>ランボルギーニ(Lamborghini) ■近況について ●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着した内装オプション!イメージは「ネオクラシックな(ちょっと前の)スーパーカー」

投稿日:2020/11/28 更新日:

| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着した内装オプションの総額は110万円くらい |

さて、納車されたランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのオプション、「内装編」。

参考までに、装着したオプションの合計金額は4,895,770円となっており、そのうちインテリアに投じたオプション費用はだいたい110万円くらい。

ここでその内容を紹介したいと思います。

L1280889

基本的な内装色はブラック(標準)

まず、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのインテリアに関するオプションには様々なものがありますが、インテリアのパターン(テーマ)としての大きな分類は下記の通り。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの内装パターン

  1. シンプルなレザー単色(ブラックとブラウンがある)
  2. スポーティーなEVOトリムレザー単色(アクセントカラーとしてオレンジ、イエロー、レッド、ブルー、ホワイト、グリーンなどが選べる)
  3. さらにEVOトリムレザーのツートン(ブラックと、オレンジ、イエロー、レッド、ブルー、ホワイト、グリーンなどとの組み合わせが選べる)
  4. スパルタンなEVOトリムのアルカンターラ単色
  5. EVOトリムのアルカンターラ仕様を「2トーンバージョン」にしたスポーティー版
  6. EVOトリムレザーをブラック基調のシートにしたシンプル版
  7. EVOトリムアルカンターラをブラック基調のシートにしたシンプル版
  8. エレガントな「中間色を採用した配色(えんじ、ベージュ、ブラウン、グレー、ネイビーなどのシック/ヴィンテージっぽいカラーが選べる=エレガンテ)」

参考ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは47色、ブレーキキャリパーは8色、インテリアにも豊富な選択肢

この記事のもくじ1 | ランボルギーニのオプションは年々増えてゆく |1.1 ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの外装はこういった選択肢がある1.2 ウラカンEVO RWDのインテリアはこうなって ...

続きを見る

イメージは「ネオクラシカルなスーパーカー風」

そして今回ぼくが選んだのは最もシンプルな「1.レザー単色(ブラック)」。

以前に乗っていたウラカンLP610-4の内装がホワイトだったことと比較すると「真逆」の選択肢でもありますが、今回のボディカラーはサーキット(レース)名にちなんだブルー・ル・マン、そしてこのカラーはディアブロに採用されていたことで知られるということもあり、「ちょっと前のスーパーカーっぽいシンプルさ」をイメージしてみたわけですね。

そこが「現代っぽく、オシャレなEVOトリム」を選ばなかった理由ですが、EVOトリムを選ばないと内装の一部がレザーにならなかったり、ピアノブラックにならなかったりする模様(注文した後で気づいた)。

ただしそういった部分は後でなんとでもなるので、基本の選択肢としてはこれで良かったと考えています。

L1280900

しまった!注文したランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの内装オプション見落としてた!!→まあいっか。自分でカスタムすることに

この記事のもくじ1 | ボクはいつも何かを見落としてしまう |1.1 ウラカンEVO RWDのインテリアのフィニッシュはウラカンEVOとは異なる1.2 何ごとも前向きに1.3 こんな記事も読まれていま ...

続きを見る

カラーステッチ 105,490円

ただ、内装が真っ黒のままだとちょっと味気ないということもあり、そこで選んだのがブレーキキャリパーと同じオレンジのステッチ。

これはシートやダッシュボード、メーターフード等に施されます。

最初は外装色同様にブルーステッチにしようかと考えたものの、「ブラックにブルー」はほぼ目立たないだろうと考えた末での「オレンジ」」です。

L1280901

オレンジシートベルト 188,430円

こちらもカラーステッチ同様にコントラストを強調する意味でのオレンジ。

シートベルトの機能はもちろん変わらず、色を変えるだけでこの価格というのはかなり高価だとは思うものの、乗車の都度手に触れ、目に入る部分なので満足度は高いだろうと考えています。

L1280903

センソナム 610,170円

これはいわゆるプレミアムオーディオで、10チャンネルアンプ+10スピーカー(ツイーター×4、ミッドレンジ×2、ミッドウーファー×2、ウーファー×2)という構成。

かなり高価ですが、のちにオーディオを入れ替えるとこれと同じくらいの金額がかかるので、最初に費用を投じておこうという判断です(以前に乗っていたガヤルド、ウラカンともにスピーカーを交換した)。

L1280893

ステアリングホイールはワンオフ品

なお、このイタリアンカラーのステアリングはランボルギーニ純正オプションでななくワンオフ品。

ランボルギーニ純正ステアリングを別途購入し、カラーやステッチ指定のうえで社外へと発注したものです。

L1280895

ちなみにステッチもイタリアンカラー。

L1280892

参考ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD用ステアリングホイールの張替えならびにキーカーバー作製完了!

この記事のもくじ1 | 今回はちょっとカラーリングを変えてみた |1.1 ウラカンEVO RWD用ステアリングホイールはこんな感じ1.2 ワンオフキーカバーはこんな感じ1.3 こんな記事も読まれていま ...

続きを見る

以前のウラカンLP610-4に装着していたステアリングホイールはこちら

そしてこちらは以前のウラカンLP610-4に装着していたステアリングホイール。

微妙に配色が異なりますが、以前のウラカンではステアリングホイールのスポークをホワイトにペイントしていたものの、今回は(標準仕様の)スポークがピアノブラックなので、ステアリングホイールのトップにホワイトを持ってきたわけですね。

なお、以前のステアリングホイールはステッチが「単色」。

L1170408

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5