>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】17年間放置されていたフェラーリ・テスタロッサの存在が明らかに!ユーチューバーが修理にかかるコストを算出するも「割に合わない」

投稿日:

| 見た目はさほど傷んでなさそうだが、テスタロッサの価値自体がさほど高くないことが理由? |

さて、フェラーリのレストアに情熱を傾けるユーチューバー、ラタロッサ(Ratarossa)氏。

そのアカウント名自体も「テスタロッサをベースにしたラットロッド(ちょっとボロいホットロッド)」を作ったことに由来するのだそう。

つい先日も「サダム・フセインの息子が所有していた、しかし行方不明になっていたフェラーリF40」を追跡しその所在を突き止めていますが、今回はプエルトリコにて、17年間も放置されたフェラーリ・テスタロッサを紹介しています。

あの独裁者フセインの息子が所有していたフェラーリF40がついに見つかる!マフィアのもとでレストアされて元気に走っていた!!

この記事のもくじ1 | これほどの強運を持つフェラーリF40はほかにない |1.1 ウダイ・フセインのフェラーリF40はレストアされて生き残っていた1.1.1 どういった経緯かそのフェラーリF40はマ ...

続きを見る

ラタロッサ氏はこんな人

こちらがそのラタロッサ氏。

同氏が座っているのが「テスタロッサベースのラットロッド」です。

12

ルーフとリアセクションがズバっとカットされていることがわかりますね。

なお、テスタロッサには本来オープンが存在せず、その存在が公になっているのは「マイケル・ジャクソンがペプシのCMに出演するのにあわせて作られたワンオフモデル」のみ。

もちろんテスタロッサはオープンを前提にした設計がなされているわけではないので、オープン化に際しては相当な車体の強化が必要となりますが、ラタロッサ氏は「ベアシャーシ(何も付いていない)状態から」レストアがてらこのテスタロッサを作り上げています。

10

マイケル・ジャクソンのために作られた、フェラーリ・テスタロッサの「オープンモデル」が中古市場に登場

| まさに何でもアリだった80年代の象徴 | 1987年に放映された、マイケル・ジャクソンが出演するペプシのコマーシャルのためだけに「ワンオフで」製造されたフェラーリ・テスタロッサ・コンバーチブルが中 ...

続きを見る

そしてこちらがラタロッサ氏のガレージ。

360チャレンジ、308ほか合計4台のフェラーリが収まるという羨ましい状況です。

11

17年放置されていたにもかかわらずオーナーが判明

そして今回の「17年間放置されていたフェラーリ・テスタロッサ」について、幸運にもラタロッサ氏はそのオーナーを探し当てることに成功。

そのオーナーはこのフェラーリ・テスタロッサを新車で購入し、その後放置しながらも、所有権自体はずっと保持していた模様(意外とこういった人が多いが、ぼくは貧乏性なので、なぜ売らないのかといつも不思議に思う)。

8

17年ほったらかしだった割には、まだいいコンディションなのかも。

9

プエルトリコというとあまり治安が良くないように思えるものの、驚くべきことにエンジンはそのまま(盗まれずに)収まっており、ガラスも割られずにいたようですね。※エンジン始動を試みるも、当然ながらエンジンは始動しない

3

はたして「救い出す」価値はあるか?

そこでラタロッサ氏は「このフェラーリ・テスタロッサを買取り、レストアするだけの価値があるか」を検討開始。

ボディパネルについてはペイントの剥がれはあるものの、全てのパネルが揃い、かつ割れていない状態。

ただし日差しが強い地域ということもあってインテリアはすべて置き換える必要がある、と見積もることに。

ちなみにこのオーナーがラタロッサ氏に提示した売却金額は3万ドル(邦貨換算で約325万円)。

現在のテスタロッサの相場は(ちゃんと動く車両で)1300-1400万円くらいなので、それに比べると不動車だけに安いものの、輸送費、レストアにかかる費用を考えると、「結果的にペイできない」という判断を下しています。

4

なお、ラタロッサ氏は分解して販売することも考えたそうですが、現在のパーツ相場だと、「ちゃんと動くテスタロッサのエンジン」で230万円、リアフェンダーで90万円、ドアミラーで50万円、ステアリングホイールで23万円あたりが適正な価格となっていて、しかし今回のテスタロッサの場合、「パーツとして売るには程度が悪い」ために利益はほとんど出ないと結論づけ、今回のフェラーリ・テスタロッサについては「ノータッチ」と決めたようですね。※もし、このテスタロッサが同氏の地元である英国に所在していたならば、また話が異なってくる、とも

ただ、オーナーは17年経ってようやくこのクルマを修理することにしたようで、現在は別の場所に移動済み。

2

こちらがテスタロッサを動かした後の「堆積した泥」ですが、17年分の時間を感じさせます。

1

参照: RatarossaYouTube

これだけじゃない、放置されていたフェラーリたち

なお、世の中にはフェラーリが放置されている例が少なくはなく、過去には様々な「放置フェラーリ」が見つかっています。

こちらはオーナーが死去してしまい、そのまま放置されたフェラーリたち。

遺族が処分しそうなものですが、「そのまま」となっていたようですね。

テキサスにて、放置された11台の希少なフェラーリが発見される。オーナーが売却を試みるも売れないままに死去→その野ざらしに

| それにしても自宅敷地内にフェラーリを11台も放置できるとは | 貴重なフェラーリ11台が「野ざらし」の状態で発見され、「いったいなぜこんなことが」と話題に。2015年までのフェラーリが一箇所に集め ...

続きを見る

こちらは祖母のガレージからカウンタックとフェラーリ308GTSが出てきた例。

かつて祖父がスーパーカーのレンタル業を営んでいて、廃業した後にそのまま保管していた、とのこと。

祖母のガレージからカウンタックとフェラーリ308が出てきた。幸運な男性がその画像と物語を投稿

| 祖父のガレージからランボルギーニとフェラーリが出てきた | 画像掲示板、Redditにて、そのユーザーeriegin氏が「祖母のガレージで、20年以上の間、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ ...

続きを見る

13年間放置されていたF355も。

13年間放置されていたワンオーナーのフェラーリF355を偶然発見した男!フェラーリのスペシャリストに依頼してレストアを開始

この記事のもくじ1 | 希少な”ヴェルデ・シルバーストン”、そしてレーシングシート装着 |1.1 右ハンドル、マニュアル・トランスミッション1.2 フェラーリF355はこんなクルマ1.3 この記事を読 ...

続きを見る

こちらは有名な、日本で発見されたフェラーリ・デイトナ。

まさか日本で?納屋で発見された、世界に1台の特別なフェラーリ・デイトナ。1972年のカーグラ誌にも登場

製造わずか1,200台という希少なフェラーリ・デイトナ(365GTB/4)。 生産期間は1969-1973年で、デイトナ24時間で華麗な優勝を飾ったことからこの愛称で呼ばれている人気モデルですね(よっ ...

続きを見る

世にも奇怪な、住宅地の地面から出てきたディーノ。

フェラーリ・ディーノ史上もっとも「謎に満ちた個体」。住宅街の地面から偶然出てくるも再度行方不明に

| なぜ住宅街の地面に? | フェラーリ・ディーノは今年で50周年を迎えますが、そんなディーノのちょっとめずらしい話をここで紹介。 アメリカはロサンゼルスの住宅街の地面の下からディーノ246GTSが出 ...

続きを見る

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5