>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■プレスリリース

BMWが新型4シリーズ・カブリオレを発売!価格は641〜1089万円、BMWとして初のハンズフリー機能装備、iphoneをキー代わりに使用することも可能

投稿日:2021/03/01 更新日:

BMWが新型4シリーズ・カブリオレを発売!価格は641〜1089万円

| BMW M440i xDriveカブリオレは1000万円を突破 |

BMWジャパンが新型4シリーズに「カブリオレ」を追加。

今回発売されたのは「420i カブリオレ(641万円)」「420i カブリオレ M Sport(696万円)」「M440i xDrive カブリオレ(1089万円)」の3モデルです。

BMWのクルマはどんどん価格が上がっているという印象があり、M440i xDrive カブリオレはついに1000万円を超えてしまっており、相当に高価なクルマになったな、という印象ですね。

新型BMW 4シリーズ・カブリオレ発表!ソフトトップ採用にて「より優雅に、そしてより快適に」

| 今回のモデルチェンジでは、うまくクーペとの棲み分けを行ってきたようだ | さて、先日ティーザーキャンペーンの末にリーク→発表となったBMW M3/M4。そのインパクトも冷めやらぬ今、今回は「新型4 ...

続きを見る

BMW 4シリーズ カブリオレはこんなクルマ

新型BMW 4シリーズ カブリオレについて、BMWジャパンによるとその特徴は下記の通り。

安全機能・運転支援システムにおいても、BMW 4 シリーズ カブリオレは、最新世代へと進化している。BMW 4 シリーズ同様に、高性能 3 眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムが標準装備となり、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が装備され、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能となっている。

コネクティビティにおいても、BMW 4 シリーズ カブリオレは大幅な進化を遂げている。「OK, BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地の設定等が可能である。Apple CarPlay への対応、BMW コネクテッド・ドライブ標準装備により、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信する等、利便性を大幅に高めている。

また、車両のキーを持たずとも、iPhone をドア・ハンドルにかざすことで、車両のロック解除/施錠、さらには、エンジンの始動も可能である。

ビー・エム・ダブリュー・ジャパン

新型BMW 4シリーズ・カブリオレの特徴は?

新型BMW 4シリーズ・カブリオレのトップはこれまでの「リトラクタブルハードトップ」から「ソフトトップ」に。

これは軽量性、トップ格納時のトランク容量の確保、そしてエレガントな外観の演出を重視した結果だと言われています(ただしBMWジャパンからはその旨のアナウンスはない)。

そしてキドニーグリルが「バーチカル」になったことも外観における大きな特徴ですが、BMWジャパンによれば「1930年代に一世を風靡したBMW 328、1960年代に登場したBMW 1600やBMW 2002同様」の縦型デザインへ。

2021-02-28 21.44.54

リアだと立体的なL字シェイプの横長テールランプが印象的で、ライト周りがダーク仕上げとなることで精悍な印象となっています。

なお、ボディサイズは420iにて全長4,775ミリ、全幅1,850ミリ、全高1,395ミリ、車両重量1,710キロ。

021-02-28 21.45.40

新型BMW 4シリーズのパフォーマンスは?

420iに積まれるのは2リッター4気筒BMWツインパワーターボ(184PS)、そしてM440iには直6BMWツインパワーターの(387PS)。

なお、後者については0−100km/hパフォーマンス4.9秒という俊足ぶりを発揮します。

そしてダイナミックな走りを実現するためにサスペンション取り付け部やアンダーフレームを強化したほか、各部の補強も実施している、とのこと。

2021-02-28 21.44.31

その他にはこんな特徴も

新型BMW 4シリーズには日本国内ではBMW初の「ハンズ・オフ機能」を搭載し、高速道路での渋滞時において、「周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて」ステアリングから手を離しての走行が可能となります。

そのほか「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備し、こちらにはアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能が内包されます。

加えてパーキング・アシスタントとリバース・アシスト、3年間の主要メンテナンスが無償となるBMW サービス・インクルーシブ・プラスも付帯されています。

021-02-28 21.45.09

新型BMW 4シリーズ・カブリオレ発表記者会見の動画はこちら

JUN
車両登場時にはスモークを焚いたりしてけっこう大掛かりだった!

参照:BMW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■プレスリリース
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5