>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ありそうでなかった!新型メルセデス・ベンツSLの予想CG登場。共同開発のAMG GTとどう差別化を図るのか

投稿日:

| 新型メルセデス・ベンツSLには「4シーター説」と「2シーター説」とがある |

さて、今まで登場しなかったのが不思議なくらいの「新型メルセデス・ベンツSL」の予想レンダリング。

現在のところ何度か新型メルセデス・ベンツSLのプロトタイプが目撃されており、本家メルセデス・ベンツからもそのテスト風景が(偽造つきで)公開されたばかり。

そして新型SLについては次期AMG GTと多くを共有するとされ、AMG主導にて開発がなされている、とも伝えられています。

新型AMG GTとSLとは被らない?

そこでちょっと気になるのが、新型メルセデスAMG GTと新型SLとの競合。

両者ともロングノーズを持つFRレイアウトのスポーツカーということになり、AMG GTにはクーペとオープンとが用意され、メルセデス・ベンツSLはオープン1本のみになると思われますが、とくにAMG GTロードスターとメルセデス・ベンツSLとは性格がかぶることになりそう。

さらに新型メルセデス・ベンツSLはこれまでの「リトラクタブルハードトップ」から、AMG GTロードスター同様の「布製トップ」へと変更されると言われているため、さらにオーバーラップする領域が大きそうです。

ちなみに現行AMG GTとメルセデス・ベンツSLとは設計上の共通性をほとんど持たないため、実際に乗ってみると大きくその性格が異なることもわかり、しかし新型AMG GTと新型メルセデス・ベンツSLについては「多くを共有」することになるため、乗り味も近いものとなるのかもしれません。

これからはメルセデス・ベンツとAMGとの乗り入れが更に強くなりそうだ

なお、同様の例としては「メルセデス・ベンツCLS」と「メルセデスAMG GT 4ドア」があって、これらもAMG主導による共同開発。

ただし出来上がってきたクルマは全く性質を持つもので、実際にメルセデス・ベンツも「両者は競合する関係にない」とも。

ちなみに「メルセデス・ベンツとAMG」とが共同にて新型車の共同開発を行うようになったのは比較的最近だと記憶していて、その諸端は現行Gクラス(これはフロントサスペンションのみだと言われる)だと認識しています。

2

1

そしてメルセデスAMGは「専売車種を増やしたい」と考えていると報じられ、しかしメルセデス・ベンツと(構造的)関連性のないクルマを作って売るのはビジネス上非常に困難であり、しかしこの困難を解決するための一つの手段が「メルセデス・ベンツとの共同開発」という免罪符なのかもしれません。※AMGは価格帯からしてそうそう台数が出るわけではないので、専用設計だとコストが高くなりすぎる

そうなると、今後メルセデスAMGは「自社専売モデル」を開発するため、メルセデス・ベンツとのさらなる共同開発に取り組む可能性を否定できず、今後の動向には注視を要する、ということになりそうです。

現時点では新型メルセデス・ベンツSLがどういった属性を持つクルマとなるのかはわかりませんが、これまでの情報を整理すると、「300SL」を彷彿とさせるようなピュアスポーツになるものと思われ、そうするとますますAMG GTと被るような気も。

それでも両者を「差別化」するとすれば、新型メルセデス・ベンツSLはあくまでもロードカーの範疇にとどまるスポーツ性を追求して快適性との両立をはかり、新型メルセデスAMG GTではサーキット走行をメインに考えたスポーツ性能を追求するのかもしれませんね。

なお、新型メルセデス・ベンツSLが「4シーター」であれば何ら問題はなく両者を隔てることができそうですが、「新型SLは2シーターなんじゃないか説」も一部で囁かれており、まだまだ悶々とする日々が続きそうです。

参照:Kolesa

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f