>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >スウェーデンの自動車メーカー ■自動車各社業績/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >その他アメリカ車 >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

2020年6月の輸入車登録状況。通年で昨対100%を維持したのは7ブランド、うち5つはスポーツカーメーカー、そして最も成長したのはフェラーリ

投稿日:

| やはり高級スポーツカーは不況下でも強かった |

さて、2020年6月の輸入車販売ランキング。

輸入車全体だと21,075台が登録され、これは前年比67.7%という数字です(1-6月累計だと113,485台で、前年比76.4%)。

思ったよりも販売を戻せなかったなという印象ですが(国産車だと2020年6月は前年比73.4%)、輸入車の場合は「本国で生産がなされず、売ろうにもタマがなかった」可能性もありそうですね。

2020年6月の輸入車登録台数はこうなっている

そこでまずは2020年6月の輸入車登録ランキング(順位は単月ではなく、今年の累計)はこんな感じです。

順位(累計)ブランド当月販売台数昨年同期比今年の累計昨年同期比
1メルセデス・ベンツ4,60974.6%24,97578.7%
2VW2,75257.5%17,98879.7%
3BMW3,22063.2%15,82067.4%
4アウディ1,82274.4%9,28582.1%
5MINI1,71463.0%8,47367.4%
6ボルボ1,15659.3%7,42780.1%
7ジープ1,15764.2%5,75593.6%
8プジョー81772.9%4,32479.9%
9ポルシェ80599.0%3,766116.3%
10ルノー52884.9%3,01178.3%
11フィアット49074.6%2,49676.8%
12シトロエン32579.3%1,949106.2%
13ランドローバー34464.9%1,85278.8%
14アバルト353109.6%1,25088.4%
15ジャガー20055.1%78039.7%
16アルファロメオ13753.1%69653.6%
17フェラーリ6758.3%548130.2%
18ランボルギーニ67101.5%410112.9%
19マセラティ9055.2%37760.1%
20DS6287.3%31695.8%
21キャデラック51127.5%247106.5%
22ベントレー67126.4%22180.1%
23ダッジ4387.8%18595.9%
24フォード3177.5%18092.8%
25ロータス18163.6%123124.2%
26スマート21.2%1188.3%
27マクラーレン1954.3%10756.0%
28アストンマーティン1661.5%9858.0%
29シボレー1530%9836.0%
30ロールスロイス23121.2%95100.0%
31アルピナ1659.3%8175.7%
32ヒュンダイ0-%9112.5%
33ブガッティ0-%1-%
累計12,43953.4%92,41078.7%

やはりプレミアムカーメーカーは強い

そして、ここで面白い現象がいくつかあり、まずは「スポーツカーメーカーが比較的強い」ということ。

現時点で、今年の累計販売が前年比100%に達している、もしくは超えているブランドとしては、ポルシェ(116.3%)、シトロエン(106.3%)、フェラーリ(130.2%)、ランボルギーニ(112.9%)、キャデラック(106.5%)、ロータス(124.2%)、ロールスロイス(100.0%)の7つのみ。

このうちシトロエンを除くと高価格帯もしくは「超」高価格帯ブランドであり、キャデラックとロールスロイスを除けば残りはみなスポーツカー。

ただ、高級車やスポーツカーメーカー全てが強いかというとそうでもなく、マセラティ(60.1%)、マクラーレン(56.0%)、アストンマーティン(58.0%)という例も。

ちなみに現段階で「もっとも成長している輸入車ブランド」はフェラーリであり、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のフェデリコ・バストレッリ氏が”日本の高級スポーツカー市場は世界最大”とコメントしたことも頷けます。

フェラーリ・ジャパン社長が語る!「ローマは日本市場ではこうやって売る」「日本の高級スポーツカー市場はアジア最大」

この記事のもくじ1 | 日本のフェラーリ販売台数は中国よりも多い |1.1 イメージは1950-1960年代のローマ1.2 そこへ折悪しくコロナが襲う | 日本のフェラーリ販売台数は中国よりも多い | ...

続きを見る

アメ車は悲喜こもごも

そしてもうひとつの面白い現象が「アメ車」。

ジープの人気が変わらないのは別として、日本から撤退したダッジの販売台数は1-6月累計で185台(前年比95.9%)、フォードの販売台数は180台(92.8%)。

一方で正規販売を続けているシボレーは98台(前年比36.0%)とふるわない状態です。

これについては様々な見方ができるかと思いますが、ダッジ(主にはチャージャーとチャレンジャーだと思われる)やフォード(マスタング)のように強いモデルを揃えていれば、たとえ(正規販売店がなく)購入しにくい環境であっても割と売れるんだな、という印象。

シボレー・カマロが2023年に販売終了という報道。マスタング、チャレンジャーに比べ「売れない」理由を考える

| なぜならカマロはもう「レトロ」じゃなくなったから | シボレー・カマロが2023年をもって販売終了になる、というウワサ。これについていくつかのメディアがGMに確認を取ったそうですが、GMはこれにつ ...

続きを見る

一方、シボレーは「カマロ」という比較的高い知名度と人気を持つモデルを持つものの販売が伸びず、これは単に現行カマロの魅力がそこまで高くない、ということなのかもしれません(米国でも同様の販売傾向がある)。

そう考えると、やはり輸入車は今でも嗜好品としての性格が強く、より趣味性の高いクルマのほうが「売れる」のかもしれず、やはり魅力ある製品は(たとえ高額でも、生活に不要なものだとしても)不況に強いということなのでしょうね。

なお、アメ車に関しては、いっそのことシボレーもキャデラックもダッジもジープもフォードも一緒に売るディーラーをオープンさせ、アメリカンな雰囲気のお店にしてハンバーガー店も併設したりするともっと売れそうだと思うものの、もちろん権利の関係で併売は難しく、なかなか世の中うまくいかないな、と考えたりします。

VIA:日本自動車輸入組合

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アウディ(Audi), >アストンマーティン(Astonmartin), >シボレー(CHEVROLET), >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >シトロエン/DS(CITROEN/DS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ジャガー(Jaguar), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), >スウェーデンの自動車メーカー, ■自動車各社業績/ランキング等, >フェラーリ(Ferrari), >ベントレー(Bentley), >ブガッティ(BUGATTI), >フォード(FORD), >スマート(SMART), >マクラーレン(McLaren), >マセラティ(Maserati), >その他アメリカ車, >プジョー(PEUGEOT), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ミニ(MINI), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロータス(Lotus), >その他ポルシェ関連/ニュース, >ロールスロイス(Rolls-Royce), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5