>ポルシェ911関連

世界に一台の「ウイングレス」ポルシェ911カレラRS 2.7が放置されているのが発見。英国に運ばれレストアされることに

投稿日:

| なぜ放置されていたのかは不明 |

あの1973年製ポルシェ911 カレラRS 2.7、通称「ナナサンカレラ」がトリニダード・トバゴ共和国にて放置されている状態で発見され、レストアのため英国に運ばれることに。
今回公開された動画はクラシックポルシェのスペシャリストであるAutofarmによるものですが、「トリニダードに珍しいポルシェがある」と連絡を受けたところからこの物語がはじまることになります。
連絡とともに添付されていた写真を見ただけでは年式などが判明しないため希少性もわからず、しかしAutofarmのスタッフが現地に飛んで実車を確認し、そこでびっくりすることになるわけですね。

すでに新しいオーナーは決定済み

「ナナサンカレラ」自体はポルシェ911の歴史においても「もっとも重要」なモデルだともされますが、総生産台数は1,580台。
そのうち16台のみがこの「ロイヤル・パープル」にペイントされており、そのうちの7台が右ハンドル仕様で、さらにそのうちの一台のみが「リアウイング(ダックテール)レス」。
その「世界に一台」のナナサンカレラが今回トリニダードで発見された911ということになり、まさにこれは「奇跡」とも言えるレベル。

なおトリニダード・トバゴ共和国はカリブ海に浮かぶ「トリニダード島」と「トバゴ島」で構成される島国であり、南国の強烈な紫外線や島国ならではの潮風にさらされていたことを考えても「かなりいい」状態なのかもしれません。※トリニダード・トバゴ共和国はイギリス連邦加盟国なので右ハンドル

911rs3

なおシャシーナンバーは1576(全生産台数が1,590台なので、最終に近い)で、1976年当時はイギリス国内向けに販売。
その後にトリニダード・トバゴ共和国へと輸出されてアフターマーケット製のステアリングホイールやシート、911ターボ風のリアウイングが装着されることになり(オーナーはけっこう”走っていた”のかも)、その後は何らかの理由で「放置」され、その後冒頭に記載したようにAutofarmがこの存在を知った、という経緯となります。

なおAutofarmではこのナナサンカレラを「とrにダードRS」と名付けてフルレストアを行う予定。
今回はこの車両の紹介のみとなりますが、次回から全てのパーツを外し、本格的にレストアを開始する、と予告しています。

911rs2

あわせて読みたい、ナナサンカレラ関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5