■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

ヘッドライトは「リトラクタブル」!デ・トマソ・パンテーラ現代版、”パンサー”のプロトタイプが公開

投稿日:2018/08/14 更新日:

| プロジェクト・パンサーの開発は滞りなく進行中 |

かの名車「デ・トマソ・パンテーラ」を現代に蘇らせるとした「プロジェクト・パンサー」ですが、そのプロトタイプが公開に。
画像はプロジェクト・パンサーを主導するアレス・デザインが公開したもので、これはランボルギーニ・ウラカンをベースとし、カーボン製のボディにリトラクタブル・ヘッドライトを持つスーパーカー(車検証上は”ランボルギーニ”となる)。

エンジンはウラカンに搭載される5.2リッターV10を使用するものの、出力は610馬力から650馬力へとパワーアップ。
現時点でパフォーマンスについての言及はなく、しかしこのパワーアップの恩恵にて、ウラカンの「0-100キロ加速3.2秒、最高速度325km/h」より速くなるのは確実だと言えそうです(トランスミッションも改良を受けると言われる)。

プロジェクトを主導するのは元フェラーリ副社長

アレス・デザインはフェラーリの副社長、そしてロータスCEOを歴任したダニ・バハー(バハール)氏が立ち上げた会社で、ポジションとしては「コーチビルダー」。
なんらかのベース車両に独自の架装を施して販売することを主な業務としていますが、所在地はイタリア・モデナ。
つまりフェラーリの本拠地と同じだということで、周囲にランボルギーニ、マセラティといったメーカー、パガーニもあり、つまりそういったメーカーに納入するサプライヤーも豊富にある土地だということで、人材やパーツ供給上の利点を考慮した立地の選択だと思われます。

pantera3

これまでにも「ポルシェ911タルガをGT3RS化」したり、「フェラーリGTC4ルッソを1970年代風フェラーリっぽく改造したり」、そのほかにもランドローバー・ディフェンダー、メルセデス・ベンツGクラス、シボレー・コルベットといった幅広いクルマをカスタムしていますね。

pantera2

今回の「パンサー」については21台のみの限定で、価格は5500万円くらいだとされており、アレス・デザインによると外観は「過去の伝統と現代の最新デザインとの融合」。

pantera4

すでにお披露目会では実車(プロトタイプ)が公開されており、市販モデルもこの外観に準じるものとなりそうですね(ドアミラー形状など、ちょっとした差異はある)。

あわせて読みたい、プロジェクト・パンサー関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >その他イタリア車
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5