ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

トヨタ「新型スープラはZ4とは異なるピュアスポーツ」←BMWはその反対を主張

投稿日:2018/03/10 更新日:

| トヨタとBMWとの主張は正反対 |

トップギアがトヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田 哲哉氏にインタビューしたところによると、「スープラ市販モデルのデビューは来年1月のデトロイト」「BMW製6気筒ターボエンジン搭載」、とのこと。
なお、新型スープラについては「今年のデトロイト・モーターショーで公開か」という噂があったものの、もし来年の同ショーで公開されたとなると、「1年遅れ」での公開ということに。

関連投稿
「GRスープラ・レーシング・コンセプト」見参。トヨタが正式にスープラ後継を示唆

トヨタ「新型スープラはBMWとの共通点が少ない」

面白いのは多田 哲哉氏(86の開発を主導したとして知られる)が「新型スープラはBMW Z4とは大きく異なる。BMW Z4はジェントルな性格だが、スープラはよりサーキットにフォーカスした性格だ」とのこと。

ただし面白いのはBMW側では全く逆の発言を行っていることで、BMWとしては「新型Z4はスープラとは違う。究極のハンドリングマシン」と語っています。
なお、新型トヨタ・スープラはBMW Z4の兄弟車になることが知られており、そしてその開発についてトヨタは「BMWに丸投げ」で、口を出したのは外観デザインと名称だけだ、とも。

正直どちらがどうなのかわかりませんが、度々目撃される新型スープラのスパイフォトについて、BMW Z4と一緒にいるところ、テストをサポートする車両がBMWばかりであることを考えるに、開発そのものをBMWが主導しているのは間違いないのかもしれません(ドアミラーなどのパーツもBMWと共通で、新型スープラは車自体のBMW濃度が高い)。

加えて多田 哲哉氏は「新型スープラとBMW Z4は皆が考えるほど共通点は多くない。スープラは本物のピュアスポーツカーだ。トヨタ86とスバルBRZのような関係とは異なる」としており、これについても、まだまだ明らかになる日は遠そうです。

あわせて読みたい新型スープラ関連投稿

新型トヨタ・スープラの新情報。「ベースは2リッターターボ」「8AT」「重量1496キロ」
【動画】新型トヨタ・スープラが雪上ドリフト。ほぼ市販モデルと思われ「意外と格好良い」ことが判明
次期BMW3シリーズ/新型Z4、新型スープラが並ぶ図。スープラの開発はBMW主導で行われている?
新型スープラがポルシェ・ケイマンをニュルで追いかけ回す動画。ドアミラーはBMWと同じ?
新型トヨタ・スープラ新情報。「MTある」「400馬力」「ハイブリッドはモデルライフ後半に追加」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5