>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

最大級のリアウイングを持つトヨタGRスープラが完成!フロント/サイド/リアにエアロも装着し抜かりなし

投稿日:

下回りにボリュームを持たせるのは日本のカスタムシーンからの影響?

アメリカのチューナー、オート・チューンド(Auto Tuned)が、トヨタGRスープラのカスタム&チューンを公開。
オーバーフェンダーの装着こそないものの、フロントアンダー、サイドアンダー、リアアンダーに大きなエアロパーツを装着し、トドメはリアの巨大ウイング。

なお、SEMA(ラスベガスにて開催されるアフターマーケットパーツのショー)の開催が近いということで各チューナーやショップが現在総力をあげてスープラをカスタムしているという状況ですが、今回のオート・チューンドもその一台ということになりそうです。

ローダウンにホイール交換でバランスを取る

やはりもっとも目を引くのはこのリアウイング。
高さ、幅ともにこれまで公開されているチューンド・スープラの中では「最大」クラスで、そのステーのゴツさも特筆モノ。
もちろん車高もガツンと落とされ、タイヤとホイールもツライチに。

a90-toyota-supra-by-auto-tuned

こちらはエアロパーツ装着前のスープラたち。
手前はノンエアロといえど車高が落とされており、ホイールもすでに交換済み。
奥のスープラは北米市場限定の「ローンチ・エディション」ですが、こちらも車高が落とされ、手前の「スポーク」とは異なって「メッシュ」ホイールが装着されています。

a

オートチューンドでは日本車のチューンを得意としているようで、スープラのほか、86やフェアレディZの姿も。
いずれもオーバーフェンダーはなく、しかし車高ダウンにちょっとしたエアロパーツという、「比較的敷居の低い」カスタム例を示してくれているようですね。

a3

こちらはトヨタ86。
フロントバンパーサイドやサイドシル、サイドアンダーにエアロパーツが装着され、リアウイングも。

a4

こちらはトヨタ・カローラ。
やはりフロントにサイド、リアにはスポイラーが装着されるといった「ライト」な仕様ですが、車高ダウンにホイール交換によって全体のバランスを取っているようですね。
これが「ノーマル車高」や「ノーマルホイール」だと、逆にエアロパーツを装着すればするほど”奇妙に”感じられると思われ、エアロパーツ装着時はホイール交換(ツライチに)、ローダウンは必須だと考えています。

a1

そのほか、SEMAにはこんなスープラも

そして今年のSEMAはまさに「スープラ祭り」となりそうですが、まずはパンデム/ロケットバニー製のエアロパーツ装着のスープラ。
現在まだ「製作中」ですが、完成すればもっともインパクトの強いスープラのうちの一台となりそうです。

s4

【動画】現在トヨタGRスープラにワイドボディ装着中のユーチューバー。完成するとこうなる?

そして80スープラ風のエアロパーツを装着したスープラも。
こちらもフロント、サイド、リアまわりにエアロパーツが追加されていますが、こういった手法は、GRスープラ発売時に発表された「TRD」製エアロの影響かも。
というのも、アメリカ市場ではあまりこういった「下回り」にエアロパーツを追加することが一般的ではなく、下回りにボリュームを集めるのは「日本で顕著な」カスタム手法でもあり、スープラが日本車ということを考慮して、またTRDに触発されてのことではないか、と考えるのですね。

そのデザインは80スープラ風!これまで公開された中でもっともイケてるGRスープラ用エアロパーツが登場

こちらは日本のアーティシャンスピリッツ。
オーバーフェンダーが装着されているものの、これは片側10ミリ以内という、(日本での)構造変更申請が不要な範囲に収められています。

日本から世界へ「GRスープラのエアロキット」発進!日本の法規に合わせた”合法オーバーフェンダー”もラインアップ

VIA:auto.tuned


この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5