>ランボルギーニのミニカーや小物 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

トミカ製ランボルギーニ・アヴェンタドール、そしてウルスを買ってみた!台座を取り付け自宅内の「ランボルギーニ・ミュージアム」へ保管する

更新日:

| ただしスケールは1/64ではないのでちょっとだけ他とはサイズ感に差異がある |

さて、先日紹介した「トミカ」のランボルギーニシリーズ。
さっそくアヴェンタドールSVJ、ウルスを購入してきたので紹介したいと思います。

なお、スケールはアヴェンタドールSVJが1/66、ウルスが1/68。
つまりこれまでぼくが集めていた京商そしてF-TOYZの1/64とはややサイズが異なる(ちょっと小さい)、ということですね。

今トミカが熱い!ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、マクラーレン・スピードテールほかスーパーカーのラインナップを拡大中

トミカNo.70 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJはこんな感じ

そうはいっても現状はトミカ以外にこれらモデルの類似サイズは存在せず(モデルカー化されていない)、よってトミカをぼくの「ランボルギーニ歴代車両コレクション」に追加することに。

まずはアヴェンタドールSVJですが、トミカであること、そしてその価格(495円)を考えると非常によくできていると断言してよく、シルエット、そしてディティールともまずまず。

L1190464

フロントバンパー内の複雑な造形、リアのグリルやディフューザーもしっかり再現されています。

L1190468

各パーツのカラーリングも実車とほぼ同様で、ディティールアップのために手を加える部分も少なく、アヴェンタドールSVJについてはルーバー部分のスミ入れを行ったくらい。

L1190484

トミカはそもそも、しばらく前までノンスケール(縮尺を決めていなかった)であり、しかしトミカは「スケール表示をはじめてから」シルエット、ディティール共にこだわり始めたことになり、年々その精密さを増しているように思います。

L1190462

なお、これは「通常盤」なのでボディカラーがグリーンですが、初回限定版は「ホワイト」そしてSVJ63仕様です。

L1190472

トミカNo. ランボルギーニ・ウルスはこんな感じ

そしてこちらはランボルギーニ・ウルス。
アヴェンタドールに比較するとスケールが小さいので「並べると相対的にウルスが小さく」見えます。

L1190481

こちらもやはり良くできていて、これまでのトミカとは思えないほどの完成度。

L1190474

とくにフロントバンパー内の精巧さは(ダイキャストにしては)秀逸です。

L1190475

ウルスにも墨入れ、そしてサイドスカットルの着色など「ちょっとだけ」ディティールアップ。

L1190483

トミカはこうやって保管する

そしてぼくはこんな感じでランボルギーニの歴代モデルを保管していますが、これらは上述の通り京商、エフトイズ製がメインで、一部オートアート製も。※それでも「350GT」など発売されていないモデルは揃っていない
これらをセルロイド製のケースに入れてコレクションケースに収めているということになり、今回購入したアヴェンタドールSVJ、ウルスもここへ収めることに。

L1190487

ただ、トミカには「台座」が付属していないので、京商のモデルについてきた台座を流用しますが、これに適当な厚さまで貼り合わせた両面テープを用いてトミカと台座とを固定。

L1190488

その後はセルロイド製のケース(ネットにて購入できる)に入れて保管準備完了。
あとはこれをコレクションケースに収めるのみですが、現在コレクションケースが「満車」になっていて入らないのでコレクションケースを手配している最中です。
他の画像はFacebookのアルバムにも保存中。

L1190490

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ランボルギーニのミニカーや小物, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウルス関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5