>フェラーリ(Ferrari) ■駄文(日々考えること) ■ニュース

【動画】フェラーリが「家族でキャッキャウフフ」なポルトフィーノMのプロモ動画を公開!この方向性の変化について考える

投稿日:

| これはある意味ボクにとって衝撃的な事実だ |

さて、フェラーリはポルトフィーノの改良版、「ポルトフィーノM」を発表していますが、今回はそのプロモーション動画を公開。

この内容が「これまでのフェラーリらしくない」もので、今後に向けての方向転換を図りつつあることを示唆するかのような仕上がりに。

具体的には「家族四人でドライブを楽しむ」というものですが、フェラーリがこういった「ファミリー」を強調することは非常に珍しく(”カップル”を登場させる例はこれまでにもあった)、フェラーリが多様化することを示しているのかもしれません。

フェラーリ「ポルトフィーノM」発表!新型8速DCT搭載、エンジンはローマ同様620馬力へ。なおポルトフィーノのライフはわずか3年

| よりアグレッシブに、より快適に | フェラーリがポルトフィーノの改良版、「ポルトフィーノM」を発表。フェラーリはおおよそ5年で改良モデルを発表する傾向にありますが、ポルトフィーノの場合は2017年 ...

続きを見る

フェラーリは「可能な限り多くの需要を狙う」

フェラーリはやや特殊な企業であり、通常の自動車メーカーであれば「販売台数を増やすこと」に重きをおいているものの、フェラーリの場合は「販売台数が増えると希少性が下がり、価値が希薄化する」ために台数を大きく増やすことができないという特殊な事情があります。

よって台数は微増に留めつつ、しかし利益を大きく獲得せねばならないという状況にあるわけですが、そのひとつがワンオフモデル、つまり”フォーリ・セリエ”であったりスペチアーレであったりするのかもしれません。

ただ、それらだけでは利益の増加に限界があり、よって今後発売が予定されるSUV「プロサングエ」といったこれまでにない方向への拡大も。

え?これがフェラーリ?同社初のSUV「プロサングエ」が市販ボディと思われる外装を身にまといテスト中

この記事のもくじ1 | ちょっと中途半端なクルマになってしまった感は否めない |1.1 プロサングエはSUVではなくGT1.2 その仕様はやっぱりフェラーリ1.3 合わせて読みたい、関連投稿 | ちょ ...

続きを見る

そしてSUVの投入に加え、ローマやポルトフィーノといった「GT系」の性格をよりマイルドにすることで幅広い客層にアピールするのでは、とぼくは考えているわけですね。

たとえば、これまではポルトフィーノ、そしてGTC4ルッソにおいても「スーパースポーツ」的な性格が強く反映されていたものの、そういった性格を薄めることにより、これまでフェラーリを購入しなかった層にアピールするのでは、ということ。

実際にカリフォルニアやポルトフィーノを購入する顧客の70%程度は「フェラーリを初めて購入する人」だと言われていますが、ローマも巻き込み、その傾向をさらに加速させるのではないかと考えています。

フェラーリ「ローマはいうなればイブニングドレスを着たF1マシン。そのルックスによって高級SUVやセダンのオーナーを取り込みたい」

この記事のもくじ1 | フェラーリはライフスタイル系モデル=GTラインナップの販売を増やしたい |1.1 フェラーリ・ローマは「イブニングドレスを着たF1マシン1.2 フェラーリは「GT」系の販売を増 ...

