>テスラ(TESLA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能!文字通りガソリン車を駆逐する?

投稿日:2021/02/21 更新日:

テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能

| プレミアムカーに続き、コンパクトカーも制覇? |

さて、25,000ドル(日本円で約260万円)以下のピュアエレクトリックカーを発売するとして話題になったテスラ。

現在この新型車は「モデル2」と言われているようですが、その登場は思ったよりも早く、2022年には中国はもちろん北米でも販売されるのでは、と言われている模様。

現時点ではあくまでもウワサレベルでしか無いものの、2021年3月には上海ギガファクトリーにおける生産の認可が降り、2021年11月の広州モーターショーにてプロトタイプが公開される、とも。

中国で生産されるテスラ・モデル3
テスラが中国用として開発・生産する「260万円のニューモデル」を全世界で販売するとコメント。既存・新興メーカーにも対抗する構え

この記事のもくじ1 | テスラは他社に比較すると低価格競争に耐えうる体力を持っている |1.1 もちろん新型テスラの生産生産も中国にて1.2 EVはシェアの奪い合いではない2 テスラは知名度では一歩リ ...

続きを見る

テスラは2006年からこの計画を持っていた

なお、今回公開された動画によれば、テスラは2006年からこの「モデル2」の計画を持っていたとのこと(真偽はわからない)。

テスラは2008年にその第一号車「ロードスター」を発売していますが、今回の主張が正しければ「第一号車の発売に先駆けて普及価格帯までのロードマップを描いていた」ということに。

テスラ最初のクルマである「ロードスター」は約1000万円というプライスタグを抱え、しかもコンパクトなオープンそして2シーターというマニアックなクルマ。

当時はハイブリッドカー全盛であり、エレクトリックモデルと言うと「エコ」という認識、そしてクルマとしての楽しさ、その他様々なことを「あきらめ、我慢して」乗るのが当然だと思われていたわけですね。

そういった時代にオープン2シーターという衝撃的なパッケージングで登場したのが「テスラ・ロードスター」ということになり、その後2012年に登場したのが「モデルS」。

tesla6

こちらも1000万円クラスと高価なクルマではあるものの4ドアサルーンという一般的なパッケージングを持ち、居住空間や走行距離、なによりパフォーマンスも「ガソリン車よりも上」。

日産リーフ、三菱アイミーブ等の「節約志向」イメージの強いEVばかりであった中に「ラグジュアリーで、ガソリン車にできてこのクルマにできないことはなにもない」モデルSの登場はやはり衝撃的であり、その後にはSUVボディを持つモデルXを発売。

さらに2019年にはコンパクトで安価なモデル3を発売することになりますが、これまでの流れだと「小さい市場における高価な車(ロードスター)」→「大きな市場における高価な車(モデルS/モデルX)」→「大きな市場における安価なクルマ(モデル3/モデルY)」へとシフトしており、今回のモデル2については「大きな市場のさらに安価なクルマ」。

まずは高価な、そして特殊なクルマを発売することでインパクトを与え、徐々に「実利」を求めて普及価格帯に移行するという構想を2006年に持っていて、それを実現してきたのだとすると、まさに「恐るべしテスラ」ですね。※利益単価の縮小は「販売台数」でカバーするものと思われる

モデル2は200万円以下で購入可能?

なお、現在アメリカではバイデン大統領のもとEVの販売促進策が導入されることになるものと思われ、となると期待できるのが「購入補助金」。

動画によると、これを考慮すればモデル2が「200万円以下」で購入できるといい、となるともうこれは完全にガソリン車と競合するレベル。

北米ではガソリンエンジン搭載コンパクトカーの価格がおよそ150万円〜からだとされ、まだまだ50万円程度の開きはあるものの、ランニングコストの差、売却時の(テスラの)リセールの良さ等を考慮するに、十分にその差を埋めることができるのかもしれませんね。

参考までに、テスラは国内でのモデル3の価格を一部引き下げており、「スタンダードレンジプラス」だと429万円に。

しかしこちらにはクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金が適用されるため、実際には「389万円で」購入できるということになり、これは相当なインパクトがあると思います(そのほか、環境性能割等を考慮すると、同価格帯のガソリン車に比較すると安く買えるということになる)。

テスラ・モデル2が「200万円以下で購入できる」とする動画はこちら

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラの充電器(スーパーチャージャー)
株価が1年で7.4倍に達したテスラ!2020年の生産台数は目標「50万台」にわずかに届かない49万9550台だったと発表。ちなみにテスラのクルマは「全部ヒット作」でハズレなし

この記事のもくじ1 | 工場閉鎖期間を考慮すると、この数字は「目標達成」と言っていい |1.1 これからどうなるテスラ?2 まだまだテスラが伸びると考える他の理由も2.1 テスラは効率のいい会社3 テ ...

続きを見る

テスラ・モデル3
テスラが日本にてモデル3を最大156万円値下げ!国内同クラスでは価格あたり走行距離最長EVに。ただし生産地はアメリカから中国製へ

この記事のもくじ1 | テスラ・モデル3が日本で販売を伸ばせないのはその「販売方法」にあると思う |1.1 日本市場でのテスラの販売台数は?2 テスラ・モデル3のコストパフォーマンスはどれくらい?2. ...

続きを見る

テスラの充電器(スーパーチャージャー)
テスラが中国専売、「260万円の」ニューモデルを投入?成長著しい中国市場にて一気にシェアを獲得し40万台/年の販売を目論むとの報道

この記事のもくじ1 | テスラはあらゆる方面でライバルからの攻撃に備える |1.1 プラットフォームはモデル3から1.2 テスラは中国市場を重要視2 テスラは世界中で「ローカル化」を行う? | テスラ ...

続きを見る

参照:Andy Slye

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f