>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■車/バイクの試乗記、購入検討や比較 ■近況について

トヨタGRヤリスの見積もり取得!乗り出し価格は543万円、ホンダ・シビック・タイプRの548万円とほぼ同じ。いったいどちらを選ぶべきなのか

投稿日:

GRヤリスの見積もり

| リセールを考えるとホンダ・シビック・タイプR? |

さて、試乗したGRヤリスの見積もりを取得。

現在購入を検討しているのはホンダ・シビック・タイプR、そしてトヨタGRヤリス。

日常的に乗ることができ、かつ楽しいマニュアル・トランスミッション車、そしてリセールの高いクルマというくくりとなりますが、この2車に加えてミニクーパーSも候補として残っています。

ホンダ・シビック・タイプRとGRヤリスは全く異なる

そして実際にホンダ・シビック・タイプRとトヨタGRヤリスを乗り比べると全く異なるクルマということがわかり、しかし方向性は違えど両者とも劣らぬ魅力を持つのがまた困ったところです。

ぼくの印象としては、シビック・タイプRは電子制御が隅々まで行き届き、ドライバーよりもクルマが主役というイメージが強く、「乗る」よりも「乗せられている」というイメージ(そのおかげで誰でもその性能を引き出せるという感覚)。

【試乗:ホンダ シビック タイプR】この性能をここまで気軽に楽しめるスポーツカーは他にない!まさに新世代のタイプR

この記事のもくじ1 | そのハンドリング性能には驚いた |1.1 新型シビック・タイプRの外観はこうなっている1.2 新型シビック・タイプRに乗ってみよう1.2.1 シフトレバーの操作フィールは秀逸1 ...

続きを見る

一方のGRヤリスは非常にシンプルなクルマであり、クルマよりもドライバーが主役で、その性能を引き出すにはそれなりの腕前が必要だという印象も抱いています。

L1230519

GRヤリスの見積もりを取ってみた

そこで両者をさらに適切に比較するために見積もりを取得してみましたが、その内容は下記の通り。

なお、検討しているグレードは「RZ High Performance」一択。

最も高価ではあるものの、BBS製鍛造ホイールが装着されており、おそらくはリセールももっともいいグレードだと思われるためです。

トヨタGRヤリスの見積もり

GRヤリスRZ High Performance

車両本体価格 4,560,000円

自動車税 33,000円
環境性能割 118,000円
自動車重量税 36,900円
自賠責保険料 30,170円
OSS申請代行費用 27,060円
納車費用 9,680円
資金管理料 6,050円
検査登録法定費用 2,940円
車庫証明法定費用 2,700円
預かりリサイクル預託金 8,530円
メンテ費用 39,600円

(ここからオプション)
プラチナホワイトパールマイカ 33,000円
予防安全パッケージ 249,700円
シートヒーター+ステアリングヒーター 27,500円
TZドライブレコーダー 44,000円
GRフロアマット アドバンスト 33,000円
サイドバイザー 23,100円
ETC2.0ユニット 35,200円
T-CONNECTナビキット 114,400円

合計5,434,820円

見積もりの内容は奇しくもホンダ・シビック・タイプRと同じ

なお、このGRヤリスの見積もり金額「5,434,820円」というのは、先日取得したシビック・タイプRの「5,483,785円」とほぼ同じ。

シビック・タイプRとGRヤリスとの購入金額が同じというのはなんとなく意外ではありますね(シビック・タイプRのほうが高いという印象がある)。

完売したと言われるシビック・タイプR!実はまだ「ディーラーキープ枠」が存在し商談開始!取得した見積もりでは乗り出し548万円

この記事のもくじ1 | 実際の購入にあたってはクリアすべき障壁がいくつかある |1.1 「タイプR」はぼくにとってもひとつの夢1.2 ホンダ・シビック・タイプRを購入するチャンスは今しかない1.3 合 ...

続きを見る

ホンダ・シビック・タイプRとトヨタGRヤリスと「どちらがいい」?

そこで考えねばならないのが「シビック・タイプRとGRヤリスとのどちらを選ぶか」。

すぐに結論が出そうにはありませんが、シビック・タイプRについては供給台数が不明ではあるものの、世界中で品薄が続いており、一方のGRヤリスはホモロゲーション取得基準の25,000台には「ほど遠い」とも。

豪ではGRヤリスの限定台数が6日で完売!一方日本ではさほど好調と言う話を聞かず、「年間25,000台」のホモロゲーション取得条件をクリアできるのか

この記事のもくじ1 | ファーストエディションの予約状況は日本と欧州とあわせて6,000台と言われていたが |1.1 気になるのは日本での販売状況1.2 GRヤリスは一般人にはあまり気にならないなクル ...

続きを見る

こういった状況を鑑みるに、リセールはシビック・タイプRのほうが圧倒的にいいとも考えられ、シビック・タイプRを選ぶべきかとも思いますが、もう一つ考えねばならないのは「シビック・タイプRはモデル末期、GRヤリスは発売されたばかりのニューモデル」。

シビック・タイプR、GRヤリスともに今注文しても納車が来年3ー4月くらいになる予定ですが、その頃になると新型シビック・タイプRの話がそろそろ明確化しているものと思われ、「納車されたとたんに型落ち」となる可能性もあるわけですね。

合わせて読みたい、関連投稿

ホンダ・シビック・タイプR
日本では「シリアル1~10」のみが抽選のシビック・タイプRリミテッドエディション。豪州では最低でも37倍という抽選倍率に

この記事のもくじ1 | 日本だと11番~200番は抽選対象外 |1.1 あまりの購入希望の多さから「抽選」へ1.2 日本でのホンダ・シビック・タイプRリミテッドエディションの販売方法は?1.3 ホンダ ...

続きを見る

次期シビック・タイプRの予想レンダリング
えっ、もう公式画像がリーク?かなり「本物っぽい」新型シビック・タイプRの予想CGが公開される

この記事のもくじ1 | まだまだ実際はどうなるかわからないものの、「こうあってほしい」と思わせる |1.1 新型ホンダ・シビック・タイプRはこうなる?1.2 新型シビック・タイプRは「ガンダム風」?そ ...

続きを見る

ニュルブルクリンクを走るトヨタGRヤリス
【動画】ちょっと待って!GRヤリスがニュルブルクリンクを7:56で走行し、BMW M2、そしてNSX-Rとも肩を並べるタイムを記録する

この記事のもくじ1 | 価格やパワーを考えると、GRヤリスのタイムは驚異的 |2 走行したGRヤリスは購入したそのまんまの仕様2.1 7:56はニュルブルクリンクだとどれくらい?3 GRヤリスは試乗車 ...

続きを見る


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5