>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】ロータリーエンジンはこう作動する!3DプリンタでマツダRX-7のエンジンを製作し、わかりやすく解説

ロータリーエンジンほどメリットとデメリットが顕著なエンジンもそうそうない いつもためになる動画を公開してくれるユーチューバー、Engeneering Explained氏。今回はロータリエーンジンを3Dプリンタで再現し、その構造を紹介してくれています。 なお、このロータリーエンジンはマツダRX-7に積まれる13Bをそのまま1/3サイズにスケールダウンしたもの。 同氏は以前にも、スバルに搭載される水平対向エンジンを3Dプリンタにて製作し、そのメリットを解説していますね。 水平対向エンジンと直列エンジンのメリ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【動画】ポルシェ718ケイマン”T”のプロトタイプが走行中。このサウンドはやはりNAではなくターボエンジン?

718ケイマンTは2〜2.5リッターターボエンジン搭載というウワサだが ポルシェ718ケイマンTと見られるプロトタイプがニュルブルクリンクを走行中。718ケイマンTは、サーキットにフォーカスしたモデルといえども「ケイマンGT4」ほどハードコアではなく、パワーよりも「ハンドリングに特化した」と考えられるモデル。 ポルシェからはまだ何のアナウンスもありませんが、エンジンは2.5もしくは2リッターターボ採用にて360馬力を発生し、ケイマンSに比較して30キロほど軽量化される、というウワサ。 この記事のあとによく ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

0-100キロ加速2秒!アウディPB18 e-tron市販化に向けてアウディ幹部が動き始める

| アウディPB 18 r-tron市販の可能性がわずかながら浮上 | アウディのエクステリアディナー統括責任者、アンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語ったところでは、ペブルビーチにて公開したコンセプトカー「PB18 e-tron」の市販化に向け、現在本社に強力に働きかけている、とのこと。 なおPB18 e-tronの大きな特徴はインテリアにあり、ステアリングコラムとシート、その他操作系が一緒になったユニットが右に左にと動き、つまり「右ハンドルにも、左ハンドルにも、センターハンドルにも」なる、とい ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ブラバスが新型メルセデス・ベンツAクラスのカスタム「B25」公開。ベースはAMGではなくA250、これはいいかも

| ブラバスがなぜかメルセデスAMG A35ではなくA250をチューンした | ブラバス(BRABUS)がメルセデス・ベンツA250のチューニングプログラム「B25」を発表。 AMGモデルの”A35”ではなく、通常ラインのA250をベースとしたところがミソとなっています。 エンジンはブラバスの「PowerXtra」パッケージによってノーマルの224馬力から46馬力アップの270馬力となり、0-100キロ加速は5.9秒、最高速度は時速250キロをマーク。 なおメルセデスAMG A35は306馬力、0-100 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore



>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

自動車ディーラーにて車を試乗する際に気をつけること7選。その作法など

更新日:

先日は自動車ディーラーを訪問する際にぼくが気をつけていることについて記載しましたが、今回は試乗編。
試乗する際に気をつけていることについてここでいくつか述べてみたいと思います。








試乗については、現在のところ多くの自動車メーカーで「試乗予約」ができるので、試乗予約をしてから訪問した方が良いと思います。
いきなり行って試乗車がないと無駄足になりますし、営業さんの予定を狂わせてしまうことにもなりかねず、場合によってはちょっと嫌な顔をされるかもしれません。

例えばトヨタの試乗予約だとこんな感じ
多くのメーカーでは3日後くらいからの予約を受けているようですね。

ポルシェの場合だと、「ポルシェジャパン」のページでは試乗予約ができないようですが、各ポルシェセンターのページに飛ぶと試乗予約を受け付けている場合も(「ポルシェセンター 試乗 予約」といったキーワードに加えてポルシェセンター名を入れるとだいたい出てくる)。

ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレン、アストンマーティンなどスーパーカーの試乗については、これも各ディーラーさん単位で試乗予約を受けているので、ディーラーさん経由で試乗を申し込むと良いかと思います。
ただ、ディーラーさん単位の試乗申し込みについて、その方法は様々。
自社ページに試乗予約フォームを用意している場合もありますし、ディーラーさんのブログやフェースブックで試乗予約を告知し、そこに記される内容に従って申し込む場合も。

ランボルギーニだと、ランボルギーニ大阪さんは自身のFacebook、ランボルギーニ麻布さん、ランボルギーニ青山さんは自身のブログで告知するケースが多いようですね。
こういった告知についても見逃す場合もあり、購入を実際に検討しているのであれば、市場希望とメール等にてあらかじめ伝えておくと、こういった機会以外でも試乗ができるケースも出てくると思います(試乗車が少ないので常に用意できるとは限らず、しかし用意でき次第知らせてくれる)。

そのほか、試乗イベントについてはメールマガジンで知らせてくれることも多く、よって興味のあるメーカーのメールマガジンに登録しておくのもベター。

さて、そういった経緯を経ての試乗ですが、ディーラーさんから乗り出すにもいくつかの方法があります。
一つは「自分で運転して出る方法」で、文字どおり最初から自分で運転するパターンですね。
もう一つはスーパーカーやスポーツカーなどでみられますが「ディーラーの営業さんの運転でディーラーを出る」もの。
特殊な車だと顧客が不慣れな場合があり、まずは営業さんが顧客を同乗させて運転し、一定の距離を走ったのちに運転を顧客とチェンジ、というパターンです。
これらはディーラーさんによって違い、あらかじめ知ることは難しいので、「上のような複数のパターンがある」と知っておくだけで良いかと思います。

