>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各社業績/ランキング等 >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU)

2020年通年での自動車メーカー別/車種別台数が公開!トヨタは初の「シェア50%」を超え、二番手のホンダ(11.85%)に大きく差をつける。年間首位はヤリス、日産は全車種で前年比マイナス

投稿日:

トヨタGRヤリスの販売状況

| ダイハツやスズキ、スバルといったトヨタの子会社、関連会社を含むと日本の自動車業界はトヨタに支配されていると考えていい |

さて、2020年12月の販売データとともに、2020年通年での数値も更新されており、ここでそれらを見てみたいと思います。

通年で1位を獲得したのはトヨタ・ヤリスで、これは2020年通年での販売がなされていないかったことを考えると驚くべき結果だと言えそうですね。

逆に「売れなかった」のはプリウス(12位、前年比53.6%)とアクア(14位、前年比57.4%)ですが、かつての上位常連モデルの見る影もない、という印象です(2021年はもっと下がりそうだ)。

その他こういった変動も

そのほか大きく動いているのはトヨタ・ハリアー(182.3%)、MAZDA2(253.9%)、CX-30(297.8%)、ジムニー(153.3%)といったところ。

ただしCX-30は直近で販売が目に見えて減っており、2021年には「負け組」に分類されるかもしれません。

逆に下がったところだとトヨタ・タンク(47.8%)、日産エクストレイル(55.6%)、トヨタ・ヴェルファイア(49.1%)、ホンダ・シャトル(54.1%)、マツダCX-8(60.3%)、日産リーフ(57.0%)といった面々。

日産は(ランキング中だと)前年より売れたクルマは何一つなく、まだまだ夜明けは遠いという感じですね。

2020年通年での国内自動車販売ランキングはこうなっている

今月の順位メーカー車名今月の販売台数前年比
1トヨタヤリス151,766-%
2トヨタライズ126,038759.2%
3トヨタカローラ118,276113.3%
4ホンダフィット98,210132.0%
5トヨタアルファード90,748132.1%
6トヨタルーミー87,24295.2%
7ホンダフリード76,28389.1%
8トヨタシエンタ72,68965.6%
9日産ノート72,20560.9%
10トヨタヴォクシー69,51779.0%
11日産セレナ68,64873.8%
12トヨタプリウス67,29753.6%
13トヨタハリアー66,067182.3%
14トヨタアクア59,54857.4%
15トヨタRAV454,848101.6%
16トヨタノア45,43486.2%
17スズキソリオ40,34290.7%
18スバルインプレッサ36,65883.7%
19トヨタタンク35,59147.8%
20ホンダステップワゴン34,44165.4%
21トヨタC-HR33,67660.5%
22トヨタパッソ32,96880.4%
23ホンダヴェゼル32,93158.9%
24ダイハツロッキー31,153399.0%
25マツダMAZDA228,368253.9%
26スズキスイフト28,10884.6%
27マツダCX-3027,006297.8%
28トヨタエスクァイア26,36862.1%
29トヨタランドクルーザー26,29692.3%
30マツダCX-524,22276.8%
31スバルフォレスター24,05674.3%
32トヨタクラウン22,17361.4%
33日産エクストレイル20,28055.6%
34ダイハツトール19,69973.7%
35マツダMAZDA319,21577.9%
36日産キックス18,326-%
37トヨタヴェルファイア18,00449.1%
38ホンダシャトル16,70354.1%
39スズキジムニーワゴン16,603153.3%
40スズキクロスビー15,54664.5%
41マツダCX-814,04760.3%
42スバルレヴォーグ12,11195.2%
43トヨタカムリ12,08562.9%
44日産リーフ11,28657.0%
45三菱デリカD511,15755.5%
46トヨタヴィッツ10,41912.8%
47ホンダオデッセイ9,71766.5%
48トヨタUX250h9,11663.3%
49トヨタハイエースワゴン8,67784.4%
50マツダCX-37,61777.0%

2020年の各自動車メーカー/ブランド別販売はこうなっている

そしてこちらは2020年における、軽自動車を除く乗用車販売実績。

全体では12.2%減少していますが、その中で唯一伸ばしたのがダイハツ。

これはロッキーの影響が大きいと思われ、そしてこのトヨタ版「ライズ」を製造していることを考慮するに、ダイハツの2020年はそうとうに「いい年だった」のかも(それだけの生産能力を持っていたということにも驚かされる)。

反面、三菱と日産にとってはかなり厳しい1年になったとも言えそうですね。

トヨタの軍門に下るしか生き残る道はない?

なお、ダイハツの例を見ても、販売力のあるトヨタにOEM供給を行うのは、その会社が生き残るのには「非常にいい方法」だとも考えられます。

つまり自社ブランドではさほど売る力がなくとも、代わりにトヨタが売ってくれるのであればということですね。

その意味だと、マツダが現在開発を進めている「直6エンジン」「FRプラットフォーム」についても、トヨタが「マツダができる範囲をゆうに超える」数量を販売してくれるものと思われ、マツダのブランド力強化につながらなくとも、収益改善、ひいては(そのお金をもって)魅力的な自社の製品開発に繋がる可能性もありそうです。

ブランド台数前年比シェア
ダイハツ55,984台128.4%2.26%
ホンダ293,800台82.2%11.85%
レクサス49,059台78.6%1.98%
マツダ130,601台85.7%5.24%
三菱27,489台59.1%1.11%
日産210,959台69.2%8.51%
スバル84,773台80.7%3.42%
スズキ107,238台87.9%4.33%
トヨタ1,264,064台95.1%50.99%
合計(その他含む)2,478,832台87.8%

参照:日本自動車販売協会連合

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f