>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】GRスープラが「倍の価格」そして137馬力強力なレクサスLC500に加速で挑む!果たして勝者は?

投稿日:

| レクサスLC500は重くとも10速ATを備えている |

世の中には様々なドラッグレース対決が存在していますが、今回はかなり珍しいレクサスLC500とトヨタGRスープラとの勝負です(そもそも、LFA以外のレクサスがドラッグレースの場に出ることが珍しい)。

両者ともFR、そして同じトヨタということになるものの、レクサスは純粋な「トヨタ」、しかしGRスープラは「BMW」という差異もあり、意外と面白い組み合わせだともいえそうですね。

lexus-lc-supra

レクサスLC500はこんなスペックを持っている

まずはレクサスLC。

スポーツカーというよりは「ラグジュアリースポーツクーペ」であり、本来であればゼロヨンやサーキットは不似合いなクルマ。

しかしながらそのボディ剛性はレクサスLFAに並ぶといい、ハイパフォーマンスバージョン「LC F」のウワサが絶えなかったものの、コロナウイルスの影響にて、その計画が凍結されたという報道もなされています。


4

ただ、少し前にはフェイスリフト(マイナーチェンジ)を受けており、「走りの質を高めた」仕様へと変更されており、スポーティーさが増したといえそうです。

搭載されるエンジンは5リッターV8(自然吸気)477馬力、トランスミッションは10速AT、駆動方式はFR、そして車体重量は1950kg。

89

ちなみにこの個体は100台のみ限定にて発売された、「ノリ(海苔)グリーン」のボディカラーを持つ限定モデル”インスピレーションシリーズ”ですね。

価格はLC500 Sパッケージだと1450万円。

トヨタGRスープラはこんなスペックを持っている

そしてGRスープラはBMWと共同開発された車体にBMW製のB58エンジン(直6/3リッターターボ/340馬力)を持ち、トランスミッションは8速AT、駆動方式はFR、車体重量は1520kg。

価格はRZだと702万円に設定されています(つまり、レクサスLC500はスープラの倍の価格ということになる)。

1

実際に走ってみたらこうなった

そしてこちらが実際にレクサスLC500、トヨタGRスープラとが走ってみた結果。

まずは重量の軽いスープラの方がぐっと前に出ます。

5

その後まもなく、パワーそしてトランスミッションの効率性に優れる(ギアが細かく刻まれている)LC500がリードしているようにも見えますが・・・。

7

結果的には僅差にてGRスープラが先行してゴール。

なお、1本目ではローンチコントロール使用、2本目は不使用となっており、しかし結果は両方とも同じとなっています。

2

たしかにレクサスLC500は「重い」ものの、パワーやトランスミッションでの利点があり、かつパワーウエイトレシオでも有利。

よって「GRスープラに勝ってもいいはず」の勝負ではあるものの、2本とも負けてしまうということは、「トヨタとBMWとの車体設計技術の差」だと考えることもでき、それが正しいとなると、もし「GRスープラをトヨタが設計していたら」今ほどの速さを誇っていなかったかもしれませんね。

参照: Throttle House

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5