>その他ポルシェ関連/ニュース ■服や小物、時計、雑貨など

ポルシェデザインがチタン製腕時計「モノブロック」発表。911RSRをイメージ

投稿日:2017/04/11 更新日:

ポルシェ・デザインが腕時計の新製品、「モノブロック・アクチュエーター(Monoblock Actuator)」をバーゼルにて発表。
ケースやブレスレット(ベルト)素材はチタン製で、クロノグラフ機能を内蔵しますが、面白いのは「プッシュボタンがなく」、そのかわりにケースの右側そのものを(上下個別に)クリックすることでこの機能を果たしている、ということ。

これはポルシェ911RSRのバルブトレーンに着想を得たもので、支点を中心に動くパーツはパドルシフトをイメージした、としています。

ケース径は45.5ミリとけっこう大きく、クロノグラフの他にGMT機能も搭載。
ムーヴメントはキャリバー7754を採用、とのこと。

ベルトについてはチタンの他ラバーも用意し、文字盤についてはブルーとブラックをラインアップ。
国内価格については未公表ですが、現地では邦貨換算70万円ほど、と伝えられています。

なお「ポルシェデザインのチタン製ウォッチ」というと「オーシャン(IWCとのコラボ)」が有名ですが、今回のモノブロック・アクチュエーターについてもオーシャンの面影が見られるように思います。

その他ポルシェデザインは「最初に腕時計のケースにブラックの加工を施した」ブランドとしても知られ、昔から色々な試みを行っているメーカー。

「ポルシェデザイン」はポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェ氏の孫であるフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ氏が設立したデザイン会社。
よって「ポルシェ」の名を関するにもかかわらず自動車メーカーのポルシェとは当初無関係ではあったものの、2003年にポルシェ本体に吸収される形で、それまでポルシェの展開していた「ポルシェデザイン」「Design by F.A.Porsche」「ポルシェセレクション」等と統合され、ポルシェデザイン・グループ(Porsche Lizenz und Handelsgesellschaft mbH & Co.KG )として再出発しています。

腕時計に関しては以前までIWCとの共同開発を行っていましたが、その後エテルナを買収しており、自社生産に切り替わっているようですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他ポルシェ関連/ニュース, ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.