>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

メルセデス・ベンツがEクラスに、BMWが5シリーズに相次いで「中国専用ロング版」投入!5シリーズLはなんと7シリーズより長い車に

投稿日:

| 中国ではエグゼクティブクラスのクルマに「座布団みたいな枕」が欠かせないようだ |

さて、メルセデス・ベンツが北京モーターショーにてEクラスのロングバージョン、新型「EクラスL」を発表。

このEクラスLそのものはすでに中国へと投入されていたもので、今回の「新型EクラスL」では、一足先にフェイスリフト(マイナーチェンジ)を受けた標準ボディ版Eクラス同様に、前後バンパーやフロントグリル、ヘッドライトにテールランプが変更されています。

このEクラスLは、通常ボディに比較しホイールベースが121ミリ長く、その延長分はすべて後席スペースに振り分けられている、とのこと(後席スペースは140ミリ長くなっている)。

新型EクラスLはこんな仕様を持っている

新型メルセデス・ベンツEクラスLについて、搭載されるエンジンは1.5リッター4気筒(Eクラスに1.5リッターというのは衝撃的)184PS、そして2リッター4気筒/258PS。

前者は「E280L」というグレード名となり、0-100km/h加速は8.7秒、後者(E300L)では6.6秒。

これに加えてトップレンジとなる「E350L 4MATIC」(2リッター4気筒/299PS)もラインアップされ、こちらの0-100km/h加速は6.1秒だとアナウンスされています。

2021-Mercedes-E-Class-L-22

なお、中国では自動車の性能や「運転する楽しさ」は二の次であるようで、それよりも「広い室内」「大きな車体」が要求される傾向が強く、ここは欧米とは大きく異る部分かも。

ただ、クルマに「運転する楽しさ」を求めないぶん、そしてエンジンにこだわりがないぶん「EVに対する抵抗」が薄いようで、これが中国におけるEV普及を助けているのは間違いなさそう。

2021-Mercedes-E-Class-L-4

インテリアについては基本的に標準モデルと変わりはなく、12.3インチサイズのデジタルメーターに加え、12.3インチサイズのインフォテイメントシステムを装備。

より「広く」見せるために広角レンズを用いて撮影を行っているようですが、こういった特殊性も「中国ならでは」なのかもしれません。

2021-Mercedes-E-Class-L-5

アンビエントライトが標準装備となるほか、リアシートの快適性を極限まで高めており、センターには7インチサイズのタッチスクリーンが設けられています。

想定オーナーはこんな人?

そしてこちらは「こんな人に乗って欲しい」というオーナー像だと思われます。

2021-Mercedes-E-Class-L-19

想定オーナーその2。

中国では女性起業家、女性の富豪、女性スーパーカーオーナー比率が他の国に比して群を抜いて高いといい、このオーナー像は「現実に近い」のかも。

なお、リアの三角窓について、標準モデルだと「ドア側」にあるものが、ロングホイールベース版だと「車体(Cピラー)側」へと移動しているようですね。

価格については邦貨換算にて、667万円~995万円だとアナウンスされています。

2021-Mercedes-E-Class-L-20

BMWも5シリーズ”ロング”を発表

そして同じく北京モーターショーでは、メルセデス・ベンツEクラスLと真っ向からぶつかることになる「5シリーズ・ロング」も公開されています。

ただしこちらはホイールベースが31センチ延長され(EクラスLは12センチ)、これによって標準ボディの7シリーズよりも長いボディを得ることに。

bmw-5-series-lwb-beijing-livepics-1

展示車にはMスポーツ版エクステリア、そして製造を行うBMWとブリリアンスとの合弁企業名が漢字にて取り付けられています。

搭載されるエンジンは2リッターターボ(252PS)で、こちらのモデル名は350Li。

このほか、ハイブリッドモデルの「535Le(2リッターターボエンジン+シングルモーターにて292PS)」、「525Li(184PS)」もラインアップされる、とのこと。

bmw-5-series-lwb-beijing-livepics-2

インテリアについては最新の「BMWインテリジェント・パーソナルアシスタント」を備えるインフォテイメントシステム、「スカイラウンジ・パノラミックグラスルーフ」「リアシートエンターテイメント」が備わる模様。

bmw-5-series-lwb-beijing-livepics-6

中国の高級車の多くには、こういった「座布団みたいな枕」が装着されており、高い需要があることがわかるものの、ぼくはどうしてもこれに違和感を感じます。

なお、現時点ではこの「5シリーズロング」には5人乗りのみがラインアップされていますが、将来的には「4人乗り」の豪華仕様も投入されるようですね。

参照:CarNewsChina

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5