>ミッションE/タイカン関連

アメリカでポルシェ・タイカンを購入すると充電が3年間タダ!日本はどうなる?

投稿日:2019/02/02 更新日:

ポルシェはアメリカにて、80億円を投じて充電器を設置予定

米国においてポルシェの新型EV、「タイカン」を購入するオーナーは、3年間の無制限「無料」充電サービスが付帯される、とのこと。

なお、テスラも販売当初は「無料」を掲げており(当時購入したオーナーは今でも無料)、その後充電については有料へと移行。
ポルシェ・タイカンの販売は好調であり、かつその多くはテスラからの乗り換えだと報じられますが、ポルシェはタイカンの生産「倍増」を決定したと報じられていて、ここでさらにタイカンの販売を推し進めたいのかもしれません。

アメリカには相当数の充電器を設置予定

現時点ではポルシェの用意する予定充電設備は(アメリカ国内で)ハイウェイ上に300基。
これは113キロごとに1基の計算なのでけっこう多い数字であり、かつ1基あたり5台までの充電が可能だとされています。

そのほか都市部にも180基を建設予定だとし、ポルシェとしてはここに相当な投資を行うということがわかりますね(アメリカだけで80億円くらいかかるらしい)。

さらにアメリカ国内の191を数えるポルシェディーラーも充電器を保有することになり、そのうち120拠点はポルシェ得意の超急速充電器「ポルシェ・ターボ・チャージング」を用意する、とのこと。

日本ではどうなるタイカンの充電方法?

なお、日本におけるタイカンは「2019年発売」とアナウンスされているものの価格やスペックは謎のまま(これは世界中で同じ状況ですが)。

やはりEVを販売するからには充電器を設置しなければならず、以前に(充電規格で)提携を発表したBMWやメルセデス・ベンツ、アウディ、フォルクスワーゲンあたりと共同にて充電器を設置することになりそうですが、充電器は高速道路や商業施設にも設置されるのか、それとも各ディーラー内のみにとどまるのかも現段階では不明。

ディーラー内に設置した場合、ポルシェセンターはいずれも駐車場がさほど広くないので様々な問題が起きそうですし、ディーラーの営業時間外や定休日には充電できないのかという問題も(これは日産や三菱でも同様の問題が出ている)。

そう考えるとEVというのはクルマそのものよりも充電インフラの方に課題があるとも考えられ、普及の成否は「そこ」にかかっているのかも。

実際に「充電の心配がない」日産ノートe-powerがここまでのヒットを記録したということは「多くの人が充電に不安を抱えている」ということになり、ここを解消しなければ状況は大きく変わらないのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ミッションE/タイカン関連
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5