>ポルシェ・ケイマン関連 ■ニュース

ポルシェ718ケイマンの燃費。「ポルシェでリッター12km」はけっこう意外?そうでもない?

投稿日:2018/12/24 更新日:

6,000キロ走って平均11.37km/リッター

さて、順調に走行距離を伸ばしているポルシェ718ケイマン。
8月末に納車されて以来すでに6,000キロくらいを走ってしまい、このままだとすぐに過走行になってしまいそう。
それはともかくとして気になる燃費ですが、ここまでの平均はリッター11.37キロ(満タン法による計測)。

最高だとリッター12.59キロ、最低だと9.23キロ、という数字です。
なお、オンボードコンピューターの平均値はリッター12.0キロを指しており、実測とけっこう近い数字を示しているようですね。

以前に乗っていた981ボクスターの平均燃費はリッターあたり11.16キロだった

ちなみに、以前に乗っていた981ボクスターの燃費は平均で11/.16km/リッター。
こちらは2.7リッター自然吸気フラットシックス、265馬力で、718ケイマンは2リッター水平対向4気筒ターボ、300馬力。

ポルシェは「燃費向上のないパワーアップは行わない」としているので、まさに981→718へのモデルチェンジについては、「燃費向上とパワーアップとを同時に果たした」と言えそうです。

L1050140

なお、同じく2リッター4気筒ターボエンジン(もちろん同じエンジン形式ではない)を積むアウディTT(8S)は所有期間通じての平均がリッター12.55キロだったので、718ケイマンより「けっこういい」数字。
加えてTTは駆動ロスの大きい4WD(クワトロ)だったことを考えると「かなり優秀」だと言えそうです。

この差はどこから来るのかと考えたりしますが、おそらくは「コースティング」。
アウディTTは高速走行中でもアクセルをオフにすると、すぐにクラッチを切ってコースティング(空走)に入ってエンジンへのガソリン供給を最小限に抑えるプログラムを採用していて、これがかなり効いていたようですね。

逆に718ケイマンではこのコースティングがほぼ使用されず、おそらくは「いったん回転数が落ちてしまうと、そこからの再加速時に(ターボの加給がかかるまで)時間がかかる」ということへの対策として、アクセルオフでもエンジン回転数を下げないようにガソリンを噴射し続けるという設定を持っているのですが、これが「燃費がアウディほど良くならない」理由だと思われます。

もちろんポルシェは燃費を云々する車ではなく、楽しく走れればそれでいいと考えているので、このポルシェの設定については異論はなく、おかげでどこからでもガツンと加速する走りを楽しめるのはありがたいところ。

L1050210

なお、ときどき718ケイマンの燃費を聞かれることがありますが、そういったときに「リッター12キロ」と答えると、「けっこう走るんだね」と驚かれることが大半。
あまり車に詳しくない人だと、「ポルシェ=燃費が悪い」という印象があるようで、この数字はちょっと”意外”であるようです。

L1050584

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ・ケイマン関連, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5