>ポルシェ(Porsche)

ゲンバラがポルシェ911ターボのチューンドカー「GTR 8XX Evo-R」公開。0-100キロ加速は驚愕の2.3秒

投稿日:2017/11/02 更新日:

|過激で知られるゲンバラが地味な外観のチューンドポルシェ911を発表|

0-100キロ加速はなんと2.3秒。911ターボS比-0.6秒

ゲンバラというとポルシェチューンのエキスパートであり、その過激なエアロで知られます。
そのゲンバラが今回チューンしたのがこのポルシェ911ターボですが、見た目が何とも(ゲンバラにしては)地味。
しかしながらその出力はハンパではなく、なんと870馬力を発生する、とのこと。
その名も「Gemballa GTR 8XX Evo-R BiTurbo」で、0-100キロ加速はなんと2.3秒。

最高速度においても「時速360キロ以上(911ターボSは330キロ)」という狂気じみたパフォーマンスを発揮。
この驚異的なパフォーマンスの発揮にはそれなりの手間がかかっており、エンジン本体だと強化コンロッドをエアフロー拡大による大型バルブを装着。
当然ターボも大型化し、エキゾーストシステムも「エキマニからマフラーエンドまで専用設計の」ハイフロー型へと変更しています。

↓エアクリーナーボックスや吸気パイプはカーボン製

gemballa-gtr-8xx-evo-r-biturbo (1)

もちろん吸気系もチューンされ、ECUも専用マップを持つものをアドオンしているとのことですが、この「アドオン」は最近の一つの流行で、ECU交換や書き換えを行わなくても「ポン付け」で一気に相当な馬力を上げることが出来るようになっています(Rcce Chipはこれに近い)。

なおチューニング費用については660万円ほどで、消して安価とは言えないものの、「世界最速」クラスの加速性能(ブガッティ・シロンよりも速い!)が手に入るのであれば「安い」と言えるのかもしれません。※テックアートの「GTストリートR」でも0-100加速は2.5秒

あわせて読みたいポルシェ911のチューン/ゲンバラ関連投稿

ゲンバラがポルシェ911のチューンに復帰。ジュネーブにて過激な新作を発表予定
【まとめ】911、パナメーラ、カレラGT・・・。ゲンバラのコンプリートカーを集めてみた
1000馬力にまでチューンされたポルシェ911GT3が販売中。なお改造費は8000万円
Edoコンペティションがポルシェ911ターボSをハードチューン。最高時速344キロ、0-100キロ加速2.7秒に
ユーチューバーがテックアート「GTストリートR」のレビュー公開。720馬力のチューンド911ターボ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5