>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

投稿日:2018/12/15 更新日:

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する

ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。
6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。
フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。

ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を占める「エンジン」が4100万円であるのはまだ納得できそうですね。

エンジン単体の需要はけっこうある?

なお、フェラーリはどんな状態であっても値打ちがあるのが特徴で、過去には「走行できない」ラ・フェラーリの開発プロトタイプが1億6000万円で落札されたことも。

フェラーリが「ラ・フェラーリの開発プロトタイプ」を競売へ。走行不能ながらも予想では1.6億

そのほか、走行できない「風洞実験用」の実物大模型が実車より高く予想落札価格として設定されたこともあり、とにかくフェラーリと名が付けばなんでも高額になってしまうというのが現状のようです。

珍品!フェラーリが風洞実験に使用した「走行できない」812スーパーファストが競売に

そのほか、過去には何度かフェラーリのV12エンジンがオークションに登場したことがありますが、やはりいずれも高値を記録しており、エンジンだけでもかなりな需要があるのかもしれません。

なんとラ・フェラーリの「エンジン単体」がオークションに。いったい「車体」はどうなった?

なお、エンジンの用途としては「ディスプレイ」というものがあるかと思われるものの、「スワップ」に使用するケースもありそう。
実際にこれまでもフェラーリのV8エンジンをスワップしたクルマも何度か登場していますし、ディーノにフェラーリF40のエンジンを押し込んでしまったフェラーリコレクターも存在。

【動画】エンジンはF40、ブレーキは360、MTは328から。純正パーツにこだわった「ディーノ・モンツァ3.6Evo」登場

エンツォフェラーリは399台のみが生産された希少なクルマであり、つまりはその車体はもちろんエンジンそのものも非常に価値があるということになりますが、そのエンジンを「使用せずに愛でるもよし」、そして希少なエンジンだからこそ「お気に入りのフェラーリにスワップする」のもよし、といったところかもしれません。

VIA:ebay

関連投稿

フェラーリV10エンジン単体がオークションに。最高で900万円の落札予想

フェラーリ F1 エンジン オークション

実際にフェラーリのF1マシン、F310Bに搭載されていたエンジンがオークションに登場予定。
ミハエル・シューマッハがドライブしていた時代のエンジンですが、5回の勝利を記録したもので730馬力を発生。
パーツはすべて揃うようですが実際に稼働するかどうかは今の所発表はなく、オークション開催までにはなんらかの公表があるのではと見られます。

なお予想落札価格は650万円〜900万円程度。

Ferrari-5

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5