>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■近況について

新型BMW M4を見てきた!前後ブリスターフェンダーは大迫力、マフラー(タイコ)までエアロ形状。さらに今までになくデザインコンシャスなMモデル

投稿日:

新型BMW M4を見てきた!前後ブリスターフェンダーは大迫力、マフラー(タイコ)までエアロ形状

| ボクはバーチカルキドニーグリルを支持している |

さて、新型BMW M4クーペを見てきたので紹介したいと思います。

M4はもちろん「議論を呼ぶ」巨大なバーチカルキドニーグリルを採用していますが、ぼくとしては賛成派。

意外とバーチカルキドニーは目立たない

よくよく見てゆけば、このバーチカルキドニーグリルはどの角度から見てもボデイに沿ったデザインを持っており、さらにはフレームが無いので、むしろ従来のキドニーグリルよりは唐突感がないんじゃないかと考えています。

L1310781

最近のBMWが採用する「巨大キドニーグリル」については、押し出しの強さが要求される中国市場対策だとも言われ、しかし中国市場以外においても、サードパーティー製だと、このバーチカルキドニーを(本来バーチカルキドニーグリルが採用されていない)別の車種に再現している例もあるので、けっこう支持者は多いのかもしれません。

E60世代のBMW M5のフロントを新型M3同様のグリルに変更するコンバージョンキットが中国より登場
なぜだッ!E60世代のBMW M5のフロントを新型M3同様のグリルに変更するコンバージョンキットが中国より登場

この記事のもくじ1 | さすがは中国、イマジネーションが豊かである |1.1 装着したら意外と違和感はなかった1.2 BMW M5を「M2風に」コンバートするバンパーも1.3 BMWのデザイナーは改造 ...

続きを見る

そこでざっとM4クーペを見てゆきたいと思いますが、一見してベースとなる4シリーズとは異なる雰囲気を醸し出しています。

L1310779

新型M4のワイドフェンダーは目を瞠るものがある

M4の特徴のひとつは「ワイドフェンダー」で、先代M4に比べても「ワイド感」が強く、それは(ホイールアーチ周辺だけではなく)フェンダーが全体的に盛り上がっているためかもしれません。

フロントだとヘッドライト脇に「フェンダーがワイドになったぶんの段差」があり、この分だけフェンダーがワイドになっているということですね。

L1310789

画像ではわかりにくいものの、こんな感じで全体が膨れ上がっています(後に動画をUP予定)。

L1310790

サイドギルもM4専用。

L1310793

ドアミラーは航空機にインスパイアされたという専用の「Mミラー」。

歴代Mモデルはいずれも通常モデルと異なるデザインのミラーを持っており、いわばエアロミラーは「Mモデルの象徴」と言えるかもしれません(BMWに乗っていた頃、Mミラーはぼくの憧れだった)。

L1310794

そして新型M4の特徴がサイドステップ。

サイドステップ下部がブラックアウトされていますが、その上部がボディ下部に食い込むことで、ボディサイドが「抉れている」つまりコークボトル形状にも見えますね。

L1310797

この手法はフェラーリやアストンマーティンも採用する現在のトレンドとも言え、しかしBMWとしては「かなり珍しい」デザイン。

なお、ブラックが使用されることで強いコントラストが演出されており、BMWの意図を汲むならば、このコントラストが生きる、明るいボディカラーを選ぶほうがいいのかもしれません(反対に、ボディカラーにブラックを選んで統一感を出すのもアリ)。

L1310801

そしてリアフェンダーもかなりな「ブリスター」。

なお全幅はベースモデルの1,850ミリから1,885ミリに拡大しており、その差3.5センチということになりますが、見た目は「もっと」膨らんでいるように見えます。

L1310804

ホイールはなんと前後異径(フロント19インチ、リア20インチ)。

L1310809

なおルーフはカーボン製で、直進安定性を確保するためと思われる「リブ」が二本入ります。

L1310817

新型M4のリアセクションも大迫力

そしてM4のリアアンダーも大きく張り出していますが、サイドとともに「これまでで最も下回りが強調された」Mモデルかも。

L1310810

トランクリッドにもスポイラー。

L1310819

ディフューザーはかなり巨大。

L1310823

テールパイプもブラック仕上げ、そしてパイプは「二重」です。

L1310825

ちなみにサイレンサーも整流効果を考慮した形状を持っていますが、これはかつての「Z1」でも採用されていますね。

L1310828

新型BMW M4のインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型M4のインテリア。

L1310875

シートはレザーとアルカンターラのコンビ。

L1310870

ヘッドレストには「M4」バッジ。

L1310869

ステアリングホイールには「M」ボタン。

L1310862

ステッチは「Mカラー」。

L1310860

トランスミッションは「マニュアル」!

L1310853

新型BMW M4を見てきた際の動画はこちら

なお、この展示車を拝見したのはOsaka BMW 千里支店。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

Osaka BMW 千里

  • 住所:〒565-0862 大阪府吹田市津雲台7-1-D109-101
  • TEL:06-6832-5761
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:月曜日

あわせて読みたい、新型BMW M4関連投稿

BMW M4パフォーマンスパーツ
こんなに過激なのに純正オプション??BMWが新型M4に「M パフォーマンスパーツ」を装着した実車を公開

この記事のもくじ1 | こんなクルマが実際に走ってたらレーシングカーと間違えそうだ |1.1 ベース車のボディカラーは「マットホワイト」1.2 合わせて読みたい、BMW Mパフォーマンスパーツ関連投稿 ...

続きを見る

新型BMW M4を早速パワーチェックしたショップが登場!公称値473HPのところダイナモ上では465HP、どうやらエンジン単体だと570PSくらいを発生しているようだ

この記事のもくじ1 | M4「コンペティション」だととんでもない数字を出しそうだ |1.1 BMWは逆パワー詐称に常連に1.2 その他にはこんな例も1.3 合わせて読みたい、関連投稿 | M4「コンペ ...

続きを見る

BMW M3とM4との販売状況
BMWが歴代M3/M4の販売台数を公開し、新型M3/M4の地域/グレード別販売予測を公開!なお過去のM3だとV8搭載のE90/92/93世代のみが販売を落としていた

この記事のもくじ1 | M3/M4初の「4WD」はどれだけの販売を伸ばせるか |1.1 BMW M3/M4の歴代販売台数はこうなっていた1.2 新型M3の各国別販売比率はこうなっている1.3 新型M4 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f