続きを見る

一方でV8ミドシップ、V12スーパースポーツについてはこれまで以上にスポーツ性を高め、つまりは「二極分化するんじゃないか」という可能性で、これまでは「モータースポーツを核としたブランディング」であったものを、一方では「よりモータースポーツに直結」した方向へと強化し、そしてもう一方では「モータースポーツ色をあまり感じさせない、よりライフスタイル寄りのラインアップ」を増やすことで販売の安定的増加、そしてリスクヘッジを図るのだろうと推測しています。

この背景には様々な思惑があるのだと思われ、いずれは人気を失ってしまうかもしれないF1、社会的に「悪」と見なされるようにようになるかもしれないスポーツカーに対しての危惧があるのかもしれません。

フェラーリのキー
手持ちのフェラーリ株を全部売ることにした。ボクは自動車とくにハイパフォーマンスカーの未来に悲観的だ

この記事のもくじ1 | ボクは自動車業界の未来は「明るくない」と考えている |1.1 これまでは「下がった時に買い増し」てきた1.2 エレクトリックカー時代のフェラーリは、今のようなフェラーリのポジシ ...

続きを見る

なお、この方向によく似た動きを見せているのはポルシェで、当初は911を核としたブランドイメージを形成していたものの、成長のためにボクスターを投入し、そしてカイエンといったSUV、さらにはパナメーラやマカンを投入した上、直近ではEVであるタイカンを発売。

一方で911GT2RSのようなハードコアモデルは「さらにスパルタンに」進化しており、ポルシェはブランドイメージを希薄化させることなく(ゼロではないと思うけれど)拡大を遂げたのかもしれません。

ただ、そのポルシェですら「将来、自動車ビジネスでは食えなくなる」という不安をあらわにしていますが、「自動車ビジネス以外」の利益だとフェラーリの方が(フェラーリワールド他、ライセンスビジネスにて)一歩先んじているようにも思います。

ポルシェ「将来は自動車を売るだけでは生き残れない。新たなビジネス、投資先を見つけなければ会社が成り立たない」

| ポルシェはもっとも成功している自動車メーカーのひとつだが、その危機感は強い | ポルシェの財務担当役員、ルッツ・メシュケ氏によれば、「今後、ポルシェは自動車を売るだけでは会社が成立しなくなるだろう ...

続きを見る

ポルトフィーノMのプロモーション動画はこうなっている

すっかり前置きが長くなってしまいましたが、こちらがポルトフィーノMの新しいプロモーション動画。

まずは(たぶん)ポルトフィーノにたたずむポルトフィーノM。

12

そこからルーフを開け放ち・・・。

8

オープン状態へ。

7

ドライブするのはカップルです。

5

ワインディングロードではドリフトも披露。

なお、フェラーリは「モータースポーツ直結」というバックボーンを持つため、タイムをロスするドリフトについては(ちょっと前まで)否定的であったものの、F8トリブート以降のプロモーション動画ではドリフトを見せる方向に転じるなど、「タイムのみを追求」から「走る楽しみ、操る楽しみ」を見せるようになったとも認識しています。

4

そのあとはキッズをピックアップして家族四人でドライブ。

11

楽しそうだ!

10

JUN
まさかフェラーリがこういった動画を公開する日が来るとは・・・!

9

そしてファミリーはビーチへ。

3

あわせて読みたい、関連投稿

フェラーリが新型車「ポルトフィーノM」のコンフィギュレーター公開!ボクはこんな仕様を選んでみた

| あまりに市場のポルトフィーノMに対する反応が静かすぎる | さて、先日突如として発表されたフェラーリのニューモデル、ポルトフィーノM。エンジン出力アップ、8速DCT採用、5ポジションのドライブモー ...

続きを見る

【動画】フェラーリがF8トリブート最新動画を公開。今までドリフトを押し出さなかったフェラーリが「ドリフト全開」のワケを考える

フェラーリだけではなく、マクラーレン、ランボルギーニも今や「ドリフト推し」だ フェラーリが最新モデル「F8トリブート」のプロモーション動画を追加で公開。これまでにもパフォーマンス、エアロダイナミクス等 ...

続きを見る

フェラーリのホームページに異変。「ベビーカーはこうやって載せる」

フェラーリは先日「GTC4ルッソT」を発表しましたが、そのウエブサイトはこれまでのフェラーリにはない充実ぶりとなっています。 これによると、その積載性を示すために「自転車」「サーフボード」「ギター」「 ...

続きを見る

参照:Ferrari

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5