>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■近況について ■ニュース

トヨタ・メガウェブ「GR」コーナーを見てきた!やはりスワンネックウイングはコストがかかっていそうだ

投稿日:2020/08/15 更新日:

| なんとかモータースポーツが盛り上がればとは思うが |

さて、今回はトヨタ・メガウェブ内の「GR」そしてコンセプトカーを紹介したいと思います。

GR(Gazoo Racing)はメガウェブの一角に専用スペースを設けて陣取っているものの、いまひとつ人気はなく(ここだけ人がぜんぜんいなかった)、改めてスポーツカーやモータースポーツの人気が下火になったんだなというということを思い知らされますが、気を取り直して展示内容を紹介してみようと思います。

レーシングカーの迫力は市販車とはケタ外れ

まずはレクサスLFA。

L1250533

そしてGRスープラ。

L1250536

リアから見たレクサスLFA。

L1250540

GRスープラにはとんでもなく大きなリアディフューザー。

L1250547

レクサスLFAには「通常の」ステーを持つリアウイングが装着。

L1250542

GRスープラにはスワンネック。

スワンネックはウイング下部の乱流を防げるためにウイング面積を有効活用でき、その分ウイングを立てずともよく、より少ない空気抵抗でダウンフォースを得られる、とされています。

L1250559

ただ、ステーの上にウイングを載せるのではなく「吊り下げ式」となるため、ステーにかかる負担が大きく、そのぶんコストがかかる、とも言われますね。

そして実車を見るに、たしかに取り付け部はかなりガッチリと構成されているようです。

L1250553

ステー部のエッジはナイフのように研ぎ澄まされている!

L1250551

とにかく張り出しの大きなリアフェンダー。

L1250556

市販「GR」モデルも勢揃い

そして市販モデルも(一部が)取り揃えられ、まずはGRスープラ。

L1250600

GRヤリス。

L1250592

CーHR GRスポーツ。

L1250572

オプションの「GR」バッジが車体のあちこちに装着されています。

L1250580

カーボン製ナンバープレートフレーム。

L1250573

ぼくは今回はじめてC-HR GRスポーツの実車を見たのですが、テールパイプがあまりに突き出しているのにはびっくり。

L1250587

こちらはコペンGRスポーツ。

L1250561

コペンGRスポーツのテールパイプは「下向き」。

L1250564

ほかの画像はFacebookのアルバム「メガウェブGR編」にUPしています(77枚)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5