>ポルシェ(Porsche) ■近況について

新型ポルシェ・パナメーラGTSを見てきた!さらにダイナミックに、そしてさらに911に近いたようだ。その価格1950万円ナリ

投稿日:2020/11/29 更新日:

ポルシェ・パナメーラGTS

| スポーティーさに加えて質感の高さにも磨きをかけたようだ |

さて、新型ポルシェ・パナメーラGTSを見にポルシェセンター北大阪さんへ。

展示車は「GTS」のイメージカラー、カーマインを身に纏う個体です。

なお、その価格は19,494,444円(オプション抜き)とかなり高価なクルマですね。

新型ポルシェ・パナメーラ発表!運動性能、デザイン、装備、質感、豪華さすべてが比類なきレベルに到達

この記事のもくじ1 | パナメーラ・ターボSの性能はスーパーカー顔負け。誰がセダンがここまでのパフォーマンスを発揮すると想像しただろうか |1.1 新型パナメーラは全域に渡り商品力が向上1.2 新型パ ...

続きを見る

そのパフォーマンスはピュアスポーツカー顔負け

新型パナメーラGTSに搭載されるエンジンは4リッターV8ターボ、そして出力は460馬力、最高速度は292km/hというパフォーマンスを誇ります。

なお、ターボエンジンには改良が施され、「より自然吸気エンジンに近い」フィーリングがもたらされている、とアナウンスされています。

新型ポルシェ・パナメーラGTSのエクステリアはこうなっている

ここで新型ポルシェ・パナメーラGTSのエクステリアを見てみたいと思いますが、全体的にダイナミックになったという印象。

とくにフロントバンパーの造形は力強く、左右のエアインテーク、フォグランプあたりはサルーンらしからぬ雰囲気を演出しています。

L1290124

ルーバーそしてデイタイムランニングランプ付近も高い質感を持っているようですね。

L1290126

ナンバープレートの台座はボディカラー同色。

L1290122

ヘッドライトのレンズはボディ形状に沿ったバブル形状。

L1290134

サイドギルはグロスブラック。

なお、フロントフェンダーとドアとの間にはラバー製のシールが採用されており、相当に静粛性に気を使っていることがわかります。

まだ新型パナメーラには乗ったことがないものの、フェイスリフト前のパナメーラを運転した限りでは「世界で最も静粛性に優れたサルーンのひとつ」という印象を持っており、新型パナメーラについてもさらなる静粛性そして快適性が期待できますね。

L1290141

サイドステップ下部は外に向かって張り出した形状。

これまでポルシェのサイドステップは「ボディ下部に向かって巻き込まれる」形状が通例であったものの、最近ではこういった”スカート形状”が採用されることも多いようです。

L1290140

ドアハンドル内側はグロスブラック。

L1290143

ドアミラー下部やウインドウモールもグロスブラック。

全体的にコントラストが強く、メリハリが効いた配色を持つようですね。

L1290142

ホイールはプラチナサテン。

センターキャップはこれまでとは大きく異なり、外周に「段差」が設けられてエンブレム(クレスト)からは取り外しのための「2つの穴」が消え去ることでずいぶん質感が高まったように思います。

なお、微妙に「ドーム状に」盛り上がっており、これもやはり高級感を感じさせる部分です(エンブレムの作りもこれまでより精巧になっているように見える)。

車高はかなり低くこの状態が「最低位置」なのだそう(エアサス採用)。

L1290137

参考ポルシェ・マカンのカスタム「ホイールセンターキャップ」。やはりボクはカラークレストを強く推したい

この記事のもくじ1 | 一度カラークレストセンターキャップを使用すると、もう後には戻れない |1.1 ちょっと仕上げは異なるけれど1.2 交換はこうやって行う1.3 ポルシェのエンブレムにはこういった ...

続きを見る

テールランプ内部は今まで複雑な形状を持つ模様。

L1290147

JUN
あの走り一徹のポルシェがここまでオシャレなクルマを作るとは・・・!

今回のフェイスリフトにて「左右連結型」テールランプが与えられていますが、これによって印象が一新され、「より911に近い」デザインを持つに至ったようですね。

L1290150

テールランプ形状は立体的。

L1290152

リアフェンダー形状はまさに「911」ライクですね。

L1290157

ポルシェはしばらく前までモデルごとの個性を強調する方向性を採用していたものの、最近では「911をコアに据えた」ブランディングを行っており、各モデルとも911にデザインが寄せられているようにも思います。

L1290159

新型ポルシェ・パナメーラのインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型ポルシェ・パナメーラGTSのインテリア。

アルカンターラとレザーとのコンビを持っており、スポーティーな雰囲気です。

L1290180

メーターは伝統の5連。

中央にタコメーター、左右にデジタル式ディスプレイを持っています。

L1290172

センターには巨大な液晶ディスプレイ、そしてトリムはブラックアルマイト仕上げのアルミニウム。

L1290168

スポーツクロノの文字盤も高級腕時計を思わせる精緻な仕上げを持っています。

L1290171

そのほかの画像はFacebookのアルバムに保存中。

新型パナメーラGTSの動画はこちら

あわせて読みたい、ポルシェ・パナメーラ関連投稿

【動画】新型ポルシェ・パナメーラ・ターボがニュルにて"エグゼクティブカー最速"の7:29を記録!ただしメルセデスAMG GT63には届かず

この記事のもくじ1 | 今後登場するであろうパナメーラ・ターボ”S”に期待するしかない |1.1 意外とメルセデス・ベンツはニュルブルクリンクでの上位常連1.2 こんな記事も読まれています | 今後登 ...

続きを見る

ポルシェデザインが新作腕時計発表!パナメーラの内装にインスパイアされた「スポーツクロノ・コレクション」

この記事のもくじ1 | 新型パナメーラに装着されるスポーツクロノの文字盤は「ポルシェデザイン仕様」 |1.1 スポーツクロノは迷ったら装着しておくべき1.2 新型ポルシェデザイン製腕時計はパナメーラの ...

続きを見る

ポルシェ911ターボSよりもパワフル!新型パナメーラ ターボS Eハイブリッドほか、パナメーラに新バリエーション追加

この記事のもくじ1 | パナメーラのハイブリッドモデルは欧州で高い人気を誇ることになりそうだ |1.1 その性能はスーパーカー並み1.2 セダンボディは「グランツーリスモ」に1.3 あわせて読みたい、 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5