■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWビートルが4ドアになって復活!と思ったら「中国の自動車メーカーが勝手にビートルのコピーを作っただけ」だった件

投稿日:

中国にて、VWビートルのコピー(ORA)

| しかも上海モーターショーにて大々的に発表されるようだ |

さて、フォルクスワーゲンは2020年にビートルを販売終了としていますが、「次世代」ビートルは4ドア、そしてエレクトリックカーとして蘇るという報道も。

そして今回「上海モーターショーに4ドアのビートルが出展される」と聞き、もうフォルクスワーゲンが動いたのか・・・と思いきや、なんとこれはフォルクスワーゲンとは全く関係がなく、中国の自動車メーカー「ORA」が勝手に発売するクルマである、とのこと。

参考【動画】ダメだ、涙が止まらない・・・。VWがビートルと共に歩んだ家族、そしてビートルが天に召される動画を公開

この記事のもくじ1 | フォルクスワーゲンが「ここまでの思い入れがあるクルマ」を販売終了にするとは |1.1 物語はビートルが家にやってきたところから始まる1.2 クルマはときにクルマ以上の存在にも ...

続きを見る

ORAは過去にこんなモデルも発表している

そこで中国のORAですが、このメーカーは「完全なるコピー」ではなく、元ネタをうまく加工して”ちょっとだけ”差別化をしたクルマを作るのが得意だと見えます。

2020年の広州モーターショーにおいては、ホンダeによく似た、しかしオフロードテイストを持つORAブラックキャット・サーフコンセプト、やはりホンダeをロードスター風にアレンジしたORAブラックキャット・スパイダーコンセプトなるクルマを発表したことも。※ポルシェっぽい”グッドキャット”を発表したこともある

126329373_3813312025368131_2000858816636850574_n

ホンダeの中国製コピー
え?ホンダeのオフロード版やオープンモデル?中国のモーターショーにてギリギリなコンセプトカーが展示される

この記事のもくじ1 | 一部では「脱コピー」が進むも、またある一部ではコピーが横行 |1.1 中国ではファンシーな絵柄が人気?2 ほかにもORAはホンダe風のコンセプトカーを出展3 人気SUVのいいと ...

続きを見る

ORA「タイムシャトル」はこんなクルマ

そして今回、ORAはこのビートルのそっくりさんを「タイムシャトル」と命名しており、ブラックキャット同様、元ネタとの若干の差別化を図ることに。

ボディ形状は紛うことなきビートルそのものですが、上述の通り4ドアを採用し、リアセクションには心ばかりのアレンジも。※初代ビートル、そしてニュービートル、ザ・ビートルとの融合のようにも見える

ORA-Beetle1

インテリアも強くビートルを意識しているように思えますが、やはり(タービン型のエアコンベント、インフォテイメントシステムなど)ORAならではの手法が盛り込まれているようです。

ORA-Beetle2

ORAの親会社はBMWとの合弁相手

なお、このORAの親会社は中国の長城汽車(グレートウォール・モータース)で、この会社はBMWとの合弁にて「次世代ミニを中国で製造する」ことになる自動車メーカー。

ミニクーパー
ミニが今後の方向性を正式に発表。「中国とEV重視」「3ドアハッチ、2種のSUVをEVにて発売」「2023年から中国でEV生産」

この記事のもくじ1 | どうやらその方向性がまとまりつつあるようだ |1.1 ミニは「個人向け」の移動手段であり続ける1.2 今後どうなるJCW? | どうやらその方向性がまとまりつつあるようだ | ...

続きを見る

現在、中国において自動車製造を行うには、基本的に現地企業との合弁会社設立が不可欠で、そのためテスラやメルセデス・ベンツ、アウディ、BMW、フォルクスワーゲン、フォード、トヨタ、日産、マツダ、ホンダなどが現地との合弁企業を展開済み。

ただ、こういった日米欧の自動車メーカーにとって頭が痛いのは「合弁企業が何をするかわからない」ということなのだと思われ、たとえばメルセデス・ベンツの合弁相手の一つである北京汽車は、「Gクラスのコピー」を作ったり、さらには子会社を通じて「ランボルギーニ・ウルスのコピー」を製造販売したことも。

中国からメルセデス・ベンツGクラスの「3ドア版」コピーが登場!しかも相手はベンツの現地合弁相手、なぜベンツは黙っているのか

| すでに中国はこういった行為をする段階から脱却したと認識していたが | さて、中国の北京汽車(BAIC)はメルセデス・ベンツGクラスのコピー、BJ80(画像)を発売しており、今回は発売済みの5ドアに ...

続きを見る

現在メルセデス・ベンツの販売の4割程度が中国だとも報じられていますが、ここまで中国が力を持つようになると、さすがのメルセデス・ベンツといえども、合弁相手に対しては「何も言えない」のかもしれませんね。

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツが2021年第1四半期に「大きな成長を記録」と発表!最も伸びたのは1.6倍を記録した中国、そして現在の販売における中国比率は約4割に

この記事のもくじ1 | こうなるともう中国中心に物ごとを考えざるを得ない |1.1 地域別だとやはり中国が伸びる1.2 電動化比率は約10%1.3 合わせて読みたい、メルセデス・ベンツ関連投稿 | こ ...

続きを見る

合わせて読みたい、中国のパクリ/コピー車関連投稿

中国にてランボルギーニ・ウルスのコピー車が正式発表。中国メディア「ウルスを欲しがる人にはうってつけだ」

| これが許されるのが不思議 | 以前より話題になっていた、中国のHansu Auto(北汽幻速汽车)が発表した”C60Hysou”がランボルギーニ・ウルスに似ている、という件。 ついに今回実車が中国 ...

続きを見る

これもたぶんアカンやつ!中国にてVWバスのコピーが「900万円で」販売開始。なお中国ではレトロブームの兆し

この記事のもくじ1 | いくらなんでもこのクルマを900万円で買う人がいるとは思えない |1.1 SS「サマー」は豪華なキャンピング仕様1.2 中国では「アメリカン」が好まれないとされるが1.3 中国 ...

続きを見る

これ完全にアカンやつ!中国で初代C1コルベットの完全コピーが発表。HPにはトム・クルーズ、ブラッド・ピットらの写真も(たぶん無断で)使用される

この記事のもくじ1 | ここまで豪快にパクられると「正規ライセンス品なのか」と一瞬思ってしまう |1.1 おそらくは小規模自動車メーカー1.2 SongSan Motors SSドルフィンはこんなクル ...

続きを見る

参照: Car News China

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f