>フォード(FORD) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >中東の自動車メーカー

仕事早すぎ!中国自動車メーカーが早速「新型ブロンコのコピー”WEY P01”」を発表。このメーカーはBMWの合弁相手で次期ミニを中国で作る、とも

投稿日:

| 対中ビジネスは常にリスクと隣り合わせ |

さて、なにかとパクリで話題の中国ですが、今回はなんと発表されたばかりのフォード・ブロンコをコピーしたクルマが登場。

今回は日本人エンジニアを年収1000万円以上で募集したことで話題になった長城汽車の展開するブランド「WEY(中国語で、”やあ”という意味)」から登場するクルマ”P01”がブロンコそっくりだとして話題に。

ちなみにこの長城汽車は「SUVで世界一になる」という野望を掲げていることでも有名です。

年収1000-5000万円で日本人技術者を募集した中国・長城汽車。「ジープブランドを買いたい」

FCAに対し、「中国からの買収話が出ている」と報じられていますが、そこで出てきたいくつかの中国メーカーはこれを否定。 たとえばボルボやロータスを傘下に収める吉利汽車は「FCAに興味はない」とこのウワサ ...

続きを見る

そしてこの長城汽車は中国におけるBMWとの合弁相手であり、中国にて次世代ミニを製造する、とも言われていますね。

BMWが中国・長城汽車とミニのエレクトリックモデル現地生産で合意。ミニEVは中国製に

| BMWは早々と中国でのミニ生産を決断 | BMWが中国の長城汽車(Great Wall Motor)との間で、中国にてミニのエレクトリックモデルを生産することで合意し、契約書を締結したとの報道。 ...

続きを見る

それにしても仕事が早すぎる

こちらはWEY P01のヘッドライト。

サークル状発光グラフィックの「外、もしくは中」どちらかにバーがあるかという相違はあるものの、どう考えてもこれはブロンコを意識したものだと考えて良さそう。

wey-p01 (2)

こちらはフォード・ブロンコ。

2021-Ford-Bronco-Headlight-and-Grille-Teaser

WEY P01のリアはこんな感じ。

wey-p01 (1)

こちらはブロンコ。

もちろんWEY P01はブロンコのようなオフロード性能が与えられるわけではなく、「外観だけを似せたもの」だと思われるものの、ブロンコの発表早々、そしてこれだけ話題の車をここまで堂々とパクるのはちょっと驚き。

このスピードを見るに、ティーザー画像やリーク画像を見ながらP01のデザインを作成したのかもしれませんね。

Ford-Bronco-Features-15

新型フォード・ブロンコ発表!「取り外せるドア」「業界最大の35インチタイヤ」などフォードは本気を見せてきた!

この記事のもくじ1 | 見れば見るほど、細部に至るまでよく考えられたクルマだ |1.1 新型ブロンコは「トレイル・ツールボックス」1.2 新型ブロンコのドアや車体後部は簡単に取り外し可能1.3 新型ブ ...

続きを見る

中国の「パクリ」は各社ともに悩みの種

なお、中国では様々なパクリが存在し、特に有名なのはレンジローバー・イヴォークのコピー「ランドウインドX7」とポルシェ・マカンのコピー「SR9」。

レンジローバーはランドウインドに対して訴訟を起こすも、中国当局は「これはパクリではない」という驚愕の判決を下しており、今や各メーカーとも「打つ手なし」なのかも。

中国でイヴォークのコピー車「X7」大人気。なおレンジローバーは訴訟に破れ打つ手なし

中国の自動車メーカー、ランドウインド(Lamdwind)がレンジローバー・イヴォークのパクリ車「X7(価格はイヴォークの1/3)」を発売しましたが、驚くべきことにこれは「よく売れている」とのこと。 ラ ...

続きを見る

現在中国ではSUVの人気が高く、よってパクられるのもSUVのデザインばかりといった状況がありますが、とくにランドローバー/レンジローバーはその標的となりやすく、新型ディフェンダーについても「パクられる」ことを懸念しているようですね。

新型ランドローバー・ディフェンダーのデビューは2019年。デザイナーは中国によるコピーを懸念

この記事のもくじ 1 |新型ランドローバー・ディフェンダーの登場は2019年| 1.1 ランドローバーは中国によるコピーを懸念 1.2 合わせて読みたいランドローバー・ディフェンダー関連投稿 |新型ラ ...

続きを見る

ボクがずっと前に中国で見たトヨタ・スープラのパクリ車。今になってロータス/ボルボの親会社、Geelyが製造していた「BL」だと判明

| ちょっと前の中国は本当にパクリ車だらけ。中には本物と見分けがつかないクルマも | さて、Carwowが「中国史上、最悪なパクリ車」という動画を公開。その中に登場したのがトヨタ・スープラのコピーであ ...

続きを見る

新型ブロンコは北米で大人気

そして当の新型ブロンコについて、北米では人気がヒートアップしており、初回限定モデル「ファーストエディション」は1時間で売り切れた、という報道も。

なお、エンジンについては現在のところ直4とV6のみしか存在せず、すでに「V8へのコンバート」を宣言しているショップも登場しています。

そしてカーデザイナー、スケッチモンキー氏はより過激なブロンコ「ラプター」バージョンを大胆予想。

参照: 汽車乃家, Autoblog

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フォード(FORD), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >中東の自動車メーカー
-, , , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5