>ポルシェ(Porsche) ■近況について

一瞬、新型911GT3かと思った!珍しい「エアロキット(95万円)」装着のポルシェ911カレラを見てきた

投稿日:

エアロキット装着のポルシェ911

| なかなかこのオプション装着のポルシェ911にお目にかかることはできない |

さて、ポルシェセンター北大阪さんに展示中のポルシェ911。

ただしこの911は「普通の」911ではなく、オプションのエアロキット(947,000円)が装着された珍しい個体です(ぼくはこれを初めて見た)。

一見すると「え?新型9111GT3?」と思ってしまったほどその印象が変わっていますが、ここでその内容を紹介してみたいと思います。

エアロキット装着のポルシェ911はこんな感じ

まずはフロントにつき、バンパーそのものが変更されることで、通常の911カレラの「横方向ルーバー」から991世代のGT3のような「ハの字」へ。

これだけでも随分イメージが変わるものだと思います。

L1290110

なお、ボディカラーは「ガーズレッド」。

996世代あたりまではよく見かけた色ですが、それ以降はかなり珍しい選択となってしまいましたね。

L1290098

フロントバンパー下部も(通常の)ブラックからボディ同色へ。

L1290097

フロントリップは前面に突き出ています。

L1290092

あいかわらずフロントフェンダーはグラマラス。

L1290100

サイドステップもエアロキット専用デザイン。

下半分はブラックのほか、ボディカラー同色も選択可能です。

L1290086

「Carrera」ホイールはサテンブラック仕上げ(198,000円のオプション)。

L1290087

「エアロキット装着」のリアセクションはスタンダードと大きく異なる

そして通常版911カレラと大きく異なるのがエアロキット装着911のリアセクション。

911GT3と見まごうばかりのリアウイングが特徴的ですね。

L1290116

ウイング表面はかなり複雑な形状を持っています。

L1290115

エンジンフード形状も大きく変更され、「全面で吸気」するかのような構造を持っています。

L1290106

エアロキットはダウンフォースのみではなく冷却性能も向上

ちょっとわかりにくいのですが、エアをガバっと取り入れることが可能(奥の方にインタークーラーが見える)。※992ではインタークーラーがエンジン上に移動している

なお、ポルシェセンターによると、エンジンをかけた瞬間、そしてアクセルをガバっと踏んだ時には大きな吸気音が聞こえる模様(よってエアクリーナーボックスの形状も変わっているのだと思われる)。※この車両はのちに試乗車へと回されるそうなので、実際に試してみようと思う

L1290071

なお、下部分は「ダッックテール」形状。

新型911GT3についても「上のウイングと下のダックテールにて、損失を最小限に抑えつつダウンフォースを強化した」と言われ、これが現時点での(エアロダイナミクスにおける)最適解なのかもしれませんね。

L1290108

リアバンパーの構造も変更

そしてこのエアロキットではリアバンパーの構造も変更され、ナンバープレート位置が「ちょっと上」に。

L1290079

そしてナンバープレート下からはエアを排出する構造を持っており、これはおそらくエンジンフードから取り入れたエアにてインタークーラーを冷却し、そのままここから排出するのだと思われます。

L1290076

リアバンパーサイドにもスリットが設けられ、ここからもエアが流れるようですね。

L1290074

エアロキットを装着したポルシェ911カレラの動画はこちら

そのほかの画像はFacebookのアルバムに保存中。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f