■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

凄いなコーンズ!アジア初の会員制滞在型サーキットを建設と発表。空調完備のパドックやスパも備えプロドライバーの個人レッスンも

投稿日:

| 会費は相当に高そうだが需要はかなりありそうだ |

フェラーリやランボルギーニ、ベントレー、ロールスロイス等の正規ディーラーを運営するコーンズがなんと「サーキットを建設中」と発表。

これはアジア初の会員制”ドライビングクラブ”であり、コーンズだけあってレストランやバーラウンジ、天然温泉、スイミングプール、スパを備えるほか、家族連れでも楽しめるようにファミリーラウンジや公園、ドッグラン、トレッキングコースも併設される、とのこと。

なお、宿泊施設は金谷ホテル観光グループとの共同開発となり、上質な滞在を期待できそうです。

名称は「THE MAGARIGAWA CLUB」

そしてこのドライビングクラブは「THE MAGARIGAWA CLUB」と命名されており、所在地は千葉県南房総市、開業は2022年末予定。

特徴としては下記のとおりにまとめることができます。

3

  • 都心から1時間のロケーション
  • 富士山と東京湾を望み、四季の感じられる立地
  • 「MAGARIGAWA」は建設地の地形・自然の特徴を表現
  • コースのデザインはF1サーキットのデザインの行う Tilke Engineers and Architects
  • 全長3.5キロ、直線800メートル、コーナー数22、上り20%、下り勾配16%、標高差250メートル
  • 空調完備のパドック(36台のピットインが可能)
  • 給油ステーション完備
  • 専属サービススタッフ駐在
  • プロドライバーによるプライベートレッスンも用意

なお、パドックについては「オーナーズパドック」も用意され、これは2台から4台まで駐車可能なプライベートパーキング、ダイニングスペースやリビング、テラスも備える、とのこと。

2

さらには車両を長期間保管できるガレージも用意されているとのことなので、公道走行ができない競技専用車両をここに保管しておく、ということも可能に。

もちろん温度や湿度の調節も行い、セキュリティや整備態勢も万全なので、安心して預けることができそうですね。

1

コースはこんな感じ。

Tilke Engineers&Architectsはこれまでに19ものF1サーキット、それらを含む80のサーキットを設計してきたそうですが、「あらゆるドライビングスキル」のドライバーが楽しめるようににデザインされている、とのこと。

直線は800メートルあるので、「ゼロヨン」加速も体験できそう。

一方コーンズからは「800馬力以上のスーパーカーを走らせる場所がどこにもない」という声に対する回答だ、とコメントされています。

002_o

アジア初ということで日本のみならず諸外国からの申込みが多数あると思われ、当初は相当な人気となるのかも。

会費については非公開なので「要問い合わせ」となりますが、どれくらいの費用感なのか気になるところですね。

参照:CORNS, The magarikawa Club

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5