>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが新型クラウンのコンセプトモデル発表。2018年夏発売、スタイルはレクサスLSと同じクーペ風に

投稿日:

現実性の高いコンセプト。おそらくこのまま市販?

トヨタが「クラウン」のフルモデルチェンジ版を示唆する「クラウン・コンセプト(CROWN Concept)」を発表。
コンセプトモデルと言えども、ドアミラーやタイヤサイズを見る限り「市販モデルそのまま」と考えて良いかもしれません。
これは東京モーターショーにて展示されるもので、「走行性能の追求」と「コネクティッド技術の進化」の両輪で開発したコンセプトモデル、としています。

初代クラウンの誕生は1955年、新型クラウンは15代目

トヨタによると、今回の「クラウン・コンセプト」はクラウンの伝統と将来に求められる革新性の提案だとし、つまり「過去と未来」とを融合させたものということになりそうです。

なお、今回の新しいクラウンが登場すると「15代目」ということになりますが、発売は2018年夏頃の予定、とのこと。
「CROWN Concept」については以下の通り説明がなされています。

「Fun to Drive」を突き詰めた革新的な走行性能
将来のモビリティ社会においてもクルマを操る楽しさをお客様に提案するため、TNGA*2に基づきプラットフォームを一新するなどクルマをゼロから開発するとともに、ドイツのニュルブルクリンクでの走行テストを実施。意のままに操れるハンドリング性能に加え、低速域から高速域かつスムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない圧倒的な走行安定性を実現し、ドライバーに“走る歓び”と“安心”を提供する

「クラウン・コンセプト」のサイズは全長4910ミリ、全幅1800ミリ、全高1455ミリ。
現行モデルがそれぞれ4895/1800/1450ミリなので、「わずかに」大きくなることに(現行クラウンの長さが4.9メートルもあったのには驚き)。

クラウン・コンセプトのヘッドライト/テールランプの内部構造も複雑になり、ボディパネルのプレスラインも複雑になったことで力強さや上品さ、優雅さが増したようにも思えます。

なお、こちらは現行クラウン(アスリート)のフロント。
クラウン・コンセプトでは現行同様に大きなフロントグリルを持っているものの、バンパーのデザインが「上下二分割」風デザインとなることで大きく印象が変わることに。

crown

新型クラウンはレクサスLS風の「クーペ風」ルーフラインに

こちらはクラウン・コンセプトのサイドビュー。
グリルが大きく突き出し、現行世代のメルセデス・ベンツのような感じです。

20171004_01_02_s

現行クラウン。

crown2

クラウン・コンセプトを横から見て気づくのはリアウインドウのグラフィックが変わっていること。
既に発表されている「レクサスLS」と同じくCピラーにも小窓がある、つまりは「クーペ風」デザインになっていることがわかりますね。
↓こちらはレクサスLS

参考までにメルセデス・ベンツEクラス(オールテレーン)。
グリルが突き出ているのがわかります。

DSC02316

なおトヨタでは東京モーターショー特設サイトを公開。
1954年から現在に至るまでの様子や今回の出展車についての情報がありますが、今回公開された「クラウン・コンセプト」は展示車情報公開第一弾となり、「あと8台」謎の展示車が用意されていることも確認できますが、今後徐々に公開されてゆくのでしょうね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5