実際の試乗についてですが、ぼくなりにと思うことがいくつか。

1:エンジンの始動
一つはエンジン始動で、いくつのかディーラーさんではすでにエンジンをかけて車を待機させてくれているところもあるのですが、ぼくは「試乗とはエンジンをかけるところから」と考えており、よってせっかくエンジンをかけてくれている場合でも「自分でエンジンをかけてみても良いですか?」と尋ねるようにしています。
ただ、それで営業さんの気分を害する場合もあるので、「始動時の音やメーターの動き、表示を見てみたいので(実際にそうなのですが)」、とぼくは伝えるようにしています。

エンジン始動時の印象というのは非常に大事で、例えばレクサスでは設定によって心洗われるような音楽が流れますし、最近の車だと液晶メーターを採用していることが多く、その場合はグラフィカルな表示が出たりします。
逆に、いわゆる高級車であっても下品な始動音や振動を持つ車もありますし、購入を考える場合、「エンジン始動」は非常に重要な要素と言えます。

かつ、エンジン始動というのは一種の儀式であり、自動車メーカーもそれを理解しているので「始動の方法、始動時のメーター等の動作」についてはこだわりを見せているわけで、それを知らずしてその車を理解することはできない、とぼくは考えているのですね。

2:シートベルト、ドライビングポジション、スイッチ類の操作
そんなわけで試乗を開始しますが、まず車に乗り込んで行うのは「シートベルト装着」ということも忘れずに。
これによって安全意識が高いということを知らせることができますし、まず悪い印象を与えることはないかと思います。

続いてミラーやシート、ステアリングホイールの調整ですね。
中にはこれらが非常に特殊な車もありますが、こういった操作一つでもその車やメーカーの考え方を知ることができます。
なお、初めて乗る車でいきなりこういった調整を行う方法を知っているはずはないので、わからないときは素直に営業さんにその方法を聞いた方がよさそうです。

これによってコミュニケーションが円滑になる可能性がありますし、試乗開始後も色々聞いたり、教えてもらえる雰囲気づくりもできるかと思います。

3:車の発進
それらが終わるといざエンジン始動で、シフト操作を行って走行可能な状態にし(シフト操作、パーキングブレーキ解除も最近の車は特殊なので営業さんに聞いた方がいい)、そこから車を動かしますが、その際にぼくは一言「お借りします」というように。
これによって何かが変わるものではないですし、言わなくても構わないものの、試乗させていただくことに対する礼儀のようなものだ、と考えています。
4:車の操作
試乗中はもちろん営業さんの指示に従い運転を行いますが、シフトダウンや急加速、急ブレーキなど「普通とは異なる動作」を試す場合はそれを事前に伝えておくのも礼儀だと考えています。
スポーツカーの場合は営業さんの方から「急ブレーキを踏んで性能を試してみてください」「加速性能を試してみてください」「後輪を滑らせてもいいですよ」と言ってくれる場合もあり、そういったときはお言葉に甘えるようにしています。

なお、腕時計ジャーナリストの広田雅将氏は、腕時計の試着にも作法があり、必ずトレーの上で腕時計を見ること、腕に載せてもベルトのバックルやクラスプはしめないこと、リューズやプッシュボタンなどの操作を行う際には必ずお店の人に声をかけること、リューズは上にして置くこと、等を「作法」として述べており、製品に対する気遣い、相手に対する気遣いはその人の品格を表すのではないかと考えるところ。

5:確認事項
そのほか、車内イルミやコミュニケーションシステム、メーターの表示、オーディオなど試したいことがあればそれを伝え、試しておくのも忘れずに(これは走行中だと危険なので、ディーラーに戻ってからでも良い)。
また、ドライブモードが備わる場合、そのテストも行なっておいた方が良いと思います。

というのも、モード変更によって別の車のように性格が変わる車、そうでない車があり、これは購入時の比較検討においてある程度の判断基準になる、と思われるため。
オプションによっては「完全に別の車」になってしまう場合もあるので要注意、ということですね。

6:確認事項(2)
そのほか確認しておくのは「グレード」。
これはもっと早い段階で確認しておくべき(エンジンスタート前にでも)ですが、グレードによってエンジンや、場合によっては燃料(ガソリン/ディーゼル)、駆動方式なども変わるため。
加えて試乗車に装着されるオプション装備も確認すべきで、これによってハンドリングやエンジンサウンドも大きく変わりますし、内装だとシートやオーディオなどもグレード間で差異があるところ。
実際に購入する際はかなり重要なファクターになりうるので、グレード展開やその差異について「予習」しておくのも試乗時の作法だとぼくは考えています。
7:試乗終了
試乗が終わり、エンジンを停止したのちは「ありがとうございました」とお礼を言うのも忘れずに。
これもやはり礼儀上ですね。
試乗終了後はショールームに戻り商談継続になるかと思いますが、その際には気になっていた事項などを確認し、試乗車のグレードと合わせてそういった部分をオプションでカバーできるのかどうか、などを話し合ってみると良いかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >その他ポルシェ関連/ニュース, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.