>三菱(MITSUBISHI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期ランサーエボリューションはこうなる?ちゃんとナンバーが「バンパー横」に取り付けられた秀逸な予想(希望)レンダリングが登場

投稿日:2021/04/10 更新日:

次期ランサーエボリューションはこうなる?ちゃんとナンバーが「バンパー横」に取り付けられた秀逸な予想(希望)レンダリングが登場

| 三菱がランエボを蘇らせるという可能性があるのかどうかを考えてみた |

さて、「もしも」系レンダリングアーティスト、Rain Prisk氏が”新型”三菱ランサー・エボリューションをイメージしたレンダリングを公開。

ただしリアルワールドにおいて、現在三菱はランサーエボリューションどころではないという状況であり、当の三菱もランエボの復活には興味がないと語っているのが現状です。

よって新型ランサーエボリューションが登場する可能性はゼロに等しいものの、逆にこれほど復活が望まれるクルマというのも他に例を見ないのかもしれません(ほかにはホンダS2000くらい?)。

このレンダリングを見ると、現在の三菱っぽいダイナミックシールドにエアアウトレット付きのボンネットやフロントフェンダー、そしてフロントスポイラーにサイドステップ、リアウイングといったアグレッシブなスタイリングを持っており、”ランエボらしい”作品だという印象ですね(ナンバープレートがバンパー横に取り付けられているところがまたランエボらしい)。

三菱はSUVに注力

現在三菱は日産の配下にあり、つまりはルノーとも同じグループに属しています。

そしてルノーと日産・三菱は今後に向けての再起をかけたプランを公開しており、これによると三菱は欧州においてPHEV、そして東南アジアやオーストラリア市場向けにSUVやトラックに注力することになる模様。

日産がウワサどおり「新再建プラン」発表!ルノー/三菱との取り組みを強化し、これまで以上に共有化推進。開発には車種・分野ごとにリーダーを決めて「競争しない」

| 実際にどこまで「貫けるか」は各社の覚悟と本気度にかかっている | さて、日産自動車が、先日よりウワサされていた「今後の取り組み」を発表。事前にリークされていた内容とほぼ同じであり、改めて内部から情 ...

続きを見る

つまりはランサーエボリューションのベースとなるランサーの将来も不透明であり、そしてスポーツカーとなるとさらに将来が見えず、さらには三菱がランエボでWRCに復帰するという話もなく、いよいよランエボの復活は望めなさそうです。

ランエボ復活の目があるとすれば?

それでも復活の可能性について考えてみると、モータースポーツのためのホモロゲーションモデルとしてではなく、単にビッグネームを商業的に活用するという線だと「なきにしもあらず」。

たとえば日産はGT-Rの重要性を十分に理解しており、それはつまり「売れずとも、存在しているだけでブランドイメージを高める効果がある」。

新型フェアレディZの投入も同じ理由だと思われますが(現行フェアレディZが2021年第1四半期に、主戦場である北米で28台しか売れていないという状況を鑑みるに、まさかモデルチェンジによって売れるようになるとは思っていないと思う)、もし日産が三菱を盛り上げてゆこうと考えるならば、そして三菱を「エレクトリックブランド」として変革してゆこうとするのであれば、ランエボをピュアエレクトリックカーとして発売する可能性があるのでは、とも考えています。

現在日産はエレクトリック(トルクベクタリング)4WD、e-4ORCE(イーフォース)の研究を進めていますが、これを日産車に搭載する一方、三菱ブランドからも各部を強化しつつ「ランサーエボリューション」としてリリースする可能性があるんじゃないかと思うわけですね。※次期GT-Rの発売はまだまだ先になるだろうという前提で

日産が「前後オーバーフェンダー、4輪トルクベクタリング」を装備したリーフを公開。エレクトリック4WD”e-4ORCE”は次期GT-Rにも採用される?

| e-4OURCEの技術は現行GT-Rの「ATTESA E-TS」がベース | 日産がラスベガスにて開催されている見本市、CESにて「リーフのデュアルモーター仕様」を発表。この技術の正式名称は「e- ...

続きを見る

そうすることで三菱は「エレクトリック」「4WD」というその強みを、ランエボの名をもって倍加させつつ世の中に知らしめることができ、手っ取り早くブランドのプレゼンスを高めつつ他社との相違を押し出すことができそうです(この手法は三菱にしかできない)。

合わせて読みたい、ランサーエボリューション関連投稿

ランエボが復活するとこうなる!三菱が好きすぎるファクトリーがエクリプス顔の「ランサー・エディションR」を製作

あまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほど ポーランドのラリーカービルダー、Dytko Sportがカスタムカーとして「ランサー・エディションR」を製作。Dytko Sportは実際にランサー・ ...

続きを見る

ランエボ出すならまずベースモデルの「ランサー」が必要だ。「新型ランサー」予想レンダリングが登場

| 時期ランサーはルノー・メガーヌの兄弟車として登場する可能性も | 先日、三菱関係筋の話として「ランサーエボリューションが復活する」という話が出てきましたが、よく考えると現在三菱には「ランエボのベー ...

続きを見る

ランエボが復活したらこうなる!デザイナーがダイナミックシールド顔、ボルテックスジェネレーター付きの「ランエボ11」を公開

| このデザイナーはよく分かっている | プロダクトデザイナー、アダン・ロペス氏が「新型ランサーエボリューションが登場したら」という設定のレンダリング「ランサーエボ11(XI)」を公開。ランサーエボリ ...

続きを見る

参照: Rain Prisk - Facebook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->三菱(MITSUBISHI), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5