>三菱(MITSUBISHI)

三菱「ランサーエボリューション」復活のウワサ。ニュルFF最速たるメガーヌR.S.のエンジンを搭載し、セダンボディ、4WD、341HPで登場か

| 三菱が日産に吸収された今、十分にその話はありうる | 三菱は「ランサーエボリューション」は2015年の”ファイナルエディション”をもって消滅していますが、その後ミツビシは「ランエボの復活はない」と ...

2019年5月の国内登録ランキング。RAV4が驚異の伸びを見せ7位、ヴェゼルがC-HRを初の逆転、マツダ3は初登場35位

| 日産は回復傾向なるも存在感を示せない | さて、2019年5月の国内自動車登録状況。4月は日産の上位ランカー(ノート、セレナ、エクストレイル)が軒並み大きくランクを下げるという珍しい事態となってい ...

【三菱コンセプトRA(2008)】2ドア、そして未来のランエボ。もしこのクルマが発売されていたら、スポーツカー市場を根本から覆していただろう

| ある意味で、このクルマは「先を行き過ぎていた | 三菱が2008年にデトロイト・モーターショー(North American International Auto Show=NAIAS)で発表した ...

国内市場に異変!2019/4月の販売にて、日産の販売数が半分以下の大幅減、逆にトヨタとスズキは順位を大きく上げる

| スバル、マツダはなかなか伸ばせない | さて、2019年4がつの国産車登録ランキング。先月、またこれまでの傾向に比べると大きくランキングが変動していて、トヨタ・プリウスが1位に、そして昨年来ずっと ...

三菱がパジェロの生産を2019年8月に終了、と発表。お求めやすい価格設定の「パジェロFINAL EDITION(4,530,600円)が700台限定で発売に

またひとつビッグネームが消滅 三菱「パジェロ」はひとつの時代を築いた名車ではありますが、ついに日本国内においてその販売が2019年8月をもって終了することに。三菱はパジェロの有終の美を飾る限定車として ...

2019年3月の国内乗用車登録ランキング。クラウンのランキングが下がらず、SUVは全般的に人気なるもエクストレイルが圏外に。なおデリカD5は前月の3倍が売れる

レクサスもかつてないほど順位を上げる。UX、ESといった廉価モデルが人気 toyota さて、2019年3月の国内自動車登録(販売)状況。上位はあまり変動はなく、しかしノートの強さが光る状態が続いてい ...

米自動車販売「長期在庫ランキング」公開。メーカーによって回転率に大きく差があり、健全性の差異も明確に

| フィアット・クライスラーグループは正直かなり危なそうだ | 先日、ミレニアルズはSUVよりも経済的なセダンを好むという統計が発表されていますが、それより「上」の世代は(子供がいることもあってか)S ...

2019年2月の国内販売実績。SUVの強さが際立ち、TOP10での占有率は30%に。マツダはランクインした5台のうち3台、レクサスは3台のうち2台がSUV

一方でミニバンの販売、ランキングは下落傾向 日本国内における、2019年1月の販売実績が公開に。相変わらず日産ノートがトップですが、2位のプリウスは53台差という販売を誇り、2019年はなんとか首位を ...

2019年1月の国産車登録。なんと日産は1-2フィニッシュ、トヨタの支配力が徐々に弱まる。一方レクサスは過去最多の3モデルがランクイン

日産、レクサスが過去最多レベルでランクイン。全体的に高価格帯のクルマが売れている? 2019年1月の国産車登録状況。輸入車と大きく変わるのは「昨年12月と、今年1月との差があまりない」といううこと。一 ...

日産が悲願の年間販売首位を「ノート」にて獲得!C-HRは前年比35%マイナスなど波乱の国内登録ランキング50位はこうなっている

日本自動車販売連合協会による、「2018年通年での自動車登録ランキング」が公開。これによると日産が「ノート」にて悲願のランキング一位を獲得しており、トヨタの努力虚しく首位を奪われることとなっています。 ...

2018年12月の国産車登録ランキング。レクサスUXがランクインするもSUV人気に陰りが見え、一方ルーミーなど「トールワゴン」が急成長

ミニバン・コンパクト勢強し。CX-5、CR-Vは先月比で半分に減少 日本自動車販売連合協会による、2018年12月の乗用車登録台数(車種別)が公開に。トヨタは日産ノートの独走を阻止すべくアクアの販売を ...

ランエボが復活するとこうなる!三菱が好きすぎるファクトリーがエクリプス顔の「ランサー・エディションR」を製作

あまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほど ポーランドのラリーカービルダー、Dytko Sportがカスタムカーとして「ランサー・エディションR」を製作。Dytko Sportは実際にランサー・ ...

アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R、スープラ、S2000の相場は1000万円オーバーが常識になりつつある状況について考えてみる

1年前は900万円、最近では1350万円。この先は? アメリカの中古車販売サイト、「Bring A Trailer」にて、80スープラが約1350万円で売買されるという事案が発生。今回の個体はレッド、 ...

2018年度自動車ブランド各種調査にてレクサスがブッチギリの一位。「カーナビ」などマイナー部門ですら首位を獲得し王座に君臨

品質、セールス、アフターサービス、魅力などすべてでトップ JDパワーが、日本国内にて行った自動車関連CS調査の結果を発表。その内容はかなり多岐にわたりますが、大きく分けると下記の通り。 自動車トータル ...

2019年にアメリカの「25年ルール」で輸出可能となるのはこの車!セリカGT-Four、GT-R V-Spec Ⅱなど7選

| すでに高値になってしまったクルマがさらに高値となる可能性も | アメリカには「25年ルール」というものがあり、これは「アメリカで新車販売されなかったクルマは、その後25年間アメリカに輸入はできない ...

2018年11月の国内自動車登録ランキング。ノートは首位陥落、地味に「ホンダ・シャトル」がチャート上昇中

| 2018年通年のナンバーワンは”アクア”で決まりそうだ | さて、2018年11月の国内登録状況が公開に。 先月までは「日産ノートが通年でも首位を獲得できるかどうか」が焦点で、つまり今年前半に見せ ...

新型三菱デリカD:5のグレード、ボディカラー、オプションはこうなっている

| 新型三菱デリカD:5はゴージャスにも、今までどおり「オフ車っぽい」カスタムでもOK | さて、衝撃的なルックスで登場した新型三菱デリカD:5。 標準仕様に加えて都市型モデル「アーバンギア(URBA ...

新型三菱デリカD:5発進!未来的&イカツいルックスでアルファード/ヴェルファイアを追撃

| デリカD:5が12年ぶりのビッグマイナーチェンジ、価格は385万円~425万円 | 三菱がロングセラーモデル、「デリカD:5」の新型を発表。 基本構造はそのままに大きく外観を変える「ビッグマイナー ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5