>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】GRヤリスがエルクテストにてポルシェ911、GRスープラを超える驚愕の回避性能を見せる!その動きはメルセデスAMG GT R並み(以上?)

投稿日:2021/02/09 更新日:

トヨタGRヤリスのムーステスト(エルクテスト)動画

| さすがはGazoo Racing入魂のGR-4を持つだけのことはある |

さて、これまでにもGRスープラ/RAV4、テスラ・モデル3、マツダ・ロードスター/MX-30、スズキ・ジムニー、ポルシェ911/タイカンなど様々なクルマのエルクテスト(ムーステスト)を公開してきたKM77。

今回はGRヤリスのエルクテストの結果を公開していますが、さすがにトヨタの誇る4WDシステム「GR-4」を持つだけあり、非常に優秀な成績を残しています。

なお、ムーステストとはこういった感じで決まった感覚と幅とに並べられたパイロンを一定のスピードにて走行し、その回避性能を図るもの。

2021-02-07 20.23.59

ムーステスト(エルクテスト)とは?

このムーステスト(エルクテスト)とは欧州にて導入されるケースが多く、というのもムース(ヘラジカ)が路上に飛び出すことがそれだけ多いためだと思われます。

そして走行時にヘラジカ(体重800キロに及ぶこともあるので衝突すると相当な衝撃がある)が飛び出した場合にまずこれを回避し、回避したままだと崖に転落してしまうことがあるため、走行車線に復帰する必要があるわけですね。

一般的には時速77キロ走行時に(パイロンを倒さず)車線変更を行い、その後に元に戻ることができればOKだとされていますが、この77キロはけっこう高いハードルであり、たとえばトヨタRAV4は時速68キロで回避不能。

【動画】販売好調のトヨタRAV4がエルクテストにて失敗。”危険な動き”と判断されるもトヨタは反論

| 実際にこういったシーンに遭遇することは少ないと思われるので問題はなさそう | 日本市場のみならず世界にて大人気のトヨタRAV4。最近発売された新型車では異例の高セールスを誇り、発売から数ヶ月経過し ...

続きを見る

マツダMX-30だと時速75キロまで。

マツダMX-30のムーステスト
【動画】マツダMX-30のムーステスト結果!数字的にはCX-30と同じ、しかし姿勢は安定しているようだ

この記事のもくじ1 | 欧州版の「EV仕様」ということを鑑みるに、もうちょっと頑張って欲しかった感はある |2 ムーステストの結果は想像以上に販売に影響をもたらす2.1 トヨタにはムーステストの結果を ...

続きを見る

その反面、エレクトリックカーかつ4WDだと、重心の低さやモーターのトルクによってガソリン車の常識を覆す動きを見せ、ポルシェ・タイカン、テスラ・モデル3といったクルマは非常に高い回避性能を見せています。

【動画】ポルシェ・タイカンのエルクテスト結果は911以上!EVのほうがトルク配分や重心の点において有利?

この記事のもくじ1 | 今後、各自動車メーカーがEVの設計に慣れ、そのポテンシャルを最大限に引き出せるようになれば自動車の安全性は大きく変わることになりそうだ |1.1 ポルシェ・タイカン・ターボSの ...

続きを見る

トヨタGRヤリスでムーステストを走ったらこうなった

そこでGRヤリスにてムーステストを走った結果ですが、時速77キロだとわずかにパイロンに触れて2個を倒し、さらに復帰時に1個を倒すことに。

2021-02-07 20.24.11

ただ、それよりも上の時速80キロでは問題なくクリア。

2021-02-07 20.24.27

前から見ると速度感が希薄ですが、後ろから引いてみるとかなりの速度であることがわかります(冷静に考えると、時速80キロで急ハンドルを切るのはかなり怖い)。

021-02-07 20.24.52

81キロだとパイロン1個のみにヒットしていますが、その挙動は「クリア」といってもいいほどだと思います。

2021-02-07 20.25.07

ただ、時速83キロだと最初の回避で姿勢を崩してその後は持ち直すことができず、元の車線へと戻ることがかなわない状態です。

2021-02-07 20.25.17

ちなみにこの「81キロクリア」というのは相当な運動性能をということになり、たとえばメルセデスAMG GT Rもクリアできたのは81キロまで、ポルシェ911だと80キロまで。

GRスープラだと77キロもクリアできず、よってGRヤリスの運動性能について、エルクテストのみを見ると「ガソリン車では世界最高レベル」だと言っても過言ではなさそうです。

【動画】GRスープラのエルクテスト結果!挙動は安定しているが「可変レシオステアリング」がクルマを扱いにくくしているようだ

この記事のもくじ1 | ただし全体的に見ると悪くはない |1.1 ムーステストはこうやって行う1.2 実際にGRスープラでムーステストを走ったらこうなった1.3 ほかにはこんなクルマのエルクテスト結果 ...

続きを見る

GRヤリスがエルクテストを走る動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

【動画】スズキ・ジムニーのムーステスト動画。残念ながらいい成績を残せず「ハンドル操作にクルマが追いつかない」

本来は限られた用途に供されるクルマだったのに”売れすぎて”「一般性」が求められることに スズキ・ジムニーのムーステスト(エルクテスト)を行った動画が公開に。もちろんジムニーはハンドリングを云々するクル ...

続きを見る

トヨタGRヤリスに試乗
【試乗:GRヤリス】とにかく曲がる!曲がる!曲がる!トヨタの本気、WRC仕込みはダテじゃない!!

この記事のもくじ1 | こんなに曲がるクルマも珍しい |2 GRヤリスRZハイパーフォーマンスはこんなクルマ2.1 RZ"ハイパフォーマンス"は装備充実版3 GRヤリスに乗ってみよう3.1 そのエンジ ...

続きを見る

オーストラリアにて公開されたGRヤリスのTVCMが「レギュレーションに違反している」として放送禁止
【動画】どこが問題なのかわからん!豪州にてGRヤリスのコマーシャルが「危険運転を助長する」として放送禁止に

この記事のもくじ1 | ちなみに「ドリフト」「爆走」という2点が”引っかかった”模様 |1.1 「違反」と判断された動画の内容を見てみよう2 放映禁止となったGRヤリスのコマーシャル動画はこちら2.1 ...

続きを見る

参照:km77.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f