>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが「F1」の認定制度を開始。第一号は日本で8年間戦った「R25」F1 GTRロングテール

投稿日:

| マクラーレンが”F1”の認定プログラムをスタート |

マクラーレンのカスタム部門、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が新しく「(ロードカーの)F1」向けの保証(認定)サービスを開始。
ただしこれはいわゆる「壊れたときの」保証ではなく、その車体がマクラーレンの純正パーツで構成され、マクラーレンの定める品質を持つかどうかを”鑑定”し、その結果を保証する、というものに近そう(フェラーリ”クラシケ”の認定に近い?もちろん必要があれば修理し、その保証を行う)。

これでさらなる高値が記録されるように?

そして今回、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズが公開した「認定第一号」は1997年製の”25R”F1 GTR ロングテールで、MSOにてフルレストアされたもの。

マクラーレンは今回の認定プログラムについて、「現在のオーナーと、将来のオーナーに対し、究極の心の平安をお届けする」と述べていますが、マクラーレンF1は近代のクルマにおいて「もっとも高値で取引される」一台。

落札価格大幅記録更新。マクラーレンF1が17億、ポルシェ917が16億、アストンDBR1が25億円

よって、オークションなどで購入したクルマの程度を保証してくれたり、マクラーレンの保証があることで「いっそうの」高値が期待されることになるものの、各自動車メーカーにとって、過去のクルマの価値を維持することはブランド価値を高めることにもつながり、今後は同様の動きが加速しそう。

5ab108a39cf03804f153db1c0782ad825f1d4ab6

今回マクラーレンが発表したものだと、確認する内容は、そのクルマの「来歴」「サービス記録」「レース参戦履歴」「走行記録」「状態」で、さらにはオリジナルのスペックを維持しているかどうかもチェック。
マクラーレンがなんらかのアップグレードを行い、もとのスペックから変更となる場合は、それらの記録も図解入りで残される、とのこと。
さらにこの保証プログラムはロードカーのみならずレーシングカーにも適用されるということも発表されています。

bbe587a39e8c70168c5a7e29973dcd64783fa315

この「25R」は3台のみが製作されたロングテールのうち一台で、1997年のル・マンに参戦し、その後日本に渡って8年もの間レースで戦った個体だとされています(最後のレースは2005年の富士スピードウェイ)。

f21dadea8c0dc83eff50bb903c836ac996b6de37

レストアにあたってオリジナルのコンディションに戻すのはもちろん、純正パーツを使用して補修を行っていますが、唯一「オリジナル」でないのはルーフ上にあるふたつのランプ(しかしそのまま公開されているということは、これも認定されたと考えて良さそう)。

627d07851f9b38a5fba9fec6c4be5e81a6c3bd31

マクラーレンF1 GTRは純然たるレーシングカーですが、そのインテリアやエンジンルームを見ても「美しい」のひとこと。

b40677cb844e715cf49aea410667f6da80352304

まさに機能美、といった感じですね。

7791e252e798ddebaaed45641e8ae5d4441fdff4

マクラーレンF1は維持にとんでもない費用がかかるクルマ

なお、マクラーレンF1はその価値もプライスレスですが、維持するのにも想像を絶する費用がかかるクルマ。
元オーナーの話によると、タイヤ交換を行った後はプロのドライバーを雇って走行させ、アライメント含む足回りの再設定を行う必要があったりするそうで、かつ定期点検の内容もマクラーレンの指定に従わねばならず、「乗らなくても年間600万円くらいかかる」とのこと。

マクラーレンF1の元オーナーが語る驚愕の維持費。「燃料関係の修理は5年に一回/1200万」「タイヤ570万」「乗らなくても年/600万」

マクラーレンは「F1」の価値を高めることを重要視しており、最近も「F1専用のサービスセンター」を開設した、とアナウンスしていますね(セキュリティのため、その場所は非公開)。

マクラーレンが「F1専用」整備工場をオープン。整備ごとに「本社送り」の必要がなくなり維持費が大幅ダウン

VIA:Autoclasiccs

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5