>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >韓国の自動車メーカー

【動画】シビック・タイプRとヴェロスターNとの比較レビュー。「よほど腕がないと両車の差は感じられない」

投稿日:

いやいやそんなわけはないだろう、と信じたい

評価サイト、ケリー・ブルーブック(Kelley Blue Book)がヒュンダイ・ヴェロスターのハイパフォーマンスモデル、「ヴェロスターN」と我らがホンダ・シビック・タイプRとを比較するレビュー動画を公開。

ヒュンダイ「N」はヒュンダイのハイパフォーマンスブランドであり、ヒュンダイ本社所在地の住所(南陽)、そしてニュルブルクリンクの頭文字を取ったもの。
BMW「M」やメルセデス・ベンツの「AMG」と同じようなポジションで、そのブルーのボディカラーとレッドのアクセントが特徴となっています(ほかのボディカラーももちろん選べる)。

ヒュンダイ・ヴェロスターの評価は高い

なお、ヒュンダイ「N」からリリースされるモデルは「i30」に続いてこの「ヴェロスター」が2台目。

2019-hyundai-veloster-n-10

エクステリアではN専用バンパー、専用グリル、専用サイドスカート、ルーフスポイラー、リアディフューザー、デュアルエキゾーストパイプ を持ち、性能面だと コーナリング重視のサスペンションジオメトリ、強化されたストラットブレース付きリアマルチリンクサスペンション、サーキット専用の「N」ドライビングモード、リミテッドスリップデフ(LSD)、大径ディスクブレーキ等が専用装備。

出力は272馬力、価格は27,785ドルという設定となっています。

対するホンダ・シビック・タイプRは306馬力、そして価格は35,700ドル。
つまりヴェロスターNとはかなり価格差があるということになりますが、2リッター4気筒ターボ、FF、6速MTというところはシビック・タイプR、ヴェロスターNともに共通しています。

どっちがどうなのヴェロスターNとシビック・タイプR?

今回複数のテスターにて評価を行っているものの、結論としてはシビック・タイプRのほうが「腕に覚えのあるドライバーには楽しいだろう」というもの。
裏返せばそれくらいでないと差がないということで、両者ともハンドリングが非常に優れる、としています(エキゾーストサウンドについてはヴェロスターNを高く評価している)。

ぼくは韓国車に対して懐疑的ではありますが、アメリカ人だと「日本と韓国」との区別がついていない場合や、その差を理解していない場合があると思われ、よってこういった評価では「色眼鏡」抜きなのかも。

2019-hyundai-veloster-n-46
▲ヴェロスターNのインテリアは「普通すぎる」ということで評価は高くない

それにしても各方面で高く評価されるヴェロスター、そしてヴェロスターNについては一度運転してみたいと考えていて、(日本では乗れそうにないので)どこか外国でレンタカーでも借りてみるか、と考えています。

それでは動画を見てみよう

こちらがヒュンダイ・ヴェロスターNとホンダ・シビック・タイプRとを比較レビューする動画、「Hyundai Veloster N vs Honda Civic Type R」。

VIA:Kelley Blue Book-Youtube

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >韓国の自動車メーカー
-, , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5