>アウディ(Audi) ■近況について

アウディのホテルショーへ行ってきた!新型A7スポーツバック、A8が展示中、試乗もOK

投稿日:

| 新型アウディA7スポーツバック、A8を見てきた |

さて、大阪はリッツカールトンホテルにて開催された新型アウディA7スポーツバック/A8内覧会、「The all-new Audi A8 /A7 Preview Day」へ。
先日A7スポーツバックは実際に見て試乗を行いましたが、新型A8を見るのは初めて。

ザ・リッツカールトン大阪はこういった自動車関係のフェアが開催されることが多く、フェラーリ、ポルシェも過去にここで開催したことがありますね。

なお、通常時は比較的空いていて停めやすい駐車場ですが、さすがにフェア開催時は来場客のクルマでびっしりと枠が埋まった状態です。

スーパーカーを停めやすい駐車場「ザ・リッツ・カールトン大阪」。ホテルのエントランス、地下ともに安全性高し

アウディA7はこんなクルマ

展示されていたのはA7だと「A7 Sportback 55 TFSI quattro」。
A8同様に「プロローグ・コンセプト」のデザインを取り入れており、新時代のアウディを象徴するクルマでもありますね。

a7-10

アウディによると、A7スポーツバックはそのブランドスローガン「Volsprung durch Technik」、日本語だと「技術による先進」に代表される美学が凝縮されたクルマとのこと。

【試乗:アウディA7スポーツバック】これはクルマの範疇を超え、”知的好奇心”を刺激する新しい乗り物だ!

はじめてA8とA7スポーツバックとが並んでいる姿を見ましたが、意外とA8とは違いがあるな、という印象。
なお、ドアについてはA7スポーツバックがサッシュレス、A8はサッシュ付き。

a7-7

A7スポーツバックはフロントフードに複雑なプレスラインが見られるものの、A8ではそれがサイドに見られる、といった感じです(”上面”と”側面”との差だと言える)。

なお、プレスラインについてはA7スポーツバックのそれは「曲線」、A8だと「直線」。

IMG_0338

リアフェンダーはこんな感じでマッシブ。
Aピラー、Cピラーにすらプレスラインが入ります。

a7

テールランプはこんな感じ。

IMG_0267

アウディA8はこんなクルマ

A8だと「A8 55 TFSI quattro」「A8 60 TFSI quattro」「A8 L 60 TFSI quattro」が展示。
やっぱりA7スポーツバックに比べると直線的ですね。

フロントからリアにまで「一直線」で入るラインが特徴(A7スポーツバックのプレスラインは意図的につながりが分断され、段差が設けられている)。

IMG_0293

テールランプやヘッドライトの内部構造もA7スポーツバックとA8でははかなり異なる印象。

IMG_0308

細部一つ一つを見てゆくと、A8のほうがちょっとづつ作りが凝っていて、高級感があるように思います。

IMG_0272

A8のフロントフードはこんな感じで、A7スポーツバックに比べると「すっきり」。

IMG_0341

ただし側面には「段差」ができるほどの鋭角なプレスライン入り。

IMG_0295

テールランプの「横一文字」はA7スポーツバックと共通しています。

IMG_0304

こちらはA8のインテリア。
A7スポーツバックに比べるとやはり高級感があり、センターコンソールもワイドな感じで、ドライバーオリエンテッドな印象も薄められていますね。

IMG_0283

メーターやインフォテイメントシステムはA7スポーツバックと同一。
なお、ドアインナーハンドルは「ちょっと引いただけ」でロックが解除され、つまりドアインナーハンドルにすらパワーアシストがあり、なにもかもが力を入れることなく操作できるようになっています。

IMG_0302

なお、画像でもわかる通りセンターコンソールはピアノブラック仕上げですが、指紋がベッタリ。
ここは気になる部分で、しかし頻繁に拭いているとすぐに磨き傷が入りそうだ、といらぬ心配をしてしまいます。

IMG_0291

後席を見ると、やはりA8は後ろに座るべきクルマだと感じますね。
もちろんマッサージ機能も内蔵。

IMG_0281

そのほかの画像はFacebookのアルバムに保存中です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5