■駄文(日々考えること) ■映画や音楽、本について ■ニュース

「ドライブデートを成功させるお作法」10か条、女子編、男子編はこうなっている!なかなかハードルが高いぞ!

| とくに男子編では執事並みの気遣いが要求される | blog さて、「じゃらん」に”ドライブデートのマナー”なる記事が掲載。もはや「ドライブデート」そのものが過去のものとなったような気がしないでもないですが、「女子編」「男子編」とあって、それぞれなかなかに興味深い内容でもあり、ここで紹介してみたいと思います。まずは「女子編」、行ってみましょう。

ReadMore

>フォード(FORD) >その他イギリス車

【動画】こう見えてピュアEV!フォードの許諾を得て英メーカーが「エレクトリックマスタング」を発売。ただし499台限定、4100万円

| 価格設定がかなり強気に思えるが、EVは現時点で高くならざるを得ない | フォードはマスタングをエレクトリック化し、かつSUV化した車両を発売すると報じられています。ただし今回紹介するのはフォード自身によるものではなく、イギリスのチューナー、「チャージ・カーズ」によるクラシックマスタング風の外観を持つピュアエレクトリックカー。まずは画像そして動画のみのリリースですが、実車はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて公開されるようですね。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはこっそりロータリーエンジンとその搭載車を開発していた!特許が公開され、その存在が明らかに。2020年1月30日の”マツダ100周年”に発表あるか

| ターボ装着を前提に給排気系を効率化。特許では「ロータリーエンジン搭載車」にも触れる | マツダが新型ロータリーエンジン関連特許を2件申請していたことが判明。申請自体は2017年に行われたものですが、審査の後、2019年1月31日に公開となっています。そして気になる特許の内容自体ですが、「吸気効率を高めることのできるロータリーピス トンエンジンを提供する」がひとつ、そしてもうひとつは「吸気効率を高めることのできるロータリーピストンエンジンシステムおよびこれが搭載された車両を提供する」。つまり、ロータリー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】メルセデス・ベンツがGクラスのカスタムプログラム始動。100万通り以上の組み合わせから”自分だけの”Gクラスを作ることが可能

| ボディだと22箇所のカラーを指定可能 | メルセデス・ベンツがGクラスのカスタマイゼーションプログラム、「G Manufaktur Program(Gマヌファクトゥア・プログラム)を始動。これは読んで字のごとくGクラスを自在にカスタムできるもので、たとえばトップレンジのG63だと外装で22箇所のペイントを指定できるようですね。ただ、その価格は例によって「安くはなく」、安価なものでも28万円、高価なものだと53万円ほどが必要に。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ランドローバー・ディフェンダーのインテリアが激写!イヴォークとも異なる独自のデザインを持つようだ

| やはり新型ディフェンダーは”未来に行き過ぎなかった”ようだ | つい先日、新型ランドローバー・ディフェンダーのメーターパネル内の画像が捉えられたばかりですが、今回は新型ディフェンダーのダッシュボード回りの画像が登場。これは3ドア(ディフェンダー90)、5ドア(ディフェンダー110)とが同時にテストをする中、駐車場に停めてあるプロトタイプの内装を撮影したもののようですね。 ↓こちらは先にリークされた新型ディフェンダーのメーター内画像 新型ランドローバー・ディフェンダーのメーター画像がリーク!メーター内に ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■バイク(自転車/自動二輪)

BMWがバイクにおける未来「ヴィジョンDCロードスター」発表。究極にシンプル、そして軽量なエレクトリックバイク

| 水平対向エンジン風のデザイン、そしてシャフトドライブ採用 | BMWがそのバイク部門「モトラッド」より、「ヴィジョンDCロードスター(Vision DC Roadster)を発表。「ヴィジョン」の名が示すとおり、BMWの未来を表すもので、もちろんパワートレインは「エレクトリック」。BMWのバイクといえば「水平対向(ボクサー)」エンジンが特徴ですが、このヴィジョンDCのロードスターでは水平対向エンジンのヘッドが左右に突き出る代わりに「クーリングのためのファン」が左右同じ位置に配置されるのが特徴。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベットに最強グレード「ZR1」が登場したら?というレンダリング。しかし本当のC8世代ZR1は予想より過激かも

| 新型コルベットの発表はまずベースグレードから。ZR1は1,000馬力を超える? | さて、7月18日に発表される新型シボレー・コルベット。最初に発表されるのは「スタンダードモデル」だとされ、価格は800万円程度だと見られています。そして新型(C8)コルベットにもZ06やZR1に相当するハイパフォーマンスモデルが追加されると思われますが、コルベット専門掲示板「Corvette Forum」にて、新型コルベットZR1をイメージしたレンダリングが公開に。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

元GM副会長「ポルシェ911から新型コルベットに乗り換える人は誰もいないだろう。ミドシップ化するよりもSUVにしたほうがいい」

| 経営的視点からすると正論としか言いようがない | 7月18日の発表が刻々と迫る新型シボレー・コルベット。しかし今回、シボレーを擁するGMの副会長を努めたボブ・ラッツ氏が「誰もポルシェ911を売って新型コルベットを買わないだろう」という衝撃的な発言を行っています。新型コルベットはこれまでのフロントエンジンから「ミドシップ」へとパッケージングが変更されますが、その理由はポルシェはもちろん、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンといった欧州のスーパースポーツに対抗するため。

ReadMore

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタが合計13.7万台のリコール届け出。「ハイブリッドシステムに充電できずシステム破損」「豪雨があるとエンジンに浸水しエンジン破損」

| アウディもブレーキ、プログラム、燃料ラインの問題でリコール届け出 | トヨタが珍しく、ハイブリッド関連についてリコールを届け出。同じハイブリッドでも不具合の種類は2つあり、ひとつは「ハイブリッドシステムが破損して走行不能」、もうひとつは「エンジン破損」。前者はアクア、カローラアクシオ、シエンタ、ヴィッツが対象になって19,618台が影響し、後者はシエンタのみが対象となり137,016台が対象に。ここでその内容を見てみましょう。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型X7(1079万円~、7シリーズ(1090万円~)、X3M/X4M(1268万円~)を発表。7シリーズの最上位モデルは2523万円

| 最近のBMWは強気の価格設定を行うことが多いようだ | BMWが一気に新型7シリーズ、X7、X3M/X4Mを国内にて発表。これまでの例からすると国内発表のタイミングはかなり早いと思いますが、ここでそれぞれの内容を見てみましょう。まずは完全なるブランニューモデル「X7」ですが、こちらは「X7 xDrive35d(10,790,000円)「、」7 xDrive35dデザイン・ピュア・エクセレンス(12,060,000円)「」7 xDrive35d M Sport(12,420,000円)「MW X7 M5 ...

ReadMore

CLS

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

より長く、より広く、より低く、より美しく。「ベイビーCLS」ともいうべき新型メルセデス・ベンツCLAが発表に

コンパクトクラスでこれだけの美しさとプロポーションを持つクルマはそうそうない メルセデス・ベンツが新型CLAをラスベガスで開催中のCESにて公開。Aクラスと同じプラットフォームを使用する「コンパクトク ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ「CLSとAMG GT4とは食い合わない。両者の間には明確な溝がある」

| そもそも対象やポジショニングが異なる | メルセデス・ベンツは「CLS」AMG GT4ドアクーペ」という、二種類の4ドアクーペを同時期に発売していますが、実際にこれらは同時に開発が進められた「兄弟 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗】メルセデス・ベンツがここまで来たとは。すべてが別次元に進化したCLSに乗る

| 最新世代のメルセデス・ベンツは飛躍的に進化している | メルセデス・ベンツCLS450 4MATIC Sports(ISG搭載モデル)に試乗。 CLSというとスタイリッシュな「クーペ風セダン」の元 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

スタイリッシュな4ドアクーペ、新型メルセデス・ベンツCLS国内発売。グレードは2つ、799万円より

| 早くも新型メルセデス・ベンツCLSが日本に登場 | メルセデス・ベンツが日本においてもモデルチェンジした「新型CLS」を発表。 本国発表からさほど間を置かない状態での投入となり、日本にて発売される ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ブラバスが80〜90年代風の「ディッシュホイール」発売。自動車カスタムにも「リバイバル」が来る?

| ブラバスがバブル時代っぽいホイールを発売 | ブラバス(BRABUS)は積極的にメルセデス・ベンツのチューニング(カスタムも)を展開していますが、今回はメルセデス・ベンツCLS向けのカスタムパーツ ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型メルセデス・ベンツCLA最新スパイフォト。ベイビーCLSとも言えるルックスでライバル撃退?

| 新型CLAはまんま「スモールCLS」 | メルセデス・ベンツCLAの最新スパイフォト。 CLAはAクラスをベースとしたクーペ風セダンで、新型が「2世代目」となるモデル。 今回のスパイフォトでは、こ ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】ベイビーCLS?ぐっとスタイリッシュになったメルセデス・ベンツCLAがテスト中

| メルセデス・ベンツは一気にコンパクトクラスを拡充 | メルセデス・ベンツはAMGクラスはじめコンパクトクラスのモデルチェンジを積極的に進めていますが、今回は「CLA」とみられるプロトタイプが目撃に ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデスAMG「CLS53」発表。AMGの新基準、新型直6+マイルドハイブリッドにて456馬力

| 新エンジン+マイルドハイブリッドで”53” | メルセデス・ベンツが「メルセデスAMG CLS53 4Matic+」を発表。 メルセデス・ベンツCLSそのものは第三世代となり、2017年末に公開さ ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

新型メルセデス・ベンツCLSの欧州価格が発表に。CLS350dは910万円~、オプションも多数用意

メルセデス・ベンツCLSの納車は2018年春から メルセデス・ベンツが発表したばかりのニューモデル、CLSについて本国(欧州)での価格を発表。 これによるとグレードは「CLS 350d 4Matic」 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツCLS登場。「デザイナーであれば誰もが夢見る完璧なプロポーション」

どこからどう見ても「メルセデス・ベンツCLS」と言えるアイデンテティを持っている メルセデス・ベンツが予定通り新型CLSを公開。 サイドウインドウのグラフィックは明らかに「CLS」であることを主張して ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツCLSのティーザー画像第二弾。今回はインテリアの怪しいライティング

エアコン吹き出し口までもが光る メルセデス・ベンツが昨日の「外装」に続き、今度は新型CLSの「インテリア」におけるティーザー画像を公開。 これを見ると、メインのメーターからセンターコンソールまでずっと ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが消滅するCLSに「ファイナルエディション」設定

メルセデス・ベンツが2010年に発売されたW128 CLSにファイナル・エディション(4ドア、クーペ両方)を設定。 流麗なクーペスタイルを持つセダンとシューティングブレークということで人気を博しました ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

これは珍しい。グリーンのメルセデス・ベンツCLS 63 AMG

かなり珍しい、グリーンのボディカラーを身にまとうメルセデス・ベンツCLS 63 AMGシューティングブレーク。 近代のメルセデス・ベンツ(過去でも?)において明るいグリーンは非常に珍しいと思いますが、 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.