ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

【動画】ポルシェ史上、「もっとも音がデカい」車はコイツらだ!ジェットエンジンよりもデカい音が出る!

投稿日:2019/01/26 更新日:

さて、ポルシェが力を入れている動画シリーズ「TOP5」。
今回はポルシェ史上、もっとも音が大きいクルマの上位5モデルを紹介しています。

今回動画に登場するのはジャン・ピエール・クレーマー氏とベンジャミン・ マルジャナック氏。
サウンドレベルメーターを使用し、数値的に「どのポルシェのサウンドが最も大きいか」を計測しています。

ポルシェミュージアム内のクルマは動態保存が多い?

今回計測した場所はポルシェミュージアムですが、その「倉庫」内にあるクルマのエンジンを始動させてサウンドを計測。
動画撮影用に準備した車両もあるかもしれないものの、動態保存(いつでも動かせる)しているクルマが多いのかもしれませんね。

まず、ナンバー5はポルシェ911SCサファリ。

大人二人いれば、簡単に手で引っ張ってクルマを移動させることが可能。

「軽いな」
「そう、それがポルシェさ」

そしてエンジンを始動させ、思いっきりアクセルを踏んでサウンドを計測。
今回の測定にあたっては「アイドリング」ではなく回転数を上げた状態での計測なので、その意味でも見応えがあります。

「122.9デシベルだぜ」
「マジかよ、これで5位とはな」

そして4位はポルシェ911RSR(996)。

これは123.4デシベル。

「次行こうぜ」

ポルシェミュージアムのバックヤードにはこんな感じでプロトタイプ含むレアカーがずらり。
ミュージアムに展示されるクルマも希少なクルマばかりだと思いますが、ここにある「展示されていない」クルマもかなり面白そう。

「これ知ってるぜ」
「MP4だろ?」

1984年のF1マシンで、ポルシェが1500ccターボエンジンを供給していたものですね。

そして3位はポルシェ928「TRIGEMA」。

こちらは126.4デシベル。

そして2位はポルシェ804 FORMEL 1。
その名の通りフフォーミュラ1カーで、エンジンは1500ccフラット8、180馬力を誇ります。

さすがにデカい音を発生し、137.8デシベル。

そして1位はポルシェ911カレラRSRターボ2.1。

さすがに音が大きすぎ、両名ともヘッドホンを装着して耳を保護しながらの計測です。

「すげえ音だな!」
「え?何?何言ってるのか全然聞こえねえよ」

138.1デシベルを記録。
ちなみに120デシベルあたりで「ジェット機のエンジンの横」「聴覚障害を起こすレベル」とされているので、この138.1デシベルはもう「常軌を逸している」レベルだと言えそうですね。

ちなみにランボルギーニ・ウラカンのエンジン始動時の音(アクセルをふかしていない)でだいたい100デシベルくらい(これでも電車が通るガード下くらいの騒音レベルだとされる)です。

それでは動画を見てみよう

こちらがなかなかに見応えというか聞き応えのある動画、「ポルシェ史上もっともうるさいクルマの上位5台」。

こちらは一つ前に公開された動画、「ポルシェ919ハイブリッドの特徴5点」。

VIA:Porsche

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ポルシェ(Porsche)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5