ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか車関連のネタなど

え?最新鋭のレーダー探知機でもダメなん?検知不能な最新型移動式オービス「LSM-310」が稼働を開始し、ボクらを恐怖のどん底に陥れる

投稿日:

ランボルギーニ・ウラカンEVOのメーター

| レーダー探知機でも検知できない、見知らぬ場所では目視で発見できないとなるともう「お手上げ」 |

さて、「くるまのニュース」によると、レーザー対応型の最新レーダー探知機でも反応しない新型オービスが登場した、とのこと。

現在、オービスは一部で移動式(正式名称は「可搬式速度違反自動取締装置」)へと置き換えが進んでいて、このメリットは「持ち運びが容易で、どこにでも設置ができる」というもの。

少人数での設置や取締が可能であることに加え、本体がコンパクトなので「物陰に隠す」ように設置できるという特徴もあり、今後はこれを使用した取締が拡大するのは間違いなさそうです。※ただし警察官による悪用が問題となった

民間人を守る立場にある警察がノルマのため「速度違反データを捏造し」交通違反者を作り出していた!まさか警察が犯罪者を偽造するとは

| ウワサには聞いていたが、交通違反取り締まりノルマの厳しさは本当だったようだ |この記事のもくじ| ウワサには聞いていたが、交通違反取り締まりノルマの厳しさは本当だったようだ |新型オービスの悪用? ...

続きを見る

移動式オービスは二社が争っているらしい

なお、調べてみたところだと、移動式オービスは現在(日本では)二社が競合しているといい、1社はSensys Gatso Group、もう一社は日本の東京航空計器株式会社。

前者はMSSS、後者はLSM-300という製品をこれまでに納入していたようですが、今回LSM-300の後継機であるLSM-310が導入され始めている、とのこと。

LSM-300とLSM-310 tono相違は「高精度のカラーカメラ採用(証拠写真の判定が容易に)」「本体部を二分割化(運搬・設置が容易に)」。

計測方法は両者ともに同じ「スキャンレーザー」となっています。※仕様書の画像はMotor-fanより

ちなみに速度計測範囲については「40km/h~220km/h」となっているので、40km/h以下、220km/h以上では速度の計測ができない、ということになりそうですね。

big_3734112_202010221445220000001

LSM-310のレーザーは現行のレーダー探知機では受信できない?

ただ、仕様書を見てもぼくにはなんのことかサッパリで、重要なのは「これを検知できるのかどうか」。

結論から言うと「ほぼできない」と判断してよく、くるまのニュースの記載によれば、「設置場所を5往復、車線を変えて走ってみても警告音が鳴ったり鳴らなかったり、鳴ったとしても直前での反応」とのこと。

もちろんテストには最新の「レーザー対応」レーダー探知機を使用しているようですが、これにも反応しないとなると現時点ではお手上げということになりそうです。

なお、反応しない理由としては2つが考えられるとしていて、ひとつは「レーザーを発していない」。

ただしこれは警察へのヒアリングによって「レーザーを発している」というウラが撮れている模様。

そしてもう一つの理由は「レーザーの波長を変えている」。

つまりは現在のレーダー探知機の計測範囲を超える波長のレーザーを出しているということが想定されるようですね(もしくは、時々反応するのであれば、断続的にレーザーの波長を変えているか)。

L1290042

現在ぼくはレーザー対応のレーダー探知機、ユピテルGS203を(ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD、ポルシェ・マカンSともに)使用していますが、おそらくユピテル含むレーダー探知機製造メーカーはLSM-310対応のレーダー探知機を発売してくるはずで、「また買い換えないといけないのか・・・」という感じ

ただ、ぼく自身は安全運転を徹底していて(それはYoutubeに上げている動画からも理解してもらえると思う)、運転免許証もずっと「ゴールド」。

よって速度違反とは無縁の生活を送っているのですが、やはり転ばぬ先の杖ということで、レーダー探知機については、常に最新モデルを使用するようにしています。

合わせて読みたい、関連投稿

スゴいな移動式オービス!5月13日からの1週間、愛知のみで前年比+1500件となる2500件を速度超過にて検挙

| 愛知県警はアグレッシブな速度取締で知られる |この記事のもくじ| 愛知県警はアグレッシブな速度取締で知られる |移動式オービスは手に負えないなぜ移動式オービスは速度違反検挙率が高いのかこんな記事も ...

続きを見る

従来のレーダー探知機では検知不能な「移動式オービス」配備中!対策としてポルシェ718ケイマン用に最新レー探”ユピテルGS203”を買ってみた

| 速度超過取り締まりはどんどん高度化してくるな |この記事のもくじ| 速度超過取り締まりはどんどん高度化してくるな |移動式オービスとはなんぞやユピテルGS203はこんな感じこんな記事も読まれていま ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着するレーダー探知機を選定中。スペックではコムテック優位、ユピテルは唯一データ更新有料、セルスターには優位性が感じられず

| 性能に大きな差はなさそうだが液晶サイズ、データ更新には大きな差がある |この記事のもくじ| 性能に大きな差はなさそうだが液晶サイズ、データ更新には大きな差がある |コムテックZERO 807LVセ ...

続きを見る

参照:くるまのニュース, ドライバーWEB, Motor fan

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■そのほか車関連のネタなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5