(Bentley), ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.