>アストンマーティン(Astonmartin) ■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

米高級百貨店が007仕様のアストンマーティンDBSを1台のみ発売!デザインはダニエル・クレイグ、オメガの限定腕時計、007新作映画のプレミアチケット、車両の製造見学ツアー付き

投稿日:

| 今年のニーマン・マーカス”ファンタージーギフト”は過去最高のものとなりそうだ |

米高級百貨店、ニーマン・マーカスが今年の「ギフトパッケージ」として、特別仕様のアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを販売する、と発表。
この特別仕様車は「007DBSスーパーレッジェーラ」と命名され、その名称が表すとおり「007仕様」。
そしてどこが007仕様なのかというと、このクルマのカラーリング等をデザインしたのが、ジェームズ・ボンド役を務める俳優、ダニエル・クレイグである、というところ。

ただしボンドカーならではの装備、たとえばマシンガンや煙幕、脱出用射出シートといったデバイスは装備されていないようですね。

徹底して内外装は「ダーク系」

この「アストンマーティン007DBSスーパーレッジェーラ」の詳細については明かされておらず、画像を見る限りでは渋いブルーとグレーとの中間のようなボディカラーを持っています(インクっぽいブルー、と紹介されている)。
車両のアクセントは「ブラック」で、グリルやホイール、サイドスカットル、ウインドウモールなどがブラックに。
ドアミラーはおそらくカーボンファイバー、そしてテールパイプは結晶塗装と思われるマットブラック。

アストンマーティンのエンブレム以外にはシルバーが見当たらず、徹底してダーク系にてまとめた仕様を持っていますね。

q4

インテリアについてはボディカラー同様に濃いブルーをベースとしており、モザイク柄のようなカーボンファイバーを使用したセンターコンソールも特徴的。
なお、画像の「キラキラ」エフェクトは、ニーマン・マーカスがそのプレミアム感を出すために挿入したもの。

エンジン含むパワートレインについては変更についての言及がなく、よって標準のDBSスーパーレッジェーラと変わらず、5.2リッターV12、出力は715馬力と思われます。

q

「007」の名を使用しているので(007版権元の)認可済みだと思われ、「ダニエル・クレイグ」本人の名も使用しており、このダブルネーム(アストンマーティンを入れるとトリプルネーム)は非常に強力。
どこかにサインがあったり、なんらかの証明書のようなものが付属していればさらに価値を高めることは間違いなく、納車も「ダニエル・クレイグ本人からキーを手渡される」という儀式があってもいいかもしれませんね。

q2

007DBSスーパーレッジェーラ購入者にはこんな特典も

このアストンマーティン007DBSスーパーレッジェーラの価格は邦貨換算で7600万円ほどと高価ではありますが、購入者は007映画「女王陛下の007」公開50周年を記念して「世界限定7本」のみ製造されるオメガ・シーマスター・ダイバー300M(フルプラチナ製・・・)の一本を受け取ることができ、かつ007映画最新作「NO TIME TO DIE(ノー・タイム・トゥ・ダイ)」のプレミアに招待されるほか、この007DBSスーパーレッジェーラ製造の現場をアストンマーティン本社まで見学に行く費用まで含まれ、そういった体験までを考えると「高いとは言えない」のかも。※下の画像は オメガ・シーマスター・ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション”のステンレススティールモデル

なお、ニーマン・マーカスは毎年クリスマス商戦にあわせて「ファンタジー・ギフト」を発表しており、その中には特別仕様のクルマが含まれることで知られます。
これまではロールスロイス、レクサス、フェラーリ、マスタング、アウディ、BMW、マセラティなどが採用されていますが、1995年にはやはり「ジェームズ・ボンド仕様の」BMW Z3が販売されていますね。
これらのうちいくつか(特にレクサス)には一般発売前のモデルも含まれていて、こういった傾向を見ても、自動車業界としては「ぜひコラボレーションしたい」相手がニーマン・マーカスなのかもしれません。

VIA:Neiman Marcus

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アストンマーティン(Astonmartin), ■服や小物、時計、雑貨など, ